<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

透明度の上がった雲見で2本! 【2008年3月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩小牛の横→-26mのアーチ→グンカン
 2ダイブ目:牛着岩島裏→たて穴→大牛の洞窟→ロック岩
天気  曇りのち雨
風向  東より
流れ  下り少々
波・うねり なし
気温  12℃
水温  15℃
透明度 15m〜20m
透視度 8m〜12m

昨日のうねりも消えて、穏やかな海況です。
f0053895_16172340.jpg


f0053895_22391636.gif


今日はかわいらしいウミウシをたくさん見かけました。その他の生き物もみんな元気です。
まずはヒブサミノウミウシ。ちっこいです。
f0053895_16182670.jpg


ヒョウモンダコ。カメラを近づけてもほとんど動きません。体の表面に青いリングを浮き上がらせてくれると美しいのですが。
f0053895_16205039.jpg


テンロクケボリガイ。紅色の体色が幻想的です。
f0053895_16272279.jpg


マツカサウオ。去年初めて見つけたときは体長1センチくらいでした。今では10センチ以上あるでしょうね。大きくなりました。
f0053895_1628212.jpg


サガミリュウグウウミウシ。ウミウシの中では大型で、写真も撮りやすいです。
f0053895_1629737.jpg


サクラミノウミウシ。まっ白な体色がきれいですね。
f0053895_16301556.jpg


今日もいました。餌を食べたばかりのお腹が大きなカエルアンコウ。お腹がぷっくり膨らんでいます。
昨日見たのとほぼ同じ場所ですが、色が違います。同じ個体?それとも別の?
f0053895_1632447.jpg


今日も桜のトンネルを抜けて、お店と雲見の間を行き来しました。
この時期だけのぜいたくです。
f0053895_16344152.jpg


水中の写真提供はIKUKOさん。ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2008-03-30 22:39 | Diving Log

春の日差しの雲見で4本! 【2008年3月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩ショートスタンダード
 2ダイブ目:牛着岩小牛の横→アウトサイド→グンカン
 3ダイブ目:牛着岩グンカン→ロック岩→-16mのアーチ
 4ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  ほぼなし
流れ  なし
波・うねり 午前中少々
気温  14℃
水温  15℃
透明度 10m〜20m
透視度 8m〜12m

f0053895_2235415.gif


お店から雲見に向かう海沿いの道は、桜の花でトンネルができていました!
f0053895_15443472.jpg


海の様子は若干うねりが残っているもの、静かです。
2本目のアウトサイドでは全長が3mは軽くありそうな大きなエイ(ウシエイ?)を発見。大きさがよくわかるように僕が近くに寄っていきました。が、腰が引けて、イマイチ近寄れ切れません。だって大きくて怖いんだもん!
f0053895_15452865.jpg


このベニカエルアンコウ、餌の小魚を飲み込んだばかりらしく、お腹が大きく膨れていました。カエルアンコウは自分と同じくらいの体長の小魚を平気で丸飲みしてしまいます。
f0053895_1548161.jpg


三競の穴はどれもきれいに光が差し込んで抜群にきれいでした。
ただ岩肌の海草、ホンダワラなどが潜るたびに大きくなっていて、穴の入口が見えなくなっている所もありました。
f0053895_1549812.jpg


下の写真はショップハウスに帰ってきて、2階のデッキから見た桜並木の様子。
我が家では、わざわざ出かけなくてもいながらにしてお花見ができてしまいます。
f0053895_15501022.jpg


今日は潜ったダイバーの方の他に、お花見だけしに来たゲストが3名、それから僕の中学時代の友人も家族4人で遊びに来てくれるなど、千客万来の状態になりました。
皆がそれぞれ食材を持ち寄ったので、すごいごちそうになりました。
まずは美味しい本場のキムチがたっぷり入ったキムチチゲ。
f0053895_15522141.jpg


炭火で焼く豚焼き肉。サンチュに巻いて特製のコチュジャンとネギを巻いて、ごま油に塩を溶かしたものを付けていただきます。う〜ん、ビールが美味しい!
f0053895_15551551.jpg


さらに、こちらは産地直送のマツバガニ!二匹はゆでて、一匹は炭火で焼いていただきました。身が甘〜い。
f0053895_15554933.jpg


まだあります!我が家では中学時代の友人のリクエストに応えて、地魚のお刺身を用意いたしました!東京では滅多にお目にかからないキンメダイのお刺身もふんだんにあります。
f0053895_15591762.jpg


デザートはわざわざ焼いて持ってきて頂いた手作りのゆずシフォンケーキ。上品な甘さで、ごちそうをたくさん食べたあとですが、別腹にすんなりと入っていきます。
f0053895_16375717.jpg


いやー、ダイビングも面白かったですが、夜はさらに盛り上がりましたね〜。
大勢で食べる食事って、おいしいですね。

水中の写真、および陸上の写真の一部はIKUKOさん提供です。ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2008-03-29 22:35 | Diving Log

幼児虐待と資本主義

26日付け毎日新聞(第12版)の15面、文化欄に「引用句辞典 不朽版」と題された記事があります。今回の副題は「幼児虐待 自己実現としての消費 しわ寄せは子供に」というもの。筆者は仏文学者の鹿島茂氏。

偶然手にした新聞で上記の記事を目にしました。最近よく聞く幼児虐待について、その原因を洞察した文章なのですが、なかなか含蓄に富む内容で、なるほど、と思う部分もあるので、下記に引用します。

(前略)
資本主義の本質とは、より多くの商品を消費者に買ってもらうことである。だが、商品の購入が「必要」に基づく限り、販売数は人口を超えて増えることはありえない。いいかえると、「必要」以外の購買動機を与えられない限り、需要は頭打ちとなる。
 そこで、資本主義が考え出したのは、自己実現としての消費というアイデアである。つまり、消費者が自分の価値を他人(あるいはもう一人の自分に)に認めさせようとしたとき、商品を買うしか方法がないように思い込ませることができれば、資本主義は「必要」の枠を越えて拡大できるのである。
 だが、消費者が自己実現としての消費を行うには、金を稼ぐこともさることながら、そのための時間もまた作り出さなければならない。ようするに、「面倒くさい」ことを極力省力化しない限り、消費に全エネルギーを傾けることはできないのである。
 ところで、「面倒くさい」ことの筆頭は育児である。育児ほど手間と時間がかかって、なおかつ報いられることの少ないものはない。
 ゆえに、自己実現としての消費(わかりやすい例がほしかったら、モノを買うことが幸せの根元と説くテレビ、新聞、雑誌の広告を見よ!)が進めば進むほど、自己実現の最大の敵である育児は真っ先に標的になり、ネグレクトされることになる。
(中略)
 いまや、日本中に「自己実現=消費」と考えるエンマ(フロベール著『ボヴァリー夫人』の主人公の名)が満ちあふれ、幼児虐待と育児放棄は無限に再生産されていく。資本主義が加速化する限り、この傾向に歯止めはかからない。(引用終わり)

さすがに僕も、すべての育児放棄の原因が行き過ぎた資本主義に起因するとは思いません。思いませんが、一面の真実をついていることも確かだと感じました。
そしてもうひとつ、上記とは逆のパターンですが、育児が自己実現の方法となっている人も結構多いように感じます。子供の為といいながら、子供の意志など顧みることなくいい学校、いい塾、と奔走する親。子供がいい学校に入れば、即それは親としての自分のステイタスになるわけで、実は子供をだしに使った自己実現の方法、と言えるでしょうね。

かといって資本主義の世の中を逆転するわけにもいかず、どこかでバランスをとる必要がありそうですねー。ってそれはどこなんだろ・・・。
[PR]
by idive | 2008-03-28 23:13 | 日本のこと

なにか大物出そうな雲見で3本! 【2008年3月25日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードプラス小牛の洞窟
 2ダイブ目:牛着岩小牛の横→大牛の洞窟→グンカン
 3ダイブ目:三競
天気  曇り時々晴れ
風向  東より
流れ  午前中下り
波・うねり 少々
気温  14℃
水温  15℃〜17℃
透明度 15m〜20m
透視度 8m〜12m
f0053895_2093745.jpg


今日の雲見、若干うねりがあるものの穏やかです。
f0053895_2010571.gif


一本目は島前でエントリーしてスタンダードコースを攻めます。途中小牛の洞窟に寄るなど、スタンダードの範囲を逸脱したスペシャルなコース。

水路の壁にはそこら中にウミウシがひっついてます。その中でも色がきれいなミアミラウミウシを激写!Hの穴を抜けて沖側へ出ると、もうそこはさかな、さかな、魚だらけ。なんでこんなに魚影が濃いのか、潜るたびに不思議になります。

あ、クエ。大きなクエが足下の暗がりにいたのに気づかず、一瞬のうちに逃げられてしまいました。そのクエの興奮さめやらぬうちに今度は大きな魚の群れ。なんとワラサです。いや、まだイナダクラスの大きさか。でも迫力充分。久しぶりにワラネードを堪能しました。

24アーチの中には通称クチグロといわれる大きなイシダイが二枚、穴の奥で周囲を威圧しています。

今日の雲見は下り潮が結構強く、若干のうねりもあり、ワイルドな雰囲気。
いかにもなにか出そうです。
f0053895_2020722.jpg


では、ということで2本目は小牛の横でエントリーして牛着岩の外縁部を横断するコース。かなりマンボウなど大物を意識しました。
途中、先ほど逃げたクエに再度遭遇。さらに別の場所でホンソメワケベラにクリーニングされているクエを発見。さっき見たばかりのクエよりさらに大きいです。
f0053895_20194692.jpg


また首の長い水鳥が水深20mほどの岩陰からひょいと飛び出して水面にまっしぐらに戻っていく所に遭遇。水面から潜ってくる所を見ていなかったので、最初はいったいどんな生き物が飛び出したのかわからず、鳥だとわかった時にはビックリしました。

3本目は三競。今日は天気良く洞窟内に差し込む光線がとても幻想的でした。
また三競もウミウシがたくさんいて、特にオトメウミウシ、ヒロウミウシ、サクラミノウミウシ、それから定番のアオとシロのウミウシは、それこそそこら中にいました。
f0053895_20234446.jpg


写真は今日のゲストが三競の三の穴、エアドーム直下の水深1mで撮った差し込む光の束です。まだ早春だというのに、すでに夏を思わせる力強い日差しの束でした。

こちらは四の穴、通称「宮殿」の内部です。もう説明の必要はありませんね。
f0053895_20281635.jpg


ゆっくりと3ダイブしても、潜り終わったのは2時前。雲見はこの無駄のないスケジュールも魅力ですね〜。(*^^*)
[PR]
by idive | 2008-03-25 20:30 | Diving Log

桜のつぼみ

f0053895_15415.jpg


今年はもう東京や静岡など何カ所かで桜が開花しましたね〜。

そしたらそんな陽気に誘われたのか、我が家の2階から見える桜を見に、今週末行きますね、とのご連絡が。
そこで、ちょいと桜のつぼみの様子を見に行ってきました。
我が家から見える桜並木はまだ開花した木がありませんでしたが、写真でご覧の通りもう今にも咲き始めそう。雲見に向かう道沿いの桜並木は、場所によって既に咲き始めている木もありました。

きっと今週末あたり、4、5分咲くらいになってちょうど見頃かもしれませんね。
我が家の2階デッキから花見をする予定です。(*^^*)
[PR]
by idive | 2008-03-24 15:07 | その他

春うららな雲見で3ダイブ! 【2008年3月22日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩クレバス→水路下の洞窟
 2ダイブ目:牛着岩ショートスタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩-24mのアーチ
天気  快晴
風向  なし
流れ  軽い上り
波・うねり 少々
気温  15℃
水温  15℃
透明度 15m
透視度 15m

お天気は快晴で春らしい暖かな陽気でした。海はべた凪。この時期これ以上望むべくもない最高のコンディションです。
f0053895_20313928.jpg


今日のゲストのうち、おひとりは12月にCカードを取ったばかり。初雲見です。お任せ下さい、そんな方でも雲見を十二分に楽しんで頂けちゃいます!
f0053895_203341.jpg


まずは一本目。ブイから潜降してスタンダードコースへ。なるほど、ちょっと潜降や中性浮力に苦労されていますね。牛着岩はアップダウンが多い地形。その分、中性浮力を取るのは大変ですが、逆に言えばいい練習になるんです。

牛着岩を初めて潜る方が陥りがちな罠のひとつが水路を入ってすぐの所。
大きな岩があってちょっと浅くなります。ここで浮力の調整に失敗して浮いてしまう方をよく見かけます。今日のゲストも浅くなる手前でちゃんとエアを抜いたのですが、少し抜き方が足りなかったのか浮き気味に。もう少し抜くように合図すると、体を起こしてエアを抜こうとするのですが、姿勢が良くなかったせいか思うように抜けず。そのままゆっくりと上がっていってしまいました。でも大丈夫、ちゃんとご自分ひとりの力で再潜降できました。

仕切り直してクレバスへ。ここは落差が7、8mもある所。こういう所では少しずつエアを入れながら落ちていきましょう。ですがここでも罠が。落ちながら入れたエアが足りなかったせいか、底についた時に沈み気味に。でも何度か経験するうちに最適な量がわかってくるはずです。

ここでエアチェック。はい、もう半分切ってしまいましたね。ではここから水路下の洞窟を通ってブイへ戻りましょう。三角穴を通る時はしっかりエアを抜きながら。
ばっちりです!ということで、一本目はスタンダードコースの1/4くらいを回った所で終了です。

2本目の目標は、先ほどよりももっと沖へ行くこと。一本目の経験がものを言って、先ほどよりも潜降がスムーズ。水路を入ってすぐ浅くなる罠の箇所も難なくクリア。すんなりとクレバスを落ちることが出来ました。

いよいよHの穴へ!おっとここには大きなクエがいましたね!
残圧チェックすると、う〜ん、ちょっと-24mのアーチまで行くには足りない感じ。ではショートカットを通ってたて穴へ行きましょう。途中キビナゴやマアジ、クロホシイシモチの群れがすごいですね!
ブイで浮上間際にかわいらしいベニカエルアンコウも発見。しっかりとカメラに収めました。
というわけで2本目は1本目よりもぐんと行動範囲を広げて、無事終了です。

さて、こんな天気が良くて凪ぎも良くて透明度もいい日は、もちろん3本目行きましょう!
3本目は、1本目2本目でだいぶ自由潜降も上手になってきたので、島前でエントリーといきましょう。島前エントリーは、ブイから水路までの行程を省くことが出来、その分行動半径が広がります。

ほぼ問題なく自由潜降も成功!慣れてきましたね。
途中ミアミラウミウシに遭遇してしっかり写真を撮ってから、Hの穴を通って島の沖側へ。
先ほどと同じ場所でまたまた残圧チェック!ここが運命の分かれ道です。f ^ ^ *)
おっと今回はたっぷり残っていますね。ではいよいよ-24mのアーチへ行きましょう!

ここは相変わらずのすごい魚の量。比喩でなく、前が見えないほどです。
アーチの中にはイシダイの老成魚、通称クチグロがでーんと鎮座。ライトを当てても逃げないのでじっくり見ることが出来ました。
穴を出た所ではニシキウミウシ発見!ミアミラと並ぶ大きくてきれいなウミウシのそろい踏みです。
ここからショートカットを逆に通ってまたHの穴へ。おっと、さっきはすぐに逃げてしまったクエに再度遭遇です。今回はばっちりと見ることが出来ました!!

今回のゲストは潜るたびに目に見えてスキルアップし、潜水可能な範囲も広がっていきました。透明度が良く明るい日差しが差し込むので地形を堪能でき、魚影の濃さも楽しめ、マクロのネタにも事欠きません。ダイビングを思う存分楽しみながら、知らないうちにスキルアップも出来てしまう。雲見っていい所ですよね〜。

こんないい場所、他にご存じですか???(*^^*)
[PR]
by idive | 2008-03-22 20:57 | Diving Log

ウミウシ三昧の雲見! 【2008年3月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛一周コース
天気  曇り
風向  ほぼなし
流れ  軽い上り
波・うねり 少々
気温  15℃
水温  15℃
透明度 15m
透視度 15m

最近晴れたり曇ったり、海も静かになったり波が出たりと落ち着きません。この時期はどうしてもめまぐるしく天候が入れ替わります。

今日は曇り。波は高い予報でしたが、東よりの風の為雲見は問題なしです。
久しぶりにカメラ片手に潜ってきました。
f0053895_17105796.jpg


エントリーすると、まずはイロカエルアンコウ君に遭遇。きれいな黄色です。
f0053895_17115419.jpg


その側にいたハナタツ。
f0053895_17122025.jpg


春は、恋の季節の始まりでもあります。ヒメギンポのオスが顔を黒い婚姻色に変化させて、しきりにメスに言い寄っていました。
f0053895_17133234.jpg


-24mのアーチ周辺は相変わらずのすごい魚影です。透明度も浮遊物はあるものの見えている状態。15mは確実な所です。
f0053895_171455100.jpg


浮上間際、ブイの側でもう一匹ベニカエルアンコウを発見。今、牛着岩のあちこちでカエルアンコウの目撃情報があります。今日僕は3匹見ましたが、他にもいろいろ、牛着岩の周辺に全部で7、8匹はいるようです。
f0053895_17273296.jpg



またこの時期は色々なウミウシが楽しめる時でもあります。
まずはミアミラウミウシ。極彩色の体色が見応えあります。
f0053895_17202492.jpg


サガミリュウグウウミウシ。今日は2個体発見しました。
f0053895_17205345.jpg


ヒブサミノウミウシ。ちっこくて、カメラに収めるのが大変でした。
f0053895_17214053.jpg


ムカデミノウミウシ。もうちょっと可愛い名前にしてあげたらいいのに。
f0053895_1722739.jpg



他にも常連のアオウミウシやシロウミウシ、サラサウミウシなんかも見かけました。
もうひとつ。ちょっと名前がわかりませんでした。そもそもウミウシ?
f0053895_1723337.jpg


体長は1センチから2センチくらい。離れた場所でそれぞれひとつづつ、全部で3個体ほど見かけました。海の中はまだまだわからないことだらけですね。(*^^*)
[PR]
by idive | 2008-03-21 17:24 | Diving Log

レモンとハナミズキ

今日、2本の苗木を植えました。
ひとつめは駐車場に。赤い花の咲くハナミズキです。
f0053895_16134683.jpg


ちょっと斜めですね。既に風にあおられ気味です。f ^ ^ *)

もうひとつは畑の隅っこに。レモンです。
f0053895_16141788.jpg


レモンは早く実がなるようになるといいなぁ。
そうしたら無農薬のレモンが簡単に手に入るから、料理とかいろんなことに使えそう。

どちらの木も、無事、大きくなりますように。
[PR]
by idive | 2008-03-17 16:15 | 家のあれこれ

松崎の花畑

この時期恒例の田んぼをつかった花畑です。
f0053895_1683225.jpg


花畑の中には温泉の噴塔もあり、足湯につかることが出来ます。
f0053895_1692949.jpg


今咲いているオレンジの花はアフリカキンセンカ。またこの側の川沿いは1200本のソメイヨシノがあって、桜が咲く時期には、田んぼの花畑と相まって、素晴らしい風景が楽しめます。
f0053895_1611410.jpg


今年は桜の開花が少し早くなるそうですね。
今月最後の週末辺り、花の見頃となるのでしょうか。
我が家でも、2階デッキから見える岩科川沿いの桜が、どんな風に見えるのか今から楽しみです。
[PR]
by idive | 2008-03-16 16:07 | 気になるお店

畑に畝を作る

今年は畑を作ってみようと思うわけです。
家を造る時に、わざわざそのためのスペースを設け、土まで運んでもらいました。
これだけ大見得切っておいてなんにもしないのも気が引けます。

なので今日は畑を少し耕して雑草を抜き、畝(うね)を作ってみました。
f0053895_22252450.jpg


四隅の棒は畝の大きさの参考にする為のものです。結構高めに作ります。

僕は自慢じゃありませんが、今までまったく土いじりをしたことがありません。
畑どころか、プランターひとつ、鉢植えいっこ作ったことがありません。
それがいきなり畑を作るって言うんですから大変です。そもそもまず何をどうしていいかもよくわかりません。

そこで。

いいの見つけました。
これです。
f0053895_22311822.jpg


人呼んで「だれでも作れる永田野菜DVD」全10巻!
野菜作りの初心者の為に懇切丁寧にいろはのいから教えてくれます。

今日は第一巻の畑の畝の作り方の所を見て、予習してから畝作りにかかったのでばっちりでした。(って意気込むほど難しいもんじゃありませんでしたが)

まあ、どうなることやら。
おいしい野菜が収穫できるようになるといいんですけど。
[PR]
by idive | 2008-03-15 22:34 | 日々の生活