魚群と戯れる雲見【2013年5月13日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 ブイ→24ブイ
 2ダイブ目:牛着岩 24ブイ→ブイ
 3ダイブ目:三競
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 23℃
水温 18℃〜19℃
透明度:9m〜13m
透視度:7m〜10m

昨日のうねりもなくなって、穏やかな海況でした。
f0053895_1855152.jpg


そして今日もリピーターの男性ゲストが初・雲見の女性ゲストを連れてきてくれるというパターン。ありがとうございます!
f0053895_190476.gif


スキルアップもしたい、という女性ゲスト。大丈夫です。雲見は楽しみながら自然に中性浮力などもうまくなれちゃう最高の場所です。じゃ、さっそく行ってみましょう!
f0053895_18432313.jpg


男性ゲストのリクエストは「魚の群れと戯れたい」でした。これまたお安いご用ですね。
今なら牛着岩に、もれなくキンメモドキの群れ、ついてきます!
f0053895_18432123.jpg


キンメモドキの群れは密度が濃くて、群れそのものの形が刻一刻と変わっていくし、少々ダイバーが群れに入ったくらいでは散ってしまったりしません。めっちゃ楽しいです。
f0053895_18431881.jpg


そしたら、このキンメモドキを補食しようと岩からジャンプしたものがいました。大きなヒラメです。
f0053895_1934554.jpg


もう一枚、顔のアップ。このヒラメ、ジャンプはしたものの補食は失敗。所在なげにふら〜、とその辺をひとまわりした後、また元の岩の上に戻りました。ばればれです。
f0053895_18431640.jpg


2本目はたて穴小牛の洞窟など、1本目には行かなかった穴で遊びました。

定番のマダライロウミウシや。
f0053895_1843089.jpg


正式な和名のないオショロミノウミウシ属の一種2(最新版の「日本のウミウシβ版」では「ミノウミウシ上科の一種11」)もみつけました。
f0053895_18425871.jpg


そしてまた、来てしまいました。
f0053895_1843969.jpg


だって楽しいですよ、ここ。(⌒^⌒)b
f0053895_1843720.jpg


3本目は三競へ。
これは光の差し込む2の穴に入ってくるダイバー。
f0053895_18424468.jpg


オオモンカエルアンコウくん、細かく場所を変えますが、でもまだいてくれました。
f0053895_18424291.jpg


そして3の穴へ入っていきます。これは入口を振り向いたところ。
f0053895_18423588.jpg


穴の奥で見上げると、吐いた泡と洞窟に差し込む光のコラボがいい感じです。
f0053895_18421989.jpg


3の穴と言えば穴に差し込むスポットライトのような光・通称レーザービームが有名ですが、時期がまだ少し早いようですね。でもこんな風にもう光は入ってきています。
f0053895_18421330.jpg


そして3の穴をあとにします。
f0053895_1842583.jpg


こちらは4の穴・宮殿。ここにもいい感じで光が差し込んでいました。
f0053895_18415946.jpg


はい、今日も無事終了です。お疲れ様でした!
本日の写真提供はHideakiさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 来週5月14日(火)〜16日(木)までお休みを頂きます。

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2013-05-13 20:01 | Diving Log
<< 明日から新ブログへ【2013年... さかな群れ群れウミウシもいる雲... >>