雲見・牛着岩「H型の穴」

何やら妙なネーミングですが、理由は意外に単純。ふたつのトンネルが平行してあり、そのまん中が繋がっていることから、このトンネルのマップを紙の上に書くとH型になる。なんのひねりもありません。f ^ ^ *)
f0053895_15321594.gif


このトンネルは合計で4つの大きな出入り口があり、さらに小さな穴が付属してあります。これらの組み合わせを変えることにより、驚くほどたくさんのガイドパターンが出来上がります。

下の画像はHの穴の右側から、クランク方向を見た所。
f0053895_15341136.jpg


下はHの穴の右側から振り向いて、水路方向を見た所。
f0053895_1535142.jpg


左側のトンネルは右に比べて天井が低く、くぐるような感覚が味わえます。画像はHの穴からクランク方向を見た画像。撮影は神野愛香氏。
f0053895_22141844.jpg


もう一枚、同じアングルで。同じ場所でも日にちや時間帯が違えば、透明度や魚たち、陽の入り具合などひとつとして同じ条件になることはありません。雲見が何度潜っても面白い、飽きないと言われる所以です。
f0053895_10482141.jpg


[PR]
by idive | 2009-11-07 15:35 | 雲見の地形
<< 雲見・牛着岩「クレバス」 雲見・牛着岩「クランク」 >>