2011年 08月 29日 ( 1 )

見た目は静かな雲見【2011年8月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:コリンズV→24V
 2ダイブ目:牛着岩:大牛の洞窟→グンカン
天気  晴れ
風向  東より
流れ  下り潮
波・うねり うねり深場にも届き始める
気温 27℃
水温 21℃〜25℃
透明度 7m〜10m
透視度 6m〜8m
f0053895_17124422.jpg


天気もいいし、一見穏やかそうな雲見の海ですが・・・。
波長の大きなうねりが届いてきています。
毎日潜っているので、じわじわとうねりが強くなって来ているのを実感。さすがに明日辺りから、ダイビングは厳しそうですね〜。
f0053895_17124340.gif


動かないし、手頃な大きさ。絶好の被写体のコクチフサカサゴ
f0053895_17123810.jpg


小牛の周りには、ホントにたくさんの魚が群れています。いわゆるシラスは小牛の周りを泳いでいる間中ずーっといましたし、シラコダイスズメダイイサキメジナといった魚が、乱舞、乱舞。

その間を縫うように、貫禄充分のマダイがどーんと。そして貫禄では負けていないと思うけど、中層に堂々と浮いているマダイに比べて、狭い所でちょこまかしているのがイシダイ。どちらも見るよりは食したいですな。(⌒^⌒)b

これは小牛洞窟前の穴をくぐった所。
f0053895_17123544.jpg


そしてそこには今日もウミウサギガイがいてくれました。
f0053895_17123156.jpg


2本目はうねりの影響を受けにくい大牛の洞窟へ。ここのキンメモドキショータイムは、今日も開演中。
f0053895_17115135.jpg


f0053895_17114837.jpg


f0053895_17114482.jpg


短い時間の間にどんどん、群れの形を変えていきます。見飽きないですね〜。

洞窟の奥ではサクラテンジクダイの口内保育を確認。
f0053895_171224.jpg


そしてイチゴミルクウミウシも健在でした。最初は小指の爪半分くらいしかありませんでしたが、今は小指の爪くらいの大きさまで育ってきたような。

さて、お次はロッカク岩のイロカエルアンコウを、と思いましたが、行方不明!
捜索願いを出しますが、台風の影響で捜査は難航するものと思われます。

グンカンと小グンカンの間にあるグンカンアーチを通過しましたが、そこだけ異常に冷たい潮がありました!
体感では20℃を切るような感じ。願わくば、この潮が勢力を増さないように。

そして昨日発見したベニカエルアンコウのペアは、今日も同じ所でスタンバっていました。が、水深11m付近と比較的浅い場所にいる為、うねりがきつく、写真班は難渋していましたね。でもこの写真にはばっちりと2匹のベニカエルアンコウが写っています。
f0053895_171132100.jpg


今日の写真提供はYukoさん、Yumikoさん。ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2011-08-29 17:30 | Diving Log