<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

減圧症?と疑うその前に

ここ数年、僕の周りでも減圧症になってしまった、という話をよく聞くようになりました。
その一方で、僕はプロのガイドですからシーズン中は毎日潜りますし、ゲストの数が多い時は一日に4本、5本と立て続けに潜ったりもします。そんな自分がならないのに、普通のダイビングをしただけで減圧症になる物だろうか、との疑問があったのも正直なところです。

そんな疑問に、ひとつの回答を与えてくれる雑誌記事を見つけました。
「マリンダイビング」11月号(現時点での最新号)に掲載の「せい子のダイビング110番『その症状、本当に減圧症ですか?』」です。

この記事によると、そもそも減圧症の症状とははっきりとしたもので、ダイビング終了後20分以内に海岸で倒れてしまったり、腕が倍以上に腫れてしまったりするものだそうです。
逆に言えば何となく痛い、しびれる、といったケースはほとんどが減圧症ではない、と考えられるそうです。

この記事では、ネットに氾濫する体験談の功罪についても触れられていました。上記のようななんとなく減圧症かも、と漠然とした不安に悩まされている時に、ネットを検索して様々な体験談を読めば、そりゃぁ不安にもなり、やがては自分は減圧症だと思いこむに至ってしまう、というのです。

ちなみに、このせい子先生のクリニックにも、こうした「減圧症かも」という疑いを持ったダイバーが大勢来るそうですが、今夏は一人も本物がいなかったそうです。
ダイビングから帰ってきて、数日間悩んだあげくに来院する。名前を呼ぶと元気な返事があり、自分でドアを開けてまっすぐに先生の所まで歩いてくる。この時点でせい子先生は「まず違うな?」と思われるのだそうです。本物なら来院するまでの数日間に、普通に仕事をしたり、自分でクリニックに来院することは出来ないはずだ、とも。

ダイビングに行けば普段使わない筋肉を使ったり、緊張したりして、肩こりになったり筋肉痛になったり、といったこともあるでしょう。肩がこれば腕や指先がしびれる、といった症状も出るわけで、それを減圧症かも、と必要以上に深刻に捉えて病院へ行く。

行った先でしびれなどの不定愁訴を訴えれば、疑わしきは減圧症、ということになり、まずはチャンバーヘ、という運びとなります。

しかしせい子先生曰く「減圧症でないのにチャンバーに入ることは百害あって、いいことは」なんにもないんだそうです。

ここで先生は活性酸素の危険性を訴えています。ただでさえ、ダイビングをするということは高圧の空気を吸って運動をしますし、日焼けでも活性酸素が増えます。自分が減圧症では、と疑っている人はそのストレスからさらに活性酸素を増やしてしまう結果になるのです。

そこへだめ押しのようにチャンバーヘ入って高圧の酸素を吸う治療を行うわけですから、活性酸素が体内に相当たまってしまうわけです。

僕は、活性酸素がそもそもなんなのか、こいつが増えると、どう体に悪いのかピンと来なかったので、Wikipediaで調べてみました。一部引用します。

「活性酸素・フリーラジカルは生命を維持するために無くてはならないもので、(中略)しかし全ての活性酸素・フリーラジカルが水になる訳ではなく、余った活性酸素・フリーラジカルは細胞に損傷を与える。」

さらにせい子先生の記事によれば、「活性酸素は老化や種々の病気の原因」だし「正常細胞を破壊するのは当たり前」で、さらには「ガンのスイッチが入ったりする可能性もある」とのこと。
おお、コワイコワイ。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしってわけですね。

なるほど。ではダイビング後に「減圧症かも」と不安な日々を過ごさないようにするにはどうすればいいのか。

● ダイコンでDECOを出さない。
● 水面休息は長めに取る。
● なるべく日光を避ける。
● 水分を多めに取る。

● 一番問題なのは早すぎる高所移動。これを避ける為にダイビング後はゆっくりとお茶でも飲みながらロギングや片づけをして、充分時間をあけてから出発する。

● 海外など、飛行機に乗る予定のある人は、しっかりと時間をあける。
● 熱い温泉や激しい運動なども問題視されているが、温泉で減圧症にかかった例は未だに無い。しかし熱い温泉に飛び込めば血管が収縮するので引き金にならないとも限らない。

● またインターバル中に運動不足を解消しようとして遠泳し、減圧症を発症した例がある。ダイビング中の激しい運動は控えるべき。

上記のようなことに気をつけていれば、アマチュアのダイバーが減圧症を発症するリスクは低いと言えます。どこでダイビングするにしてもスケジュールには充分余裕を持ち、無理をしなければ安心なんですね。

せっかくの楽しいダイビングが不安の種とならないよう、上記のようなことを参考にしていただければ、と思います。
[PR]
by idive | 2008-10-30 10:35 | 海の話

ヒレネジのいる雲見でダイビング 【2008年10月28日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩クダゴンベ狙い
 2ダイブ目:牛着岩ヒレナガネジリンボウ狙い
天気 晴れ
風向  西より弱い
流れ  下り潮少し
波・うねり ほとんど無し
気温  21℃
水温  23℃〜24℃
透明度 18m〜20m
透視度 12m〜15m

船の上からゲストが撮影した、私越しの牛着岩。
f0053895_1838532.jpg


f0053895_20162149.gif


今日のゲストは今月だけで3回目のご来店。ありがとうございます!
デジカメで気ままに可愛い生物を撮影することが大好きな今日のゲスト。最近の牛着岩の最大の売り、クランクから24アーチにかけての小魚の大群は既に充分堪能された、とのこと。それよりも可憐な生物をカメラに収めたい、とのリクエスト。

ならば、まずはこれでしょう!
f0053895_1842973.jpg


そう、クダゴンベです。まずはここで15分ほども撮影大会。心ゆくまでシャッターを押しましたが、何しろ早い!ちょこまかと動き回る上に今日は軽い流れもうねりもあり、体を固定することが難しく、いい写真を撮るのは難しかったですね。

クランクの出口にいるベニカエルアンコウ。岩をしっかと掴んだお手々、じゃなかったヒレがかわいいですね。
f0053895_18431317.jpg


いつもは暗がりにひっそりと浮かんでいるクエ君。今日は随分と開けたとこにいました。
f0053895_1844695.jpg


このクエ、100才まで生きる、というのは本当なのでしょうか??

興味がない、とは言え通る時にどうしても目に入るクランクのキンメモドキ大群。
f0053895_1845793.jpg


湾内には相変わらずピンクのイロカエルアンコウが鎮座。ベニカエルアンコウは岩やカイメンなどにぴったりと体を寄せていますが、イロカエルアンコウは、でんと目立つところに乗っかっているのが特徴です。
f0053895_18464617.jpg


はまゆの潜降ロープにはこの人。ツバメウオの若い個体。
f0053895_1849564.jpg



さて、2本目はいよいよヒレネジ事ヒレナガネジリンボウを探しに出かけました。前々からその存在は噂されていましたが、いる場所が何しろ牛着岩の端っこ。その為だけに1ダイブ使う気にならないと行けません。

しかし今日のゲストは、スタンダードコース上の群れ群れには既に食傷されている方。ヒレネジを探しに行く絶好のチャンス到来です!

そして・・・。
f0053895_18511864.jpg


無事発見いたしました。

透明度がいいのでかなり手前からいることが分かりました。なので驚かさないようにそっと近づいていったのですが、ネジリンボウの巣の上にいたハナハゼの子供がすごい勢いで巣に飛び込みました。そのせいでせっかく2匹いたネジリンボウ達も隠れてしまい、結局我々がいた10分ほどの間に1匹は姿を見せてくれましたが、2匹目はとうとう現れず終いでした。

この他にもヒョウモンダコメガネスズメダイの幼魚、ヒュプセロドーリス・クラカトア、ガラスハゼ、キタマクラをクリーニングしそうなアカホシカクレエビのペアなどを、それぞれたっぷりとゼイタクに時間を使いながら、観察することが出来ました。

今日の画像提供は下関智子氏。ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2008-10-28 19:04 | Diving Log

クダゴンベのいる雲見でダイビング 【2008年10月27日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩クダゴンベ狙い
 2ダイブ目:牛着岩クダゴンベ狙い
天気 うす曇り
風向  西より
流れ  なし
波・うねり 風波強し うねり少々
気温  21℃
水温  23℃〜24℃
透明度 18m〜20m
透視度 12m〜15m

大きさは5cmくらい。かわいらしいです。
f0053895_16305592.jpg


昨日発見されたクダゴンベ。僕は昨日の時点では場所を特定できず、今日初めて見ました。
2ダイブとも、このクダゴンベをじっくりと見て帰ってくるコース。可憐で珍しい生き物を思いいっきり堪能できました。
f0053895_16375082.gif


もちろんクダゴンベ以外にもイロカエルアンコウベニカエルアンコウヒュプセロドーリス・クラカトアメガネスズメダイの幼魚マツカサウオの幼魚クリアクリーナーシュリンプソリハシコモンエビネンブツダイキンメモドキの大群、クエカンパチなどを見ることが出来ました。

僕らが1本目クダゴンベを見に行った後、別のチームが探しに行ったのですが、いくら探しても見つからなかった、と言って帰ってきました。さては、もうカサゴなどの捕食者に食べられてしまったか、と心配になってもう一度見に行きましたが、大丈夫。ちゃんと健在でした。

ですが、いついなくなるか、本当に分かりません。こういうのって、一期一会ですね〜。
今日、クダゴンベ君に会えたことに、まずは感謝したいです。

f0053895_1642389.jpg


雲見は今日も西風で水面がばしゃついていましたが、水中へ入ってしまえば静かな物です。今日はほんの少しうねりもありましたが、ダイビングに影響するほどではなく、うねりに弱い三角穴も問題なく通過できました。

透明度は相変わらず良く、流れも無し。平日まったりダイビング、満喫です!(^^*)♪
[PR]
by idive | 2008-10-27 16:59 | Diving Log

荒れているのは水面だけの雲見 【2008年10月26日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩逆スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩小牛の洞窟
天気 うす曇り
風向  西より
流れ  なし
波・うねり 風波強し うねり無し
気温  22℃
水温  23℃〜24℃
透明度 18m〜20m
透視度 12m〜15m
f0053895_20294353.jpg


今日は西風が強く、水面はかなりばしゃばしゃしていました。が、荒れているのは水面だけ。水中へ入ってしまえばうねりも流れもなく、透明度は良好。もちろん問題なくダイビングできました。ただ午後になるにつれ、波は高くなる傾向にありましたが。
f0053895_20382067.gif


1本目はやはり、クランクにぎっしりと群れているキンメモドキやネンブツダイ系の魚を見に、スタンダードへ。
f0053895_20394386.jpg


クエも、大勢ダイバーが潜る週末にもかかわらず、24アーチ周辺に2匹いて、我々を楽しませてくれました。
f0053895_20404182.jpg


水深20m付近から見上げると、水面が見えます。相変わらず透明度のいい状態が続いています。そして中層には今日もカンパチやヒラマサ、そしてシイラらしき魚の姿も。
f0053895_20421610.jpg


これら回遊魚たちに狙われているのが、キビナゴの群れ。
f0053895_2043595.jpg


おっと画像を間違えました。
f0053895_20433649.jpg


また、湾内では、新たなウミウシの発見です。
f0053895_20443386.jpg


これは「本州のウミウシ」P209に載っているホクヨウウミウシ科の仲間(No.444 TRITONIDAE sp.1)と思われます。かなり大型種で、体長は12cmくらいありました。

2本目も群れと地形を存分に堪能しました。
f0053895_20514526.jpg


-24mアーチ付近にいる大きなハナミノカサゴ。
f0053895_20523458.jpg


「はまゆ」のブイには相変わらずツバメウオの若魚が。正面顔です。
f0053895_20532553.jpg


これは湾の左側に突き出た、トンビ岩越しに見た牛着岩ですね。
f0053895_20552094.jpg


今日の画像提供は、Finepix F100fdユーザーの李氏。ありがとうございました!
明日も西風が強い見込み。雲見がクローズになるかどうかは、朝の段階での判断となるようです。
[PR]
by idive | 2008-10-26 20:48 | Diving Log

雲見でさくっと速攻ダイビング 【2008年10月25日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩-16mのアーチ
 2ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
天気 うす曇り
風向  東より
流れ  下り潮
波・うねり 若干のうねり
気温  23℃
水温  23℃
透明度 18m〜20m
透視度 12m〜15m
f0053895_18197.jpg


薄曇りでしたが、時々日も差して問題なくダイビングできました。
f0053895_1821274.gif


今日のゲストは初・伊豆、初・雲見。スキルにちょっと自信がない、とのことでしたので、一本目は深度に高低差の少ないコースを選択。
雲見は、ダイバーのレベルに応じたコース取りを臨機応変に組み立てられるところがいいですね。

中性浮力の練習を兼ねて湾内をのんびりと泳ぎ、着底して岩の亀裂をのぞけば、そこにはオトヒメエビのペアやショウジンガニノコギリヨウジ、そして体長1cmほどのマツカサウオの幼魚などがいました。

-16mのアーチにはツマグロハタンポがぎっしりと群れ、砂地にはテンスがゆらゆら。
ブイの側の岩には相変わらずピンクのカエルアンコウ。そしてヒュプセロドーリス・クラカトアも場所を30cmほど移していましたが、健在でした。

2本目はスキルにも自信がついたことだし、満を持してスタンダードコースへ。
Hの穴を出たところ、通称クランクには今日もぎっしりと魚が詰まっています。水深の浅いところにはキンメモドキが、深いところにはネンブツダイやクロホシイシモチが群れています。そして、暗がりにはゆら〜りとクエが。ライトを当てると狭い隙間に逃げ込んでしまいましたが、その隙間をライトで照らすと、でかい正面顔が!まったく、この場所だけでも、ほんと心ゆくまで遊ぶことが出来ます。

さらに、クランクから-24mのアーチ方面へ。ここにもクロホシイシモチやネンブツダイの若魚がぎっしりと群れています。ここはクランクに比べて空間が広いので、また雰囲気の違う群れですね。

24アーチのテングダイのペアに挨拶してからたて穴を抜け、三角穴を通って湾内へ。きっちりとスタンダードコースを回って、無事ブイへと帰り着きました。まあ、ブイまで戻れないことなど無いのですが。f ^ ^ *)

今日は2本で終了だったので、午前中で潜り終わりました。お弁当を食べて器材を片づけても1時半には雲見を後にするという素早さ。
帰りはいつものようにケーキを買って帰り、食べながらのロギング。このひと時が、とてもゼイタクです。
[PR]
by idive | 2008-10-25 19:13 | Diving Log

海の生き物画像たっぷり

「アイダイブの雲見の生き物」ブログに画像を追加しました。

新しい生物の他に、今までにアップされていた生き物にも画像を追加しています。
画像は主に、今月当店で潜って下さったゲストからいただいたものを使用しております。画像を快く提供して下さった方々、この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2008-10-24 22:05 | 海の話

「10月はたそがれの国」 【2008年10月23日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩マンツーマンカメラ三昧
 2ダイブ目:牛着岩島裏→大牛一周
天気 うす曇り午後から雨
風向  東より
流れ  下り潮
波・うねり 若干のうねり
気温  22℃
水温  23℃
透明度 12m〜15m
透視度 6m〜10m
f0053895_1952278.jpg


今日も昨日に引き続き、ゲストの神野氏と思う存分カメラを楽しむ2ダイブです!
f0053895_1945930.gif


神野氏は昨日3ダイブして、地形は充分堪能しました。しかも今日はマンツーマンダイブ。それじゃあ、誰にも気兼ねなく、撮りたいだけ写真を撮っていただきましょう!
ということで、1本目は気に入った被写体を見つけた場所でゼイタクに時間を使って撮影しました。神野氏は私と同じFujiFilm社製Finepix F31fdユーザーです。

まずメガネスズメダイの幼魚。動きが速く小さいので苦労します。
f0053895_19131967.jpg


キリンミノ。色が凄くきれいに撮れました。しかし、このキリンミノ自体には、あまり元気が無いように感じられます。
f0053895_198691.jpg


ベニカエルアンコウ。岩と岩の狭い隙間にいます。今日はマンツーマンでしたので心ゆくまで撮影できましたが、ゲストの数が多い週末などは、このカエルアンコウ君をお見せするのは、ちょっと無理かも。まあ湾内のとても見やすい場所にピンクのカエルアンコウ君がいるので問題ありませんが・・・。
f0053895_1916583.jpg


キンメモドキ。相変わらずすごい数で固まって群れています。
f0053895_1918396.jpg


2本目は、久しぶりに長い距離を泳ぐコース。
きれいな色のイソギンチャクに乗っかったイソギンチャクエビのペアを発見!絶好の被写体です。
f0053895_19191449.jpg


大牛の洞窟内も、面白い被写体がたくさん!まずはこの人。サクラテンジクダイ。
f0053895_19255736.jpg


鮮やかな色彩と、どこか剽軽なその容姿が印象的。ベニオウギガニ。
f0053895_19265358.jpg


小さいです!親指の爪ほどの大きさしかありません。マツカサウオの幼魚。
f0053895_19275768.jpg


大きなウミトサカの上で見つけました。スケロクウミタケハゼ。
f0053895_19302025.jpg


そして最後。本日の最大の収穫はこの美しいウミウシ。和名はありません。ヒュプセロドーリス・クラカトア。他店ガイドさんが昨日発見して、今日場所を教えてもらいました。
f0053895_19312956.jpg


今日の画像提供は神野氏。2日間、魚影の濃い雲見で地形も魚の群れもマクロもたっぷりと楽しんでいただきました。ありがとうございました。

標題の「10月はたそがれの国」はレイ・ブラッドベリの傑作短編集。
[PR]
by idive | 2008-10-23 19:32 | Diving Log

群れっ群れっ群れっ! 【2008年10月22日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩小牛横→ハーフスタンダード
 2ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩小牛の洞窟→ブルーコーナー→水路
天気 曇り
風向  東より
流れ  下り潮少々
波・うねり 若干のうねり
気温  22℃
水温  23℃
透明度 12m〜15m
透視度 6m〜10m
f0053895_225488.jpg


今日も凄く静かでした。
f0053895_226087.gif


今、牛着岩周辺が熱いです。幾つかのエリアで、種類の違う魚がもの凄い数の群れを形成しています。

まずひとつは小牛の裏のキビナゴの大群とそれを狙うカンパチたち。
f0053895_22175371.jpg


二つ目は、Hの穴の出口、通称クランク付近にいるキンメモドキの大群。
f0053895_2218292.jpg


この密度の濃い群れを見て下さい。
f0053895_22185953.jpg


そして3カ所目は24アーチ周辺のテンジクダイ系の魚の大群です。

今日潜った3本のコースは、これらのサイコーにエキサイティングな場所を、深度や進入経路を変えながら幾度も通るコース。だってこれらのホットスポットは何度通っても飽きないほど面白いんですもの。

今日は平日で波止場も海の中もあまりダイバーがいなくて、静かでした。なので各ポイントで思う存分写真が撮れましたね。平日ならではです。

そうそう。ここしばらく、ダイバー達を楽しませてきたピンクのカエルアンコウが、行方不明となってしまいました。お気に入りだったジュズエダカリナを去り、いずこかへと旅立ってしまったのです。

しかし、幸いなことに数m離れた岩場の上で再発見されました。
f0053895_22351535.jpg


真正面からのどアップ。そしてここまでの画像提供は神野氏。ありがとうございました。

そして今日、もうひとりのゲスト、廣瀬氏からも画像をいただきました。
廣瀬氏のピンクカエルアンコウ。
f0053895_22364626.jpg


ミヤケテグリ。
f0053895_22375518.jpg


小牛の洞窟にいる、ホムラチュウコシオリエビ。
f0053895_22383493.jpg


オキゴンベ。背びれの先のふさふさがかわいいですね。
f0053895_22385853.jpg


最後は、メガネスズメダイの幼魚。
f0053895_2240582.jpg


思う存分、大量の魚群を楽しんで、お腹いっぱいで今日も無事終了です。(*^^*)
[PR]
by idive | 2008-10-22 22:41 | Diving Log

クエックエックエッ。【2008年10月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩洞窟巡り
 2ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
天気 晴れ
風向  東より
流れ  ちょうどいいカンジの下り潮
波・うねり なし
気温  24℃
水温  23℃
透明度 20m
透視度 15m
f0053895_15481370.jpg


f0053895_1548389.gif


1本目。いつものようにクレバスを落ちて、Hの穴へ入っていくと、左手の横穴にクエがいるのが見えました。大急ぎでゲストを呼んで、クエを撮影。しかし、このときは暗がりにクエがいたせいもあって、撮影はうまく行きませんでした。もちろん、目ではばっちりと、しかも結構長い時間見ることが出来ました。

クランクには、雲のように刻々とその群れの形を変えるキンメモドキ。
f0053895_15511657.jpg


f0053895_15513492.jpg


f0053895_1551544.jpg


f0053895_15521262.jpg


たっぷりと堪能していたら、時間が過ぎてしまいました。ではここから引き返しましょう。

あ、またクエ!
先ほどすっと逃げていったクエが、戻ってきていたみたいです。
いやー、たっぷりとクエを堪能できました。

2本目は島前でエントリー。するといきなりキビナゴを追いかけ回すカンパチの群れに遭遇。
そのあと、先ほどとは違うコース取りで、Hの穴へ。すると案の定クエ発見!さっきと同じ位置です。でもコース取りが違うので見え方が全然違います。
f0053895_15555645.jpg


その全身をばっちりと捉えることに成功!
f0053895_15564046.jpg


あまりに近すぎて、ピントが合わない!?
f0053895_1557890.jpg


1本目に続き、2本目もたっぷりとクエを楽しむことが出来ました。
このあと、24アーチではネンブツダイとクロホシイシモチの大群。大きなイシダイやテングダイのペアなどを見ました。

コースの最後は三角穴。ここは迷宮の出口であり、差し込む光が美しい絶好の撮影スポットでもあります。
f0053895_160185.jpg


下から上を見上げると、先に穴を通ったバディが手を振っていました。(*^^*)
f0053895_1603520.jpg


湾内ではピンクのカエルアンコウやツバメウオの若魚を楽しんで、今日も無事終了です!

今日の画像提供は根本氏。ありがとうございました!!
[PR]
by idive | 2008-10-21 16:01 | Diving Log

 「地球の長い午後」  【2008年10月20日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩アウトサイドドリフト
 2ダイブ目:牛着岩小牛の洞窟→水路
 3ダイブ目:三競
天気 晴れ
風向  東より
流れ  ちょうどいいカンジの下り潮
波・うねり 波はなし うねりが出始めた!
気温  24℃
水温  24℃
透明度 15m〜20m
透視度 12m〜15m
f0053895_2034594.jpg


写真からではよく分かりませんが、若干うねりが出始めました。
しかし今日も天気よく、海の中は穏やかな秋の陽が差し込んで、素敵でした。
f0053895_20352321.gif


1本目は牛着岩の沖側をぷちドリフト。ほんとのドリフトのように最初から最後まで潮に乗りっぱなし、流されっぱなし、ってわけには行きませんが、それでもかなり「気分」は味わえます。

今日も小牛の横手でエントリーすると、いきなり周囲をキビナゴに巻かれるという贅沢な展開。しばらくの間、日差しにきらきらと輝くその魚体が描く複雑なパターンを楽しんでいると、雲見の悪たれ小僧集団、カンパチが24、5匹の群れで登場しました。

いつものカンパチの常でダイバーの目の前をゆっくりと、しかも行きつ戻りつ何度も何度も行き過ぎます。こちらとしては迫力のある捕食シーンを見たいのですが、もう今朝はお腹いっぱいなのか、なかなかやってくれません。集団で何度もキビナゴを追いつめ、その密度を濃くし、逃げ場を無くしているのに、です。
まったく小面憎いというか、悪たれ集団の面目躍如です。

また一瞬ですが、体側に特徴のある文様の入った紡錘形の魚が二匹、超高速で水面下をキビナゴに突っ込むのが見えました。あれはカツオの仲間ですねー。ほんとに、雲見には色々な回遊魚がやってきます。

2本目はがらりと趣向を変えて、思いっきり穴巡りしました。
途中24アーチやHの穴付近にはクエがいて、至近距離で見ることが出来ましたし、クランクには今までいたクロホシイシモチやネンブツダイとは別に、キンメモドキの群れが登場です。これまた群れの密度濃く、刻一刻とその群れの形を変えるので、ダイバーを楽しませてくれます。

そして3本目は三競。
平日でたっぷりとスペースのある波止場。人のいない風呂。そして三競でも他のダイバーには会わず仕舞い、と、平日の良さをたっぷりと満喫。

大満足のうちに今日も無事終了です!

※そうそう。表題の「地球の長い午後」はブライアン・W・オールディスって人の書いたSF。平日ののどかな波止場の雰囲気に何となくマッチする題だと思って、使わせてもらいました。
[PR]
by idive | 2008-10-20 20:49 | Diving Log