カテゴリ:気になるお店( 46 )

夜桜☆ながれ星とMINORIKAWA

昨日、夕方アクアティークの糸井さん夫妻と4人で南伊豆町の河津桜を見に行ってきました。さらに最近話題の「夜桜☆ながれ星」もお目当てのひとつでした。

「夜桜☆ながれ星」とは、ライトアップされた桜並木の下を流れる青野川にLEDのボールを流す、というもの。まあ、百聞は一見にしかず。こちらの画像をご覧下さいませ。
f0053895_1812044.jpg


いや〜幻想的でした。期間は3月3日から7日の5日間。日曜日から木曜日までと言う中途半端な設定です。なんででしょ?

LEDのボールはかなりのハイテク製品。昼間、ボールに取り付けられた小さな太陽光パネルで発電した電気を内蔵の充電池に貯めておきます。ボールを水につけると自動点灯。一個幾らくらいだろう、とか、下世話なことが気になります。

だって、ざっと見てもかなりの数が流れています。仮に10,000個として、ひとつにつき1,000円だったら10,000,000円。いっせんまんえんですよ!どうやらメーカーのPANASONICが全面的に協賛しているようでしたが、見に来る人達から見学料とか取るわけでもなく。

さて、美しい景色を見たあとはお腹が空きました。
私たちは下田に移動して、「スペイン料理MINORIKAWA」で食事しました。

ここは昨日ランチを食べようとしてやっていなかったお店です。
ついに念願が果たせました〜。これ、前菜。スペイン風オムレツと桜エビを上げたヤツ。坂角総本舗の「ゆかり」みたいでした。
f0053895_1811896.jpg


アオリイカのマリネ・墨ソース。
f0053895_1811572.jpg


太刀魚のエスカベッチェ。美味しかったな〜。
f0053895_181124.jpg


生マッシュルームと生ハム。マッシュルームが生?!と思ったけど、えぐみとか一切無くて食べやすいお味でした。
f0053895_1811056.jpg


ワインをつぎに来てくれたオーナーシェフの奥様。おふたりで切り盛りしています。
f0053895_181828.jpg


のれそれ(あなごの稚魚)と柳松茸のアヒージョ。
f0053895_181591.jpg


チーズ盛り合わせ4種。ふたつは牛、ひとつは羊、もうひとつはヤギの乳から作られているそうです。
f0053895_181381.jpg


駿河湾の赤エビと地魚のパエジャ。パエジャはこの他にも色々種類があって、片っ端から制覇したくなりました。おこげがおいしかった。エビはもちろん頭の部分もばりばり食べちゃえます。
f0053895_181153.jpg


金目鯛のうろこかりかり焼き。
f0053895_1805880.jpg


ふ〜。ドリンクメニューも充実で、スペイン産のワインはもちろん、辛口スパークリングワインやカクテルなどもありました。

次のお楽しみはデザートです。これは下田産苺のパイ。
やばい。松崎の某ケーキショップに引けを取らないお味。まじで美味しかった。
f0053895_1805058.jpg


チョコレートケーキ。メニューには「粉を使わず焼いています」とありました。
f0053895_1804898.jpg


そして南伊豆 温泉メロンのシャーベット。これまた言うこと無し。意外に甘くなく、柑橘系のお味(たぶんレモン?)が程よくミックスされていて、口の中がさっぱりしました。
f0053895_1804580.jpg


4人でドリンクは7杯。で、お会計は17,800円でした。ひとり4,450円の計算ですね。お安くはないですが、充分お値段分の満足感が得られるお店でした。ただ下田じゃーなー・・・。

またいつか機会があったら!糸井さん、運転ありがとうございました。
[PR]
by idive | 2013-03-06 18:34 | 気になるお店

「伊豆・松崎・であい村 蔵ら」

「蔵ら」は「くら」と読むそうです。決してハイジのお友達じゃありません。

(後日追記)
読み方は「くらら」でした。ハイジのお友達でした。f ^ ^ *)

ゲストが「テレビで松崎にあるお店が紹介されていたよ」と教えてくれました。先日、ダイビングが午前中で終わった日に、立ち寄ってみました。
f0053895_18501248.jpg


しばらく前から、新しいお店が出来たみたいだなぁ、という認識はありましたが、実際に足を運んだのは今回が初めてです。そのゲストが教えてくれなければ、この先も行く機会がなかったでしょうね。そういう意味では教えてくれたゲストに感謝しなければ。

店内に入るとこんな感じ。
f0053895_18501046.jpg


築150年の古い家を改装したそうです。でも中はきれいに改装されていました。そしてお昼時ということもあって結構混んでいましたね。

店の奥には、こんな展示スペースもあって、ギャラリー兼食堂、といった趣です。
f0053895_1850741.jpg


メニューは手書きの文字でした。
f0053895_1850532.jpg


品揃えはふた種類。しかも今日はさんま寿司が終わってしまったそうです。じゃ、日替わりひる膳の「トマトたっぷり煮込みハンバーグ」をいただきましょうか。
f0053895_1850065.jpg


最初の印象は「ハンバーグちっちぇ」でした。でも値段を聞いたら500円だというので納得。まあこんなものでしょう。味もなかなかです。

味噌汁には地元の磯で取れたらしい亀の手など入っていて磯の香りがぷんぷんでした。

このひる膳、食べてみると、意外にお腹いっぱいになりました。女性のお客様ならちょうどいい量かもしれません。

先ほどのメニューをひっくり返すと、おやつのメニューが。
f0053895_1850255.jpg


ふーん、よもぎだんごね。じゃ、それもいただいちゃいましょ。
f0053895_18495882.jpg


あんこが程よい甘さでくどくなく、よもぎの風味もしっかりあって、美味しかったです!
このおだんごを持ってきてくれた店の女性が教えてくれました。

「松崎はよもぎの全国シェア98%。京都の老舗和菓子店も松崎のよもぎしか使わないそうですよ。そのよもぎを使って作りました」

同じく和菓子の材料の桜葉が松崎の名産だということは知っていましたが、よもぎは知りませんでした。その、京都の老舗和菓子店ってなんていう店だか気になりましたが、聞けませんでした。f ^ ^ *)

このお店、地元の女性有志25人で運営されているそうです。価値ある古い家屋を守りたい、町おこしに一役買いたい、などいろいろな思いが詰まって出来たお店ということなんですね。

なるほど〜。
興味のある方は、下のリンク先をご参照下さい。

「人生の本領発揮は70歳から!
 平等で公平な働き方が、わが町を元気にする。」


次はぜひ看板メニューのさんま寿司を食べてみたいな。
[PR]
by idive | 2012-08-09 19:05 | 気になるお店

ギャラリーわかばとサルーテと黒潮

先日もお知らせしましたが、当店のゲストとガイドが撮った写真が、松崎町内の小さなギャラリーで展示されています。

「ギャラリーわかば」で雲見の水中写真展

そのギャラリーに、ダイビングのあとゲストと行ってきました。
こちらがギャラリーの外観です。築100年ほどたっている民家を改装してあります。
f0053895_1793345.jpg


玄関には、手描きで展示内容を知らせる看板が。味があります。
f0053895_1793681.jpg


中の様子です。
f0053895_1793820.jpg


写っているのは、オーナーの真野さんです。とても人柄のあったかい方です。このギャラリーも真野さんのそんな人柄がにじみ出ています。そのせいか、こぢんまりした空間で、のんびりとした時間を過ごせます。
f0053895_1794193.jpg


ゲストの撮った写真はともかく、自分の撮った写真がこうして額に入れられているのは面映ゆい感じですね。
f0053895_1794382.jpg



さて、話は変わって。
たまにはイタリアンを食べに行こう!ということで、松崎町にある「イタリアンレストラン サルーテ」へ。こちらは外観です。オシャレですね〜。
f0053895_1794649.jpg


私が食べたのがこちら。生ハムと野菜のピッツァ。絶品でした。
f0053895_1794876.jpg



さらに話が変わって。
ついに来たようです。黒潮
f0053895_17242534.jpg


この所、伊豆最南端のダイビングスポット・神子元(みこもと)は水温の低い状態が続いていましたが、今日のログを見ると水温が一気に上がって21℃から25℃。

上記の「海の天気図」の図を見るとまだ本流は遠いようですが、黒潮からの暖水がちょいと駿河湾に入ってきただけで、劇的な変化がもたらされます。

神子元の海況の変化は2、3日遅れで雲見にも及ぶことが多いので、これは大いに期待できそうです!
[PR]
by idive | 2012-07-20 17:24 | 気になるお店

ビストロ ド・マーニ

久米島の帰りに羽田近くのホテルで一泊。
翌日、松崎へ帰りました。到着したのがお昼頃だったので、迎えに来てくれた香保里とふたりで、久しぶりに下田のド・マーニへランチを食べに行きました。

このお店、下田に住んでいる頃は半年に一回くらいのペースで来ていました。
さすがに松崎に越してからは足が遠のいてしまったので、今回は8年ぶりくらいかな〜。

場所は鍋田の住宅地の中。お店のHPは無いみたいですけど、食べログに載っていますので、興味のある方は検索してみて下さい。
f0053895_20583349.jpg


店内です。
f0053895_2124286.jpg


ランチのメニューも色々ありますが、僕らはパスタランチのAセットとBセットを頼みました。Aセットは本日のパスタとデザートの盛り合わせ、食後のコーヒーまたは紅茶。Bセットはサラダ仕立ての前菜、お任せスープ、本日のパスタ、そしてコーヒーまたは紅茶です。

まず運ばれてきたのはBセットの前菜。見た目がきれいです。
f0053895_2175873.jpg


お次はやはりBセットのスープ。
f0053895_2183981.jpg


さて、このお店はかなり年配のご夫婦ふたりだけで何もかもされています。だんな様が作って、奥様が給仕してくれますが、奥様はてきぱきとした口調で早口です。f ^ ^ *)

パスタランチの本日のパスタは2種類から選べるのですが、注文を取りに来てくれた奥様が口頭で言ったパスタの内容についていけませんでした。

かろうじてイカとたらこのスパゲッティが分かったので、僕はそれにして、香保里はもうひとつのほうに。まあ、早口なのも8年前と変わりませんし、僕らも驚きません。それにパスタも間違いないだろう、との読みです。

まず出てきたのがイカとたらこのほう。
具だくさんだし、味も食べやすいのに、何とは言えない隠し味というか、深みがあって、いけてます。
f0053895_21142155.jpg


そして聞き取れなかったほうはアサリのトマトスパゲッティでした。
f0053895_21162622.jpg


さて、Bセットを頼んだ僕は既に前菜、スープ、パスタと三品いただきました。
しかしAセットはまだパスタだけです。値段は同じなのに、あのサラダとスープに匹敵するデザートってどんなんだろう、と訝しく思っていると・・・。
f0053895_21175427.jpg


想像を超えた一品が運ばれてきました。

いったいこのひと皿にどれだけのスイーツが盛られていたんでしょう。
思い出せるだけでも、ココナッツのアイス、黒ごまのアイス、マスカットのゼリー、洋なしのゼリー、桜の花びらの形をした練り菓子、アップルパイ、ショコラ、クレームドブリュレ、抹茶のパウンドケーキ、さらに何種類ものフルーツ(マンゴー、メロン、ブルーベリー、パイナップル、オレンジ、いちごなど)・・・。

大満足なのは言うまでもありません。
下田から越してしまって、心残りなのはこの店と「うなぎ小川屋」になかなか行けなくなったことかなぁ。

ま、松崎には井むらとプロヴァンス・ド・すずきとフランボワーズがあるからいいか・・・。
[PR]
by idive | 2012-03-26 20:53 | 気になるお店

温泉、そして「鮎の茶屋」へ。

ダイビングを早めに切り上げた我々は、温泉に行くことに。
じゃ、こんな時じゃないと行く機会のない、大沢温泉露天風呂へ行きましょうか。

ここは渓流沿いにあるお風呂で、後ろは山肌、目の前は渓流という立地。聞こえるのは川の流れる音だけです。湯船のまん中から原泉がぼこぼこと湧いて出ているのですが、このお湯が熱いので、長くは入っていられません。少し湯船につかっては湯船の外に出て体を冷ます、の繰り返しで、のんびりと湯治気分を味わいました。

たっぷりと温泉を楽しんだあとは、美味しいものを食べに行きましょう。この温泉からほど近い「鮎の茶屋」へ行ってきました。

まずは活き鮎の塩焼き。
f0053895_17332460.jpg


串に刺されたまだ動いている鮎を、自分で炭火の上にのせて、じっくりと焼いていきます。
f0053895_17332132.jpg


お腹にタマゴを抱えた鮎は、ほっこりと淡泊でやさしい味。焼けた身を食べたあとは、残った骨をもう一度炭火の上にのせて、骨せんべいに。パリパリしてこれも絶品です。
f0053895_17331890.jpg


お次は猪鍋。どーんと具が運ばれてきました。
f0053895_17324685.jpg


土鍋を炭火の上にのせてクツクツと煮込みます。
f0053895_17324274.jpg


この店自家製の味噌で煮込んだお鍋。不味いわけがない!
f0053895_17323642.jpg


そろそろご飯が欲しくなってきた所で登場したのが鮎飯。メニューに書いてあったこのご飯の説明書きがそそる、そそる。

曰く「一昼夜 炭火で焼いた鮎を半日じっくり煮込みそのだしと、二年間寝かせたウルカのうまみ汁をいれ、より香り高い鮎ご飯に仕上げました」
f0053895_17331253.jpg


ご飯と一緒に炊かれた鮎の身をしゃもじで切るようにほぐしてから、よく混ぜます。
f0053895_1733918.jpg


これまた不思議な甘みのある、食べたことのない風味の混ぜご飯でした。
f0053895_1733594.jpg


かなりお腹いっぱいになってきましたが、猪鍋のたっぷりと出汁の出たつゆが余っています。これを雑炊にしない手はない!ってことで、さらにご飯もの、行っちゃいましょう!(*^^*)
f0053895_17322895.jpg


いやー、満足。大満足です。こんなに満足度の高い食事って、なかなか無いんじゃないでしょうか。
f0053895_17322275.jpg


このあと民芸茶房でお土産の干ものを買い、さらにフランボワーズでケーキをゲット。松崎の食を堪能し尽くして、ある意味稀有な経験をした1日が終わりました。
[PR]
by idive | 2011-11-20 16:23 | 気になるお店

プロヴァンス・ド・すずきでお疲れさん会

昨日、久しぶりに夫婦で近所のフレンチ・レストランに食事へ行ってきました。
お陰様で忙しい日々が続いていたので、この辺でちょっと美味しいものでも食べて英気を養おう!というわけです。(*^^*)

お店の名前は「プロヴァンス・ド・すずき」。わが家から歩いて2分ほどの所にあるので、気兼ねなくワインも飲んでくることが出来ます。

さて、今日はディナーのBコース3,800円也をお願いしました。このコース、前菜ひと皿目、前菜ふた皿目、そしてメイン料理とあって、それぞれから自分の好みのものをチョイスできます。

さて、このお店に来ると必ず頼むのがバンショー、いわゆるホットワインです。ほんのりとシナモンの香りが漂うワインは食欲をそそります。でも昨日は暑かったので、2杯目からは普通に冷たいワインにしました。
f0053895_22441874.jpg


僕の前菜ひと皿目は「鴨胸肉の生ハム仕立て」です。
f0053895_22441029.jpg


妻の香保里は「地魚のカルパッチョ」をチョイス。どちらの前菜にもお魚のリエットが添えてあります。これ、このまま食べても、自家製パンにつけて食べても。
f0053895_22441292.jpg


これが自家製パン。ひとつは全粒粉、もうひとつは地元・松崎町産の黒米を使ったものです。
f0053895_22441578.jpg


前菜ふた皿目は「豚モツのソーセージ仕立て」。付け合わせの野菜もピクルスにしてあったり、トマト煮込みだったり、いちいち手がかかっています。そしてどの野菜もすべて松崎産だそうです。
f0053895_2244764.jpg


こちらは「豚肉のテリーヌ」。前菜なのにメイン並のボリュームですね。
f0053895_224446.jpg


いよいよメインディッシュ。これは「牛のイチボのポアレ」。イチボとは牛の太もも内側のお肉だそうです。付け合わせはほっくほくの京芋でした。
f0053895_2244271.jpg


こちらは「熱川ポークのソテー」。お肉に下にひいてあるチンゲンサイもしっかりと味が濃くておいしかったなー。
f0053895_22435859.jpg


このお店は数種類あるデザートもすべてシェフが手作りしています。
今日のラインナップは「ヌガーグラス(ムースのアイス)」「青ニューサマーオレンジのシャーベット」「栗のタルト」「ガトーショコラ」「紅茶のプリン」。

どれもおいしそうだし、食べてみたい!
ただ、この時点でお腹は満腹状態で、とてもすべてを制覇するのは無理。仕方なく「青ニューサマーオレンジのシャーベット」と「紅茶のプリン」を選びました。これはシャーベットのほうです。いやー程よい酸味が絶品でした。
f0053895_22435372.jpg


そして紅茶のプリン。ほろ苦いお味で、料理を締めくくるのに最高!
f0053895_2243554.jpg


これはサービスのお口直し。楊枝で刺さっているのは「ムラサキハナマメのバニラ煮」だそうです。いやー、実は今日いちばん衝撃的だったのは、この一見なんでもないお豆さんだったかも。想像とはまったく違う、上品な和菓子のような風味でしたが、過去に食べた覚えのないお味でした。そしてその下の焼き菓子は「アーモンド風味のフィナンシェ」。これを濃いエスプレッソと一緒にいただきました。
f0053895_22434712.jpg


はぁ〜、満足。(*^^*)

これが店内の写真ですが、ワインを飲んで酔っ払った状態で撮ったので、ちょっと変です。雰囲気は伝わるかな?シェフがカウンターの内側で盛りつけをしています。
f0053895_224343100.jpg


今度はいつ行こうかな〜。( ̄ー, ̄*)
[PR]
by idive | 2011-10-24 23:03 | 気になるお店

クリスマス・ディナー@プロヴァンス・ド・すずき

当店から歩いて2分の所にあるフレンチ・レストラン「プロヴァンス・ド・すずき」へ僕ら夫婦で行ってきました。ご近所さんなのでオーナーシェフと、給仕をして下さるその奥様とも知り合いです。元々気取らない店ですが、気を使わずのんびり食事できるところが気に入っています。

さて、今年も残りわずかとなったので、夫婦ふたりだけのクリスマス&忘年会と言うことで、ちょいと奢った食事をしてきました。お願いしたのはディナー用コースの中のCコース。このお店でもっともお値段が高く品数も多いコースです。
f0053895_223407.jpg


こんな田舎にあるレストラン、ということでちゃんとしたものが出てくるのか半信半疑の方もいると思いますが、いやいやどうして、ビックリするほどレベルの高い食事が出来ます。食べ終わる頃には、5,500円という値段がお安く感じられます。実際、都市部で同等の食事をしようと思ったら、間違いなく倍以上のお値段となることでしょう。

さて、僕らはまず飲み物にバンショーを注文。いわゆるホットワインですが、これが美味しいんです。僕はこれだけを飲みにこのお店に来たいほど。そして最初に出てきたのはアミューズです。自家製のパンに豚肉のリエットをはさんだ物です。リエットとは、いわゆるパテですね。これを食べると、メチャクチャ食欲が湧いてきます。(*^^*)
f0053895_22344100.jpg


パンも供されます。左が黒米、右が全粒粉のパンで、これもこのお店の自家製。今年は夏、暑かったせいで、地元松崎産の黒米があまり黒くならなかったそうです。パンも見た目、あまり色が違わないですね。f ^ ^ *)
f0053895_22341289.jpg


さて、前菜のひと皿目が運ばれてきました。ワラサとイサキのスモーク、ピンクペッパー風味です。皿の端に魚のリエットが添えてあります。スモークの上に乗る野菜も、シェフ夫妻のご実家で採れたものとか。お魚も松崎近辺で獲れた地魚にこだわっています。
f0053895_22341733.jpg


ふた皿目の前菜。フォアグラのソテーに鹿肉の生ハムが添えてあります。生ハムの下はダイコン、カブ、カリフラワーのピクルス。フォアグラはまったく生臭さが無く、ふわっと柔らかく、うーんさすがプロの味、と、うならせられる仕上がりです。
f0053895_22343047.jpg


いよいよメインディッシュ。僕は魚の主菜にブイヤベースをお願いしました。スープ・ド・ポワソンの中にはグリルされた真鯛と八頭(やつがしら)が入っていて、にんにく風味のアイオリペーストがかかっています。
f0053895_22343427.jpg


妻の香保里は真鯛のポワレを注文。皿の手前にある緑色のソース(名前聞いたけど忘れた)をつけて食べます。芳ばしい風味が口いっぱいに広がってシンプルな中にも奥深い味わい。いやー、ワインがすすむすすむ。f ^ ^ *)
f0053895_22343989.jpg


このお店の名前、プロヴァンスはフランス南東部の地名です。このあたりの料理は、バターやクリームでこてこてのソースをかけるフランス料理より、シンプルな味付けで素材感を大切にするイタリアの料理に近い、と聞いたことがあります。このお店のメニューはまさにそんなカンジですね。

お肉のメインディッシュの前に、お口直しの氷菓子が運ばれてきました。今日はゆずのグラニテ(シャーベット)です。いやー、口の中がさっぱりして、絶品でしたね。これひとつとっても、食べに来る価値あり、です。
f0053895_22344590.jpg


いよいよメインの肉料理!僕は鹿肉のヒレをお願いしました。この鹿肉も伊豆で獲れたジビエということです。地魚・地野菜フレンチを標榜するだけあって、とにかく地元にこだわっています。
f0053895_22345131.jpg


香保里は鴨のもも肉のコンフィです。低温で2時間ほどかけて揚げたお肉をさらにグリルしてあるそうです。
f0053895_22345640.jpg


一つ一つの料理は少量ですが、何しろ種類が多い。ここまででかなりお腹いっぱいですが、まだまだ終わりではありません。ここはデザートの種類も豊富です。今日も下記の中から選ばせてもらいました。
f0053895_2341963.jpg


まず、僕のお願いしたみかんのババロア。
f0053895_2235030.jpg


ここのシェフはこうしたデザートなどもすべて自分で手がけています。香保里はガトーショコラをチョイス。
f0053895_2235372.jpg


僕は普段、あまり珈琲を飲みませんが、このお店でお腹いっぱい食べたあとは、苦いエスプレッソを飲むのがお気に入りです。

そして最後にお茶菓子として出していただいたひと皿がこれ。
f0053895_2235730.jpg


メレンゲとココナッツの焼き菓子、マカロン、甘夏のピール。見た目にも楽しいひと品ですね。これはコースには含まれていないオーナーシェフからの心づくしでした。

いやー、美味しかった!それにお腹いっぱい!(*^^*)
当店にお泊まりの際には、ちょいとオシャレにフレンチなんていかがでしょうか。

夜のメニューはこの他にAコース2,800円(本日の前菜、スープ、メイン料理)、Bコース3,800円(前菜がふた品とメイン料理)、魚と野菜のコース3,800円(前菜がふた品とメイン料理)があります。
[PR]
by idive | 2010-12-24 23:11 | 気になるお店

浴衣着てお出かけ!「佳倉」へ

f0053895_17355443.jpg


はい、今パソコンの画面に向かって吹き出した人。キーボード大丈夫ですか?
仕事中で周りから変な目で見られた人はいませんか?( ̄∀ ̄;ノ)

今日、義理の母が遊びに来ました。和裁が得意で、僕たち夫婦の浴衣を縫って持ってきてくれたので、さっそく試着。帯も教わりながら、なんとか自分で結ぶことが出来ました。

せっかく着たのに、写真撮って終わりじゃつまらないので、おでかけすることに。
で、まだ行ったことのないお店ということで、「磯割烹 佳倉(かぐら)」にお邪魔してきました。

場所は西伊豆町仁科です。アイダイブからだと、国道136号線を北上、土肥方面に5分ほど走ったところですね。
f0053895_17444580.jpg


僕は日替わりランチをオーダー。1,600円です。
f0053895_17463845.jpg


内容は、色々な魚のアラ炊き、天ぷら、ホタテの塩焼き、お刺身2点(マグロとイナダ)、サラダ、厚焼きタマゴ、ライス、みそ汁、お新香と盛りだくさん。煮物、焼き物、揚げ物、生ものそしてサラダと万遍なく食べることが出来て、大満足です。

さらに、食後には珈琲かデザートが選べます。僕はデザートを頼みました。するとレモンのような柑橘類を使ったシャーベットが出てきました。今日は慣れない浴衣を着ている上に蒸し暑かったので、体が火照っていたのですが、一気にクールダウン。口の中もさっぱりしました。
f0053895_1751408.jpg


このお店は新鮮な魚介類が売りで、「ちらし定食」がお勧めのメニューだとか。他にもたくさんメニューがあって、定食類はもちろん、一品料理もバラエティに富んでいます。夜は腰を据えて飲むのも楽しそうですね。アイダイブにお泊まりの際には、是非一度食べに行ってみて下さい!(⌒^⌒)b
[PR]
by idive | 2010-06-22 17:55 | 気になるお店

NYスタイルベーグル専門店「nao☆Bagels」

このお店、つい最近、田子のS嬢に教えて頂きました。
「宇久須に、そこだけニューヨークみたいな雰囲気のベーグル屋さんがあるんだよ」

おお、ぜひ教えて下さい。m(_ _)m

で、連れて行ってもらいました。
f0053895_1114564.jpg


ひなびた海沿いの集落の中に、確かにハイカラなお店がありました。
ベーグルって、実は僕よく知りませんでした。つまり、甘くないドーナツみたいなヤツでしょ?

当たらずといえども遠からず。
このお店のパンフレットから引用します。

「ベーグルとは、卵、牛乳、バターなどの動物性タンパク質を含まないヘルシーなパンです。発酵させた生地を焼く前に茹でることで、外側はカリッと内側は柔らかくてもっちりと詰まった食感になります。」

なるほどー。
ちなみに店内はこんな感じ。
f0053895_11191466.jpg


この方がひとりでお店を切り盛りする店長のNaomiさんですね。かなりの美形と見ましたが、帽子を目深にかぶっていて、その表情をしっかりととらえることは出来ず。ザンネン。
f0053895_11232632.jpg


お店のシャッターには、わざわざニューヨークから呼んだというアーティストの絵がいっぱいに描いてあって、店が閉まっている時のほうがおしゃれ、とは教えてくれたS嬢の弁です。

お店も清潔感があって、とってもお洒落ですが、HPもかなりハイレベルなものがあって、ここから全国に発送もしているようです。

興味のある方はお試しあれ。
nao☆Bagels
[PR]
by idive | 2010-04-05 11:24 | 気になるお店

下田海中水族館

今朝、いきなり猛烈に風が吹き始めました。あえなく雲見はクローズ。
そんな時当店は西風でも潜れる田子などへ移動してダイビングします。今日のゲストは田子へは最近行ったばかり。雲見が潜れないならダイビングはお休みします、とのこと。じゃあ、駅へ送りがてら、下田海中水族館へ遊びに行きましょう!ということで行ってきました!

この水族館は天然の入り江を仕切った中にあります。入り江の中は何頭ものイルカが自由に泳ぎ回り、イルカショーやドルフィンビーチでのイルカとのスキンシップ、フィーディングなどを体験することが出来ます。

海上ステージのあるアクアドーム。たくさんの魚たちがひとつの水槽の中で暮らす大水槽もここにあります。
f0053895_21332214.jpg


僕らが行くとすぐにイルカのショーが始まりました。この水族館の売りはイルカ。どこよりもイルカに近づける、をキャッチフレーズにしています。
f0053895_21345440.jpg


イルカの背中に乗ってサーフィンしています。
f0053895_21371188.jpg


f0053895_21373291.jpg


ショーのあとは、通常の展示物を見て回りました。メインの大水槽。
f0053895_21384923.jpg


大水槽の中にいるネコザメ。
f0053895_23324565.jpg


生物ごとに分かれた小さな水槽。
f0053895_23311588.jpg


珍しいノコギリザメ。
f0053895_23321627.jpg


皮膚をつついてきれいにしてくれるというドクターフィッシュ「ガラ」の体験展示。こちょばゆいです。
f0053895_23333530.jpg


キスするアザラシ。
f0053895_23353558.jpg


イルカショーは2ヶ所で行われています。こちらはガラス張りで中が見えるプールでのショー。
f0053895_233629100.jpg


ゲストと握手するカマイルカ。
f0053895_23375530.jpg


ショーが終わると、ガラスのところで記念写真用にじっとしててくれます。
f0053895_23385453.jpg


入り江の一部はビーチになっていて、ここではドルフィンタッチが出来ます。
f0053895_23394998.jpg


規模は大きくないですが、けっこう盛りだくさん。これ以外にもペンギンやゴマフアザラシ、ウミガメの展示やカリフォルニアアシカなどもいて飽きないですね。特にダイバーには面白いと思える要素が多いと思います。今日のように海に潜れなかった時の観光にはもってこいです。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2009-11-14 23:41 | 気になるお店