カテゴリ:食べること( 40 )

井むらで天ぷら三昧!

当店から歩いて4分の「麺屋井むら」さんでお食事してきました。

井むらさんはうどん屋さんですが、夜は居酒屋メニューが充実していて、お食事もお酒も両方楽しめます。当店は晩ご飯をお出ししていないので、お泊まりのゲストはここに食べに行っていただくのですが、皆さん満足されて帰ってきます。

その井むらさんのカウンター席に座ると、端のほうに下の写真のような金属のフードがあります。
f0053895_1314665.jpg


たぶん揚げ物をする場所なんでしょうけど、ここを使っているのを見たことがありません。ちょっと疑問に思っていました。

そしたらお店のご主人が「最近暇なので、ここで天ぷらを揚げてカウンター席に座っている人に食べさせようかと思っている」と。そりゃいいですね。早速お願いします!(*^^*)

僕ら夫婦は2、3日前に予約を入れて、満を持して食べに来ました。あらかじめ予約を入れておいたほうが大将も色々と準備がしやすいだろうと思ってのことです。はい、こちらが大将ことお店のご主人、井村さんです。
f0053895_1314020.jpg


席に着くと、あらかじめこんな洒落たテーブルセッティングがされていました。左からなまこの酢の物、サザエの唐揚げバルサミコソース、そして梅煮です。
f0053895_1314266.jpg


最初に出てきたのはエビ。ほくっ、ぷりっ。その美味しさは想像以上でした。
f0053895_13135539.jpg


お次は季節の山菜。左がふきのとう、右がたらの芽です。ふきのとうのほろ苦さがたまんなかったです。
f0053895_13135216.jpg


私は大してお酒強くないのですが、つい調子に乗って熱燗なんぞ頼んじゃいました。
f0053895_13135772.jpg


目の前でたねを衣につけて油に入れると、音がジュッとして、この辺の演出も食欲をそそります。衣に混ぜる小麦粉は冷凍庫で冷やしておいたもの。その衣もわざと粉と水を完ぺきには混ぜないそうです。衣の濃い所と薄い所を作っておいて、たねに応じて使い分けるのだとか。プロの技です。

間にアスパラガスをはさんで、次に来たのがアオリイカとなす。
f0053895_131349100.jpg


そしてゆりの根としいたけ。ゆりの根、絶品でしたね。
この日はお客様が多くて、大将は忙しそうでした。ホントは暇だから天ぷらをやるはずだったのに。やっぱり忙しい時は天ぷらは難しいかも、と言っていました。ま、僕らはのんびりと次の天ぷらを待ちながら喋ったりしていたので、問題はありませんでしたが。
f0053895_13134690.jpg


まだまだ続きます。これは竹の子とかぼちゃ。
f0053895_1313441.jpg


そしてアシタバと大葉でくるんだホタテ、竹の子がもう一度。この竹の子は味をつけて煮てあるそうです。そのほうが食べやすいでしょ、と大将。
f0053895_13134123.jpg


ホントは天ぷら以外食べないつもりだったんですが、大将が「今日ははまぐりのいいのが入りました」と言ったので、つい「はまぐりの酒蒸し」も追加。バターとレモンの風味が絶妙で、あっという間になくなってしまいました。
f0053895_13133036.jpg


天ぷら尽くしもいよいよ佳境。これは牡蠣です。
f0053895_13132752.jpg


そして白子の天ぷらがラストでした。
f0053895_13132473.jpg


大将は修業時代、天ぷらの専門店にいたこともあったそうです。そのお店では最後にかき揚げを乗せたお茶漬けで締めくくるのが定番だったそう。もちろん、僕たちにも出してくれました。
f0053895_13132144.jpg


デザートは自家製のアイスクリーム。言うこと無し。最高の晩ご飯でした。
f0053895_13131917.jpg


お腹いっぱいになって店の外に出ると、雨もやんでいました。
僕らは、歩いて行ける所に井むらさんがある幸せを噛みしめながら、家路を辿りました。(^^*)♪
[PR]
by idive | 2012-02-15 13:33 | 食べること

とし君送別会@わが家

私は今から5年ほど前、それまで勤めていた下田ダイバーズというお店をやめて独立しました。そして独立前、下田ダイバーズでずっと一緒に働いていた「とし君」こと境 俊弘さんがやめることになり、わが家でそのお別れ会をしました。

とし君も足かけ8年下田ダイバーズで働いていたことになるんですね。この8年の間には随分いろいろなことがありました。そして私が独立したあとも雲見に行けば毎日のように顔を合わせていたので寂しい限りです。

今回のメンバーは松崎在住の面々。
f0053895_10553384.jpg


そして料理のほうも久しぶりに頑張りました。メインはローストビーフ。牛もも肉2kgをオープンで焼きました。下の写真は焼く前の状態です。
焼いたあとの写真は・・・。撮り忘れました。f ^ ^ *)
f0053895_1172241.jpg


その他前菜にはカプレーゼや野菜スティック、そしてカナッペ。
このカナッペはガイド仲間のささめちゃんとえりなちゃんの女子2名に早めに来てもらい、作るのを手伝ってもらいました。
f0053895_10591384.jpg


わが家の定番メニュー、マダイのカルパッチョ。
f0053895_10593616.jpg


これはもうひとつのメイン料理、サバのトマトソース焼きなのですが、トマトソースに隠れてサバが見えませんね。f ^ ^ *)
f0053895_1113261.jpg


夕方6時に始めて、解散したのは11時近く。久しぶりにわいわいと大勢で楽しい時間を過ごしました。

とし君、新しい場所へ行っても、伊豆でのことは忘れないでね!
お疲れ様。(⌒^⌒)b
[PR]
by idive | 2011-11-10 11:13 | 食べること

下田の中華料理屋「福来源」

f0053895_206354.jpg


街中から金谷旅館方面に向かうと、途中にあるお店。
今日、久しぶりに下田のハンディで買い物ついでにお昼を食べに寄りました。

このお店に入るのは初めてだったのですが。

「イラシャイマセー」

と、中国なまりの元気な声で迎えられます。

メニューは品数が多くて目移りするほど。
僕はランチメニューからラーメンとご飯ものを組み合わせて頼めるセットメニューをチョイス。
ラーメンもご飯ものも5、6種類の中から選べましたね。

僕は豚骨ラーメンと回鍋飯のセットを頼みました。
程なく運ばれてきてビックリ!なんですか、この量は!

ラーメンもご飯ものも、それだけでフツーの一品料理くらいのボリュームがあります。
そしてお値段はたったの780円。お味もなかなかでした。ちょいとラーメンは僕の好みからすると薄かったかな〜。でも回鍋飯は甘しょっぱい味噌炒めのキャベツとお肉、キクラゲなんかがご飯の上にどっさり乗っていてそれだけで充分満足できる感じでした。

外にもいろいろと気になるメニューがあったけど、お腹いっぱいになりすぎてとてもじゃないけど、胡麻団子だとか、杏仁豆腐まで辿り着けなかった。f ^ ^ *)

次回、また機会があったら食べに行きたいなぁ。
[PR]
by idive | 2011-05-19 20:14 | 食べること

お食事処 びゃく

先日、南伊豆町妻良(めら)にある「びゃく」というお店へ食事しに行ってきました。
f0053895_22241592.jpg


夜なのでよくわかりませんね、店構え。f ^ ^ *)
わが家を作ってくれたのと同じ工務店さんが手がけているので、木をふんだんに使った造りです。
松崎からだと、国道136号線を南伊豆方面へ南下すること30分ちょっと、辺りに何もない山の中にぽつーんと一軒だけ建ってます。こんなとこでやってけんのかな?と人ごとながら不安になりますが、僕らが食べに行った日は土曜日だったせいか、次から次へお客様が入ってきて、結構繁盛している様子でした。

ここの売りは「あなご丼」と地魚寿司。板さんは以前築地で修行した事があるとかで、魚を選ぶ目は確かみたいです。僕はこの店の定番らしき「びゃく定食」¥1,800なりを頼みました。
f0053895_22302284.jpg


この定食には地魚寿司六巻と豊富なメニューの中から自由にチョイス出来る麺類がひと品付いてきます。僕が選んだのはイクラ磯そば。お腹いっぱいになるか心配だったのですが、杞憂。結構満腹になりました。

こちらは同じびゃく定食ですが、麺類が違います。ほんのりピンク色をしているのはさくらそばだから。お寿司はめだい、きんめだい、ひらすずき、まだい、まぐろにひらめ。
f0053895_22335898.jpg


美味しいお寿司が食べたかったら、ここなら間違いないと思います。(⌒^⌒)b
[PR]
by idive | 2010-03-29 22:34 | 食べること

「麺屋 井むら」でお食事

たまには夫婦水入らずで美味しいものでも食べに行こう、ってことで、当店から歩いて5分。アイダイブのゲストの間でも絶大な人気を誇る「麺屋井むら」さんに行ってきました。

井むらさんはうどん屋さんですが、夜は一品ものの居酒屋メニューが充実。カウンターに座ると、目の前にはずらりと焼酎の一升瓶が並び、お酒好きにはたまらない場所です。

僕らは、焼酎ではなく、日本酒をいただきました。
井むらさんには、定番のメニューの他に仕入れた材料によって日々変わっていくおすすめメニューというのがあります。
f0053895_14424059.jpg


さて、今日僕らが頼んだのは・・・。
まず、鴨スモークとチーズのサラダ。鴨肉、絶品でした。
f0053895_1444844.jpg


お次はすっぱモツ。モツをポン酢で煮込んだのかな?しょっぱいと酸っぱいがいいバランスでモツを引き立てていました。モツ料理といえば味噌で煮込んだものが定番ですが、こんな食べ方もあるんですね。(⌒^⌒)b
f0053895_14453388.jpg


はまぐりの茶碗蒸し。茶碗蒸しと言えば専用の小さな器に入ったものを連想しますが、井むら流は違います。大きな器にどーんと。いいお出汁が出て、美味しかったな〜。(*^^*)
f0053895_1446294.jpg


あんこうの唐揚げ。ぷりっぷりのお肉の食感が、まるで鶏肉のようでした。ヒレを揚げたものも、ぱりぱりして美味しかった。
f0053895_14483825.jpg


赤ハタの香味蒸し。注文の時「パクチィは大丈夫ですか?」と聞かれました。
はい、大好物です。(*^^*) いやー香菜の香りとあいまって、これも文句なしのお味でした。
f0053895_1450034.jpg


井むらの大将はお肉を扱う店で修行をしたことがあるとのこと。肉を使ったメニューにも侮れないものがあります。これは豚ロースのふき味噌焼き。蕗を細かく刻んで味噌に練り込み、それを肉に乗せて焼いてあります。ほろ苦い山菜の風味がいかにも春を思わせる一品。子どもにはこの美味しさは分かんないだろうなぁ。
f0053895_1452582.jpg


ご飯とか、うどんとか、炭水化物に行く前にお腹いっぱいになってしまいました。なので一気にデザートへとなだれ込みます。自家製アイスはバニラと黒ごまです。
f0053895_14551555.jpg


井むらさんに来ると、自宅では出来ないプロの味をリーズナブルに楽しむことが出来ます。当店にお泊まりの際は、ぜひ利用してみて下さいね。
[PR]
by idive | 2010-03-01 23:31 | 食べること

イタリアン・ディナー

昨日、仲のいい地元ガイドさんがはじめて、僕の店に遊びに来てくれました。
そこで、久しぶりに腕をふるって、イタリアンに挑戦しました。

今回のメニューは

ミネストローネ
ブルスケッタ
イカとたこのトマト炒め
金目鯛のカルパッチョ
牛かたまり肉の煮込み

の、5品でした。
ミネストローネはトマト無しのシンプルバージョン。あっさりした塩味が、野菜のうまみを引き出します。
ブルスケッタは、パティスリー・ジョエラのバゲットをわざわざ買いに行って作りました。
金目鯛のカルパッチョは、普通にお刺身として食べても美味しい金目鯛の切り身に、アンチョビ、バジル、イタリアンパセリ、タマネギなどを刻んでレモン汁とオリーブオイルで和えたグリーンソースをたっぷりとかけて頂きます。
お肉は、売り場にはなかった牛ももかたまり肉をわざわざ用意してもらって、じっくりと赤ワインで煮込みました。

お味は?
もちろん美味しかったです。ダイビングや映画、バンクーバー五輪の話題などで大いに盛り上がって、楽しい一時を過ごすことが出来ました。

ただ、出来上がった料理の写真、撮ろうと思っていたのに、いざ出来上がるとすっかりそんなことは忘れて食べちゃったので、ありません。あしからず。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2010-02-22 19:54 | 食べること

スタッフ忘年会@わが家

暮れもだいぶ押し詰まってきました。そろそろこの辺で忘年会でも、ってことで、いつもの仲間達が10人ほど、わが家に集まりました。

今回のメニューはこちら。

・海鮮しゃぶしゃぶ
・刺身の盛り合わせ
・カツオのたたき
・東坡肉(トンポーロウ)
・かぶと鶏肉の含め煮
・お新香と塩から

東坡肉は今回初めて挑戦したメニューでした。

骨付きの豚バラかたまり肉。わざわざ取り寄せてもらいました。これで1.5kg分。まな板からはみ出しています。f ^ ^ *)
f0053895_14384868.jpg


お湯でゆでたあと、水気を拭き取り、今度は油で焼き色を付けます。
f0053895_14394325.jpg


うっすら焼き色の付いた肉を大きな鍋に入れて煮込みます。紹興酒を丸まる一本使ったほか、八角、氷砂糖など中華ならではの調味料を色々と使いました。
f0053895_14414239.jpg


弱火でことこと数時間煮込んで、東坡肉の完成です。箸で持っただけでほろほろと骨から肉が外れてしまうほど軟らかく煮えました。(*^^*)
f0053895_1442486.jpg


こちらはお刺身の盛り合わせ。
f0053895_14435563.jpg


こちらは海鮮しゃぶしゃぶ用の具です。金目鯛とホタテが絶品でした。
f0053895_14443583.jpg


かぶと鶏肉の含め煮。
f0053895_1445474.jpg


そして、自家製カツオのたたき。野菜をたっぷりと入れて。これも冷蔵庫で数時間寝かせて、味をなじませました。
f0053895_1446420.jpg


ああー、美味しかった。1.5kgもあった骨付き豚バラ肉はすっかり無くなってしまいましたとさ。
[PR]
by idive | 2009-12-21 14:29 | 食べること

スタッフ飲み会@わが家

昨日、仲のいい地元ガイド、船頭達がわが家に集まって焼き肉を食べながらの飲み会を開きました。

【メニュー】
牛カルビ タレ味
 みそだれ、しょうゆだれ
豚バラ肉 塩味
 レモンだれ
巻き野菜としてサンチュと大葉、キュウリ、ししとう

酸辣湯(すっぱ辛いスープ、これだけ中華)
春菊とシメジのサラダ(さっぱり塩味)
鶏ささみとほうれん草のからし和え(いって香ばしくした松の実がポイント)
まぐろのコチュジャン和え(刺身の和え物韓国バージョン)
納豆キムチ豆腐(3つの食感が楽しめる)

セロリのチヂミ(こしょう塩)
春菊のチヂミ(韓国風ダイコンのなますを箸休めに)

ご飯(雑穀入り)

以上です。いっぱい作ったつもりだったけど、合計10人のお腹の中にきれいに収まってしまいましたとさ。f ^ ^ *)

食べるのに夢中で、写真は無しです。( ̄Д ̄;)
[PR]
by idive | 2009-11-11 20:46 | 食べること

和歌山から梅の便り

和歌山の友人から、箱一杯の南光梅が送られてきました。
箱を開けると、家中に梅の甘い香りが広がります!
f0053895_7475638.jpg


洗う為に水につけると、細かいうぶ毛が空気を含んで、まるで梅が、葛で出来た餡をまとった和菓子のように見えます。
f0053895_749714.jpg


ひとつひとつ丁寧にへたをとって、ざるに並べて陰干し。そして漬けました。
f0053895_7495496.jpg


数年後には、素晴らしい梅酒が出来上がることでしょう。
[PR]
by idive | 2009-06-19 07:46 | 食べること

スタッフ飲み会@わが家

元・船頭「かねこさん、今度久しぶりに松崎に顔出しに行くんで、一緒に飲みましょうよ」
かねこ 「いいね!で、いつ?」
元・船頭「はい、明日っす」
かねこ 「!!!」

ってことで、急にやることになったスタッフ飲み会。地元の船頭やガイドなど、気心の知れた仲間が集まりました。ちょうど平日で暇だし、いっちょ料理もがんばって作っちゃおうかな!(⌒^⌒)b

まずは庭で材料に使うハーブの採集です。ローズマリー、タイム、ミント、イタリアンパセリ、レモンバームなどを採ってきました。そう、今日のメニューはイタリアンです!(*^^*)
f0053895_959257.jpg


午前中は食材の買い出し。そしてお昼過ぎから作り始めました。出来上がったのはこちらの品々。
f0053895_1001692.jpg


左側はタコ・ホタテ・スモークサーモンのカルパッチョ。レモンの酸味とアンチョビのしょっぱさが素材の甘さを引き出すソースをたっぷりとかけて。右側はペンネ・アラビアータ。とうがらしの入ったピリ辛のショートパスタです。
f0053895_1004741.jpg


イタリアンの前菜といえばカプレーゼ。赤いトマトと白いモッツァレラ・チーズに緑のバジルソース。見た目もキレイですね。サラダのドレッシングはグリーンオリーブのみじん切りやレモンの皮のすり下ろし、オレガノ、オリーブオイルなどを使ったオリジナル。右側の料理は鶏肉のトマト煮です。
f0053895_10386.jpg


豚肉を白ワインとローズマリー、タイムで煮たものを薄切りにしました。味がしみこんで美味しかったー!もうひと品、こちらのショートパスタはそら豆とグリーンピースがたっぷり入ったカレー風味。
f0053895_108176.jpg


もちろんデザートにはフルーツやらアイスクリームも。大勢でわいわい言いながら食べる食事っておいしいですね!数時間かけて作った料理もあっという間にみんなのお腹の中に消えていきました。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2009-06-12 10:12 | 食べること