<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

中木塔島2ダイブとドルフィンスイム

今日はゲスト2名と中木へ行ってきました。
昨日までの強い西風で若干うねりは残っているものの、よくここまで静かになったな、というのが正直なところ。ラッキーです。
f0053895_22233728.jpg

しかし水中は若干濁り気味。昨日までの時化で濁ったか、それとも春濁りが始まったのか。

この季節、透明度が落ちるのは、伊豆の海の季節の行事といえます。
日差しが強くなってくると植物プランクトンが水中で一斉に増えるのも春濁りの一因といわれています。植物プランクトンが増えると、それを餌に動物プランクトンが増え、それを餌に小魚が増え、というように植物プランクトンは海中の食物連鎖ピラミッドの底辺にある重要な要素。濁るからといって疎かにすると、罰が当たります。(^^;

さて、残念ながら今日はウミガメもトビエイも不発でした。
が、今日は最後にものすごい大物(?)に遭遇してしまいました。

遭遇といっても偶然出会ったわけではありません。
ダイビングのあと、いけすに飼われているイルカと遊んだのでした。

僕は以前このイルカを遠くから見て、かわいそうに思い、このブログに記事を載せたことがありました。

しかし、自分がいざいけすに入ってみると、かわいそうなのもあるのですが、どうしても目の前の魅力的な生き物に心奪われずにはいられませんでした。

いけすの中にいたイルカは一匹だけ。体長は2m半から3m近くある大きなもの。オスでした。ボートがいけすに近づくと何だかそわそわした様子で、様子をうかがうように水面近くを泳いでいます。僕らがいけすに移ると、水面すれすれに鼻をくっつけるように縦に浮かんで、水中から僕らのことを観察している様子。もうそれを見ただけでかわいい!と思わず言ってしまいたくなります。

僕らは3点セットを着けていけすの中に入りました。ぎこちない僕らの周りを、イルカは様子を見るようにゆっくりと泳いでいます。僕らは3人ともドライスーツでした。僕自身ドライを着て3点セットだけ着けてスキンダイビングをするのは初めての経験です。
ですが、えいやっとジャックナイフで水中に入って泳ぎ出すと、すいーとタフィが(イルカはそういう名前でした)寄ってきます。優しい目が僕をのぞき込んでいます。
思わず触ろうとして手を伸ばすと、ふっと間合いをあけて触らせてくれません。流石です。

冬の間は観光客も来ないのでたぶん寂しかったのでしょうか。結構機嫌良く遊んでくれました。ゆっくりと泳いでいたかと思うと、狭いいけすの中ものすごいスピードで僕らを縫うように泳いでみたり。

だんだん慣れてきたせいか、体にも触らせてくれるようになりました。
タフィはこの中木にドルフィンスイムのいけすが出来て以来ずっといるんだそうです。それが何年前からかは知りません。でも去年7月には確かに2頭いたはずなのに・・・。そう思って聞いてみると、もう一頭は去年8月に死んでしまったのだとか。

一緒に泳げて嬉しかった反面、なんだか奇妙な罪悪感もあるこの感じ。なんなのでしょうね。
そんな複雑な感情を抱きつつ、僕らはイルカのいけすにさよならをしました。
[PR]
by idive | 2007-03-31 23:07 | Diving Log

「精霊の守り人」と「崖の上のポニョ」

最近相次いで、テレビで新作のアニメに関する番組を見ました。
一つ目は、3月26日にNHK BS2で放映された「精霊の守り人 徹底研究」、そしてもうひとつは3月27日にNHK総合で放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 映画を作る 〜宮崎駿・創作の秘密〜」です。

「精霊の守り人」は4月から毎週土曜朝8時に、NHKBS2で放映される予定のアニメ。
原作は上橋 菜穂子「精霊の守り人」(偕成社・刊)より。これは児童文学としては異例の70万部を売り上げた、児童文学界随一のベストセラーなんだそうです。

そしてそして。これをアニメ化するに当たってオファーされた監督が、あの神山 健治氏。
と言われてピンとこない人でも「攻殻機動隊」のTV版、「STAND ALONE COMPLEX」の監督と言えばおわかりいただけるでしょうか?

え、まだわからない・・・? (^^;
そもそも攻殻機動隊は士郎正宗氏原作のコミックがはじまりです。そしてこれを押井守監督が劇場版アニメ映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」として世に問い、アメリカのビルボード誌のビデオ週間売り上げ一位を記録するなど、国内外で大きな反響を呼びました。
そして多くの期待の声が寄せられた続編をテレビ版という形で、映画を引き継ぐスタイルで神山監督が監督しました。神山監督は押井監督主催の押井塾から出た人で、いわば押井監督の直弟子に当たります。

映画はもちろんテレビ版も、これまた国内外で高い評価を受け、これまたアメリカでも大反響を呼び、国内では平成14年度(第6回)文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門で「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第2話 暴走の証明」が優秀賞を受賞しました。またその最新作「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」(監督:神山健治)が平成18年度(第10回)メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品を受賞したそうです。

おっと、話が少しそれました。
つまり近未来の、まるで映画「マトリックス」のような世界観を表現してきた神山監督が、今度は児童文学が原作のファンタジーをやるの?!、というところにこの話のみそはあります。
ちなみにマトリックスは、攻殻機動隊を見てインスパイアされたウォシャウスキー兄弟監督が作った、とされています。

番組「精霊の守り人 徹底研究」では、その脚本を、数人の脚本家と膨大な時間を費やしたブレインストーミングを通じて、ぎりぎりと絞り出すようにその完成度を高めていく神山監督の様子や、大人数の人の手によってひとつのアニメが形になっていく様が、NHKらしい愚直なまでのドキュメンタリーとしてまとめられていました。

さて、ここまで前振りされたら、本編を見たくなるのが人情。
この番組内では、ちゃーんとその第一話を先行放映という形で見せてくれました。

とりあえず、この第一話を見る限り、面白そうではあります。
第一話では主人公の女用心棒バルサが、もうひとりの主人公チャグムと関わるようになるそのいきさつが語られましたが、まだ多分に説明的ですし、バルサとチャグムの最初のきっかけがあっけなさすぎるというか、え、そんなに簡単にそんな大事なこと引き受けちゃうの、というのは正直な感想としてありました。
今後、神山監督が壮大な世界観やストーリーを、どんな風に見せていくか、楽しみです。

そして、宮崎駿監督の新作「崖の上のポニョ」です。
ハウルから2年、監督は次回作の構想を練り始めていました。ディレクターが一人で来ることを条件に取材は許され、カメラは100日間にわたって宮崎監督の創作の瞬間を記録していきます。

今度の映画は原作のない完全な宮崎監督のオリジナル、ということで、無から有を作り出す作業に宮崎監督は四苦八苦していました。「ポニョ」は5歳の男の子が主人公ということ、単純な線と色で絵を描き、しかも単調な絵にしない、という一見矛盾したことに取り組む、ということで今までの宮崎アニメとはまたひと味違う物が出来そうです。

66歳にして未だ衰えぬ情熱、新しい物を作り出すぞ、という気概。
そして「プロフェッショナル」とは何かというこの番組のお決まりの質問に監督は次のように答えます。

「いや、半分素人の方がいいんですよ。それは自分が選択して、自分がプロだからやるんじゃなくて、自分がこれをやりたいと思うからこれをやっているんだっていう。やっぱり精神の方が大事なんですよ」

監督のインタビューに答えてしゃべる一言一言が、予定調和な会話は一言もなく常に本気、すべて本音。そして身を削るような創作作業の果てに生み出されていく映画。
当然来年夏に公開予定だというこの「崖の上のポニョ」も見てみたい!、と思うのでありました。

というわけで、偶然にも今や日本、いや世界をも代表するようなアニメ映像作家となった二人の監督の、創作の現場を見る機会があったわけですが、いやーその仕事に対する厳しさ、真剣さはこちらの背筋をぴんとさせてしまうほどの迫力がありました。

この真剣さは、もちろん自分自身の仕事に対する姿勢にも大いに影響を与えられた、といいますか、自分などまだまだ甘チャンだな、という自戒の念とともに、気合いを入れ直すいいきっかけとなりました。
[PR]
by idive | 2007-03-29 15:20 | 観る、聴く、読む

IKEA港北店

横浜の郊外にある巨大ショッピングセンター「イケア港北店」に行ってきました。
f0053895_1171287.jpg

イケアはスウェーデンに本拠がある家庭雑貨や家具を扱うお店です。これだけ巨大なお店に、家に関するものしか置いてないその潔さにまず驚きました。
またそのビジネスコンセプトも今までにない新しいもの。ショッピングしながらも、へーえ、と感心することしきりでした。

お店は大きく3つのフロアに分かれていて、しかも入り口は一カ所しかありません。そこからまるで博物館かお化け屋敷のように、順路に沿って商品を見ていきます。
最初のフロアは「ショールーム」と呼ばれるゾーン。名前の通り、イケアの商品がリビングルーム、オフィス家具、キッチン、ダイニングというように生活のシーンにあわせた切り口で並べられています。
その並べ方もふつうの店舗とは違います。ただ商品を種類別に陳列するのではなく、このゾーンでは家の中の部屋を模した空間に、そこがまるで本物の部屋であるかのようにディスプレイされ、まさにショールームとしての機能を果たしています。そこは単に商品を紹介するだけでなく、インテリアや時にはライフスタイルの提案までもをしてくれるようです。
f0053895_1113836.jpg

買い物客は自分が気に入ったショールームの中に自由に出入りして、商品を手に取ったり、引き出しをあけたり、ソファに座ったり出来ます。
そして気に入った商品を見つけたら、メモにその商品の名前と列と棚の番号を控えます。
列と棚の番号は、「ショールーム」の後にある「セルフサービスエリア」と呼ばれるゾーンで自分が気に入った家具を探すのに必要です。家具類はすべてフラットパックと呼ばれるぺっちゃんこに分解された状態で梱包され、このセルフサービスエリアに置かれています。買い物客は大きな棚から自分で商品を探し出して台車に乗せ、出口のキャッシャーへと向かいます。

商品の情報はプライスタグを見て得ます。このタグには、商品名やサイズ、素材、色など知りたいたいていのことは書いてあります。その分、店内にあまりスタッフはいません。これは、「セルフサービスというのは、必要のないサービスに代金を払わないで済むということ」というイケアのコンセプトによるものです。

つまり徹底してコストを削減し、その分安い価格でゲストへ商品を提供することを目標としているのです。

イケアには専属のデザイナーが何人も所属し、使いやすくデザインに優れた生活雑貨や家具を日々開発しています。開発された商品は大量生産されることによってコストを下げられ、また無駄な梱包を省き、輸送や保管のコストを安くするために分解されて出来るだけ体積の少ない状態にパックされています。
買い物客は自分で持ち帰って自分で組み立てることを前提として、イケアで買い物をするのです。

僕らはこの店のことをテレビで知りました。まだ少し早いですが、僕らも家が出来ればどうしても細々とした生活雑貨や最低限の家具は必要になります。が、予算は厳しいので出来るだけ安くそれらの物を手に入れたいわけですが、かといって安かろう悪かろうでも困ります。

そこで下見をかねて、一度ぜひここに来てみたいと思っていたのでした。
下見の結果、どうやらこのイケアならデザイン・質ともに満足でき、しかも他店舗よりも明らかに安く目的の物を手に入れることが出来そうです。

次にこの店を訪れる時までには、どんな物が必要かのリストを作って無駄のない賢い買い物をしたい物ですね。
[PR]
by idive | 2007-03-28 23:27 | 気になるお店

西伊豆・黄金崎ビーチ

今日は下見で黄金崎ビーチに行ってきました。
黄金崎ビーチは西伊豆の真ん中へんにあるダイビングエリア。トビエイで有名な安良里の一部です。
ここは北に向いた小さな湾がサイトとなっており、西海岸にありながら比較的西風に強いので、是非押さえておきたいところでした。今日は松崎町の同業者H氏に同行をお願いして、その潜り方を教えてもらいました。

今日は天気良く暖かく、水温16℃、透明度は10m、透視度も6〜7mとまずまずのコンディション。久しぶりにデジカメのハウジングを持ち出して、下見なのかファンダイビングなのかわからないくらい、すっかり楽しんできてしまいました。
f0053895_237614.jpg

ごらんの通りのコンディションです。天気が良かったので水中が明るく、差し込む日差しがとてもきれいでした。

一本目エントリーしてすぐの砂地にいたのは、こちらのセミホウボウ。
f0053895_22553332.jpg

残念ながらあまりきれいに羽を広げてくれませんでした。
お次はカエルアンコウ。体長は1センチほど。かわいいです。
f0053895_2257136.jpg

岩の上にはワニゴチ。
f0053895_22581030.jpg


最大水深は18mほど。エントリーしたところからごろた沿いに落ちていくと、すぐにきれいな砂地が広がり、所々ガイドロープもあって、ストレスなく、のんびり潜れる場所です。たまにはこんな場所でマクロを探したり、カメラにじっくり取り組んだりするのもいいかもしれません。



今日の動画は安全停止中のH氏。動きにあわせて台詞を入れてみました。
f0053895_232646.jpg

エキジットの様子です。コンクリートのスロープが2カ所あって、どちらも手すりがついているので、ごろたのエントリーエキジットでも楽ちんです。

2本目のエントリーの様子。1時間ほどのインターバルの間にすっかり潮が引いてしまいました。
f0053895_2341044.jpg


2ダイブ目のアイドルは、海底に落ちている缶からを住処にしているミジンベニハゼのペア。
f0053895_2343820.jpg

オフシーズンはほかのダイバーを気にすることもなく、ゆっくりと写真が撮れます。
f0053895_2361817.jpg

冬の伊豆の風物詩、マトウダイ。まだ若い個体のようです。
f0053895_2383821.jpg

エキジット直前の浅場にはキンメモドキも群れていました。

ここは町営のダイバー用の施設があって使いやすいですね。更衣室やシャワー室はもちろん、寒い日にはストーブのある休憩室やウエットやドライのまま入れる風呂など、ひととおりの施設がそろっています。

黄金崎ビーチ、2ダイブで¥11,000です。
是非声をかけてください!
[PR]
by idive | 2007-03-23 23:16 | Diving Log

土地の造成完成

ついに工事が完了しました。
f0053895_19425378.jpg


f0053895_19431758.jpg


まだ土地と道路をつなぐ金属の板は出来上がっていませんが、とりあえず造成工事は終了しました。これから梅雨明けまで、降った雨で埋め込んだ土に水がしみこんで、しっかりと締まっていくのを待つばかりです。
f0053895_1945188.jpg


こうして平らな地面になってみると、改めて広いなぁーと感じました。そして、大変な買い物をしたんだな、という実感も同時に湧いてきました。
そんな時、嬉しい反面ふと不安に襲われたりもします。
本当にこんな買い物をして大丈夫なんだろうか、やっていけるんだろうか・・・。

ちょっと弱気になった僕らにとって、タイムリーなことに僕らの家を請け負ってくれた工務店の社長から、勇気づけられるとても素敵な話を聞くことが出来ました。
と言っても、今は同時に3件も4件も現場を抱えてとても忙しそうにしている社長も、いい時ばっかりじゃなかったんだよ、という苦労話を、世間話のついでにちょっとしてくれただけのことなんですが。

その話とは、今は飛ぶ鳥を落とす勢いの社長も、最初の頃はなかなか商売が思うようにいかず、そんな時この状況を打破しようと周囲の反対を押し切って畑違いの飲食店を始め、これを奥様に任せたんだそうです。

これが当たって借金を5年で返し、またそのお店に来た人が縁で工務店の方もうまく行き始め、というように、最初無理とも思える投資をしたが為に結果的には商売がうまくいくようになった、ということでした。

僕らも分不相応とも思えるような建物をいきなり作ってしまうわけですが、これを出来るだけ居心地のいい空間にし、一度来ていただいたお客様にまた是非行きたい、と思っていただけるような店作りを心がけていれば、借金を5年で返す、とまではいかないまでも、それなりにやっていけるんじゃないか、と思えた次第でした。

その勇気をくれた社長に感謝するとともに、改めて「やらなきゃな」と自分に気合いを入れ直した一日でした。
[PR]
by idive | 2007-03-22 19:59 | 家のあれこれ

ヨガの動画はいかが?

このブログで初めての動画公開に挑戦!
デジカメで撮った動画を、動画編集ソフトに取り込んで簡単なタイトルを付けてみました。
題して、「BEACH YOGA in SOTOURA」

動画編集ソフトで保存するときに「WEB用」を選んだところ、ちょっと画質が悪くなってしまいました。画質をもう少し良くして、なおかつ余りデータ量が大きくならないような設定を次回また試してみようと思います。
[PR]
by idive | 2007-03-21 23:58 | その他

ノルディック・ウォーキングとビーチヨガ

先月に続き、今月もノルディック・ウォーキングに参加してきました。
今回は下田市のまどが浜海浜公園が集合場所。
f0053895_6173054.jpg

ここは現在「風の花まつり」が行われています。下田市内の小中学生や市民らが作ったたくさんの風車を飾るという催し物です。今年で3回目だそうで、僕は家から歩いて行ける所にありながら、初めて見ました。
f0053895_6223422.jpg

さて、例によって受付をすませ、皆でそろってウォーミングアップをしてから出発です。
f0053895_6252416.jpg

今回はこのまどが浜公園から付近の港などをぐるっと回った後、外浦海岸へ向かいます。前回よりも歩く距離はぐっと短く、だいたい6キロぐらいでした。

ほどなく、外浦海岸へ到着。
f0053895_6282441.jpg

今回はここで、ビーチヨガも行うというプログラム。砂だらけになんのはイヤだなぁ、と思っていたのですが、案じるまでもなく、立った姿勢でやるヨガを20分ほど、インストラクターの指導の元行いました。
f0053895_631538.jpg

さらに今回は、まだコースの途中で昼ご飯となりました。今回はひじきご飯のお弁当に焼きたての干もの、そして金目鯛のみそ汁まで付いちゃうという豪華版。
f0053895_6332490.jpg

f0053895_6334711.jpg

いやー、前回の伊勢エビみそ汁と岩のりや鶏肉の混ぜご飯おにぎりもおいしかったけど、ボリュームという点では今回の足元にも及びません。食の細い人なら間違いなく食べきれないほどの量。このお弁当だけでも参加した甲斐があったってもんです。

食後ひと休みしてから、また出発。
f0053895_6402533.jpg

午前中吹いていた風もお昼にはやみ、今回も絶好のウォーキング日和。
f0053895_6414789.jpg

帰りのコースには、目の前の海辺で採れたというわかめを干している地元の人も。

ただ、前回と違って途中お昼を食べたせいか、後半のウォーキングは若干ダレ気味。列が長〜くなってしまい、先導役の人も苦笑いしていました。

ほどなく、またまどが浜海浜公園に帰ってきました。
前回はゴールしたらポールを返して解散、でしたが、今回はもうひとプログラム。参加者全員が風車を作って、まだ風車が飾られていない金目鯛の形をしたオブジェに飾ってもらう、というもの。何でもこの催しは、見に訪れた人がその場で風車を作って飾ってもらえるのが売りなんだそうです。
f0053895_65427.jpg

そしてさっそく飾ってもらいました。この催しが終わった時点で飾ってある風車の数をギネスに申告する予定なんだそうです。掲載されるかどうかはわかりませんが、まあ、一応世界一の催し物に参加できた、というささやかな満足感も味わえる、というわけです。
f0053895_654422.jpg


これで、今日のウォーキング全行程終了です。次回は4月の22日に、またコースを変えて、下田を舞台に行われるそうです。

さて、前回は僕らの写真がしっかりと新聞に載りましたが、今回はどうでしょう。そう言えば、今回は弁当をぱくついているところをばっちり撮られた覚えがあるなあ・・・。
[PR]
by idive | 2007-03-21 23:13 | その他

街中のハンギングバスケット

僕の住む下田市は、町おこしの一環として市内にハンギングバスケットを飾る運動をしているようです。
これを目当てに観光客が来てくれるとは思えないですけど、確かに街のあちこちに花が飾ってあるのはいいものです。
f0053895_9515330.jpg
f0053895_9532455.jpg

それにバリエーションというか、花の組み合わせで全然印象が違うのも、ちょっとした発見でした。先日街を歩きながら、目についたハンギングバスケットを片っ端から写真に撮ったので、ちょっとご紹介しますね。
f0053895_953417.jpg
f0053895_9535871.jpg

f0053895_9543223.jpg
f0053895_9545120.jpg

f0053895_9552048.jpg
f0053895_955341.jpg

f0053895_9555356.jpg
f0053895_956898.jpg

[PR]
by idive | 2007-03-18 09:58 | その他

埋め戻し完了道路側工事

これは15日に撮影した画像の報告です。
15日に現場に行くと、埋め戻しはほぼ完了。擁壁の一番上までびっしりと土が運び込まれて、ローラーでぎゅっと押された状態になっていました。
f0053895_955993.jpg


写真は、土地の左奥から道路側を見た光景です。

次は道路に面した部分の壁を作ります。ここは道路から車が入れるようにする必要がある場所なので既製品の擁壁は使えず、現場で生コンを打って作ることになります。
f0053895_9562633.jpg


f0053895_956471.jpg


この部分の壁は、道路とほぼ同じ高さになる予定です。
壁が出来たら、この工事の為に埋め残してあった部分に土を入れて、造成工事終了です。

さて、僕らの土地と接する道路の間には用水路があるのですが、当然土地に入るにはこの水路の上に何らかの構造物が必要です。
しかし、この上にコンクリで橋のような物を作りつけてしまうのはお金もかかるし、「水路占有許可」といった役所からの許可を取る必要があり、煩雑です。
そこで、この水路の上には丈夫な鉄板を、土地の間口全面に端から端までひくことにしました。いざとなれば外すことも出来るし、許可をわざわざ申請する必要もなく、安価で丈夫。
若干見栄えは悪くなりますが、メリットの方が多いと判断してこの方法を採用することになりました。

今回埋め戻しに使った土は、時間がたつとがっちりと締まって丈夫なことが取り柄ですが、逆に小さな家庭菜園でも作ろうと考えた時には、固すぎてとても人間の力と鍬くらいでは掘り起こせないそうです。
そこで工事の監督が気を利かせて、土地の一角にあらかじめ家庭菜園用の土を運び入れておいてくれました。
f0053895_1072776.jpg


四畳半程度の大きさですが、家庭菜園には十分な広さですね。それに畑の土は、造成工事前に田んぼを掘った時に出た土。当然柔らかいし石など混ざってないし、畑をやるにはうってつけの土です。
工事の監督の気配りに、感謝、感謝です。
[PR]
by idive | 2007-03-15 09:50 | 家のあれこれ

下田港でダイビング

と言っても、5分ほどでダイビングは終了してしまいましたが・・・。

昨日、神津島で遊漁船の船長をしている人から電話がありました。

「いま神津から下田へ向かって船走らせているんだけど、ペラにロープがからんじゃったみたいでさ。潜って見てくんないかな」

あらあら、それは大変。昨日のうちにタンクなど用意して、今朝さっそく行ってきました。
f0053895_12431878.jpg


写真、左から2番目の船がそうです。この船、以前銭州ツアーをやった時にお世話になった船です。

今回に限らず、船のペラ(スクリューのことですね)にロープがからんでしまうことはよくあります。

よく潜りに行く雲見では、知り合いの漁師さんに頼まれてからんだロープをとってあげたことも一度や二度ではありません。その経験から、今回はちょっと悲壮な覚悟をしてきました。
雲見の船は、どれもそれほど大きくなく、ロープも港の中で巻いてしまうことがほとんど。
でも結構がんじがらめにペラに巻き付いて、とるのに一苦労します。

今回の船は、雲見の船に比べるとずっと大きいし、それに神津から下田へ向かう途中、つまりずっと沖の方で巻いてしまい、そのまま超低速運転でようやく下田にたどり着いたのだとか。
となると、かなり長い時間巻き付いたまま走ってたことになります。

ということは、とても僕一人の力では外せないんじゃないか・・・、それぐらいがっちりぐるぐるに巻いちゃってんじゃないかなー・・・、なんてかなり深刻に考えてました。

しかし、いざ潜ってみると、太さ15センチもあるような太いロープが、ぐるりと一回転巻き付いていただけ。長さはせいぜい1mちょっとでした。なので簡単に外すことが出来ました。
よかったー。
f0053895_1253749.jpg


これ、網のきれっぱしがくっついていたので、漁具の一部なんでしょうね。
高速航行中にこんなのがペラに巻き付いたら、大事故の可能性だってあったわけですが、何はともあれ、大事に至らなくてよかったです。
[PR]
by idive | 2007-03-14 12:56 | 海の話