<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

潜るたび新たな発見がある雲見【2010年1月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛一周
 3ダイブ目:牛着岩グンカン→-16mのアーチ→湾内
天気 晴れ
風向 西よりの風少々
流れ 下り潮少々
波・うねり 風波とうねり有り
気温 11℃
水温 15℃
透明度 〜18m
透視度 〜15m
f0053895_23164775.jpg


朝の雲見は風波がけっこうあってオープンが危ぶまれましたが、湾内でのエントリーエキジット限定でオープンできました。雲見に潜れさえすれば問題なしです。(*^^*)
f0053895_2331988.gif


今日は初・雲見のお客様と、雲見でのダイビングが100本目を迎えるお客様とがいました。
初めてのゲストにはもちろん雲見・牛着岩の魅力を存分に知って頂き、雲見だけで100本の経験の
あるゲストには、さらに新しい発見をして頂く。そんなつもりで潜りました。力不足ですが、少しでも目標は高く、です。(⌒^⌒)b

今日の新発見といえば、ひとつはウツボの上にいた謎の生物です。ウツボ自体はありふれた普通の生き物ですが、今日ひょいと目についたウツボには、何やらその体表に小さな生き物が。
小さいうえに色は保護色、そして動きも速い、となるとじっくりと眺めてもそれがどんな生き物か見極めることが出来ませんでした。でも少なくとも数匹は確かにウツボの上をかなり速い速度で動き回っていました。

クリーニングするエビの類でもなさそうだし、寄生虫のように動かないわけでもない。いったいこの生物は何なんでしょう・・・?

もうひとつ、小さな発見ですが、体長3cm位の小さなアオサハギのお腹がぽんぽこりんに膨れていました。カエルアンコウの仲間のようにほかの魚を丸飲みするとも思えないので、これは産卵の準備なのでしょうか・・・?

まだあります。こちらの画像をご覧下さい。
f0053895_23432036.jpg


大きさは3から4cmといったところでしょうか。ウミウサギガイのようなタカラガイの仲間と思いますが、イボイボの先が黄色い外套膜を持った貝を見たことがありません。図鑑にも載っていないし、今のところ謎の貝です。

こちらは湾内のブイで浮上間際に見かけたユビワミノウミウシらしきもの。そうだとすれば久しぶりに見かけました。
f0053895_20434363.jpg


こちらも久しぶりの登場、ルージュミノウミウシです。ガヤに体ごと巻き付いているのでしょうか。
f0053895_23481386.jpg


中層にはキビナゴが途切れることなく川のように流れ、大きなマダイが何匹も浮いています。暗がりにはテングダイや、イシダイ老成魚、めまぐるしく色を変えるボウズコウイカ等々。

地形に魚の群れ、大きい生き物、小さい生き物と今日も盛りだくさんの内容で無事終了いたしました!

バリへのお誘い
[PR]
by idive | 2010-01-30 23:54 | Diving Log

マンボウ再び@雲見・牛着岩

なんと、雲見・牛着岩で今月2度目のマンボウ情報です。
ゲットしたのは知り合いの現地ガイドさん。-26mのアーチを出たところで目撃した、とのことなので、やはり僕が言うところの「マンボウライン」上ですね。

マップに新たな情報を追加しました。
f0053895_1043519.gif


これで12回出現したうち、1月が3回目ですね。1月2月は1年のうちでもダイバーが少ない時期なのに5月に次ぐ目撃情報があるということは、実は結構マンボウは牛着岩周辺に現れているのですが、単に我々ダイバーの目に触れないだけなのでしょうか?

ちなみに今回も水温は15℃。低い時期に現れる、という傾向に合致しています。
[PR]
by idive | 2010-01-29 10:09 | 海の話

Appleが今度は「iPad」発表!

もうしばらく前から、アップルユーザーの間では、キーボードのないタブレット型のパソコンを、アップルが出すんじゃないか、との憶測が広まっていました。

それが今日、ついに現実のものとなりました。
f0053895_21135571.jpg


アップルは今までにも初代iMacやiPod、iPhoneといった今まで世の中に無かった製品を送り出して、大げさに言えば生活習慣までもを変えてしまう、といったことを成し遂げてきました。

今度のこれも、そのような大ヒットになるのでしょうか?
既に他のメーカーにも似たような製品の計画があるそうです。でも僕は15年越しのアップルユーザーなのでひいき目かもしれませんが、アップルが出した製品は初めから完成度が高く、他のメーカーの後発の製品は、似てはいるもののアップル製の製品には遠く及ばない、というのがこれまで繰り返されてきたように思います。

「アップル、新カテゴリーの製品『iPad』を発表」

日本での発表はまだ先のようですが、楽しみですね〜。わくわくします。
目が離せませんね。(⌒^⌒)b
[PR]
by idive | 2010-01-28 21:20 | その他

青い海を存分に楽しむ雲見【2010年1月26日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩ショートスタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛の洞窟→-24mのアーチ→水路
天気 快晴
風向 ほぼ無風
流れ 下り潮少々
波・うねり 風波とうねり有り
気温 10℃
水温 14℃
透明度 20m〜
透視度 15m〜
f0053895_17284376.jpg


若干風波がありますが、まずまずの海況です。風が無く太陽が出ていたので、実際の気温よりは暖かく感じました。
f0053895_17304564.gif


今日のゲストは初ドライの方おふたり。最初はブイ潜降してのんびり湾内で、と思ったのですが、エントリーしてみると、意外にいけちゃう感じ。じゃ、いきなり水路を通って洞窟巡りに行ってみますか!

無事にクレバスを落ちてHの穴を通過して。このトンネルからクランク方面を見ると、まるで黒い額縁に納まった水中写真のような光景に出会えます。
f0053895_1734664.jpg


透明度がよく、水深20m付近からも水面がよく見えていました。
f0053895_1737966.jpg


幻想的な風景ですね。
f0053895_1737512.jpg


今日、画像を提供して下さったのはHARUNAさん。クリアな水中景観にすっかり心を奪われたらしく、印象的な風景写真が多かったですね。(*^^*)
f0053895_17382121.jpg


1本目はシロハナガサウミウシムチカラマツエビスイートジェリーミドリガイアオリイカイシダイ、それから去年10月の台風で姿を消して以来久しぶりにシロタエイロウミウシを見ることが出来ました。

2本目は小牛の洞窟へ。
入口付近の壁には白いハナタツオルトマンワラエビがスタンバイ。
穴の中に入るとボウズコウイカムスメウシノシタ、ハート形のしっぽが印象的なアカネテンジクダイ、透明で目をこらしてみないと見ないとわからないソリハシコモンエビ、そして定番のこの方、ヒメセミエビ(下記画像)などが出迎えてくれます。
f0053895_1744438.jpg


穴を出ていく私。モデルはともかく、すごく雰囲気のある写真ですね。今日のイチオシです。
f0053895_17504117.jpg


洞窟を出ると、中層にはキビナゴの大群とそれを追うマダイたち。

-24mのアーチ周辺にはツマグロハタンポネンブツダイといった小魚がびっしりと群れていました。
f0053895_17513172.jpg


この他大きなイシダイサキシマミノウミウシを見て、ブイへと戻りました。

今日のおふたり、意外にドライが快適だったと喜んでいました。水中でもそれほど違和感なく使えるし、何より水から上がったあとが楽です。
f0053895_180949.jpg


素敵な水中画像を提供してくれたHARUNAさん、ありがとうございました!

スケジュールはあなたが決めて下さい。行きたい時に行けるバリ。
[PR]
by idive | 2010-01-26 18:04 | Diving Log

映画「オーシャンズ」とめん処藤堂

見てきましたよ〜、「オーシャンズ」

構想10年、撮影期間4年、世界50ヶ所、撮影70回、そして100種の生命たち。ドキュメンタリー映画史上最高の70億円を投じた「海と生命の物語」。

ひとつひとつのシーンに見応えがあります。なかには今まで見たこと無いような、いったいどうやって撮ったのか見当もつかないような映像も。

僕も一応ビデオカメラによる水中撮影の経験があるのでよくわかります。

いったいどうやって映像をブレさずにこんなに早く泳げるのか?
どうして生き物たちに警戒されずにここまで近寄ることが出来るのか?
陸上よりも光の少ない水中で、どうやったらこんなに自然な絵が撮れるのか?etc・・・。

海の中は日々感動のドラマの連続だと思います。その中でも選りすぐりの映像を、時間とお金をかけて最高のプロたちが撮影したら・・・?そんな夢を実現した映画ですね〜、これは。

ただ、どうしても眠くなってしまう映画ではあります。僕はかろうじて落ちずに最後まで見ることが出来ました。映画館で、僕の隣に座った若い男性は開始早々にイビキかいていました。後ろの席に座った主婦のふたり連れは、トイレの中で「あ〜よく寝た」と言っていたそうです。f ^ ^ *)

映画のあと、ラーメンを食べに行きました。僕の住む松崎には、美味しいうどん屋さん、フレンチ、イタリアン、パン屋、ケーキ屋さんなどはありますが、うまいラーメン屋はありません。
なので常にうまいラーメンに飢えている状態です。f ^ ^ *)

そこで、沼津在住の知り合いにラーメン屋さんを何件か紹介してもらって、そのうちの一軒に行ってきました。

めん処藤堂
三階立てくらいのマンションぽい建物の一階です。
f0053895_1547314.jpg


店内は黒で統一されたお洒落な内装。
f0053895_15475880.jpg


カウンター席。
f0053895_15482068.jpg


このお店のある付近はラーメン激戦区で他にもいくつか行列の出来るお店があるそうです。僕らが行ったのは昼1時少し前で、ふたりほど並んでいました。が、5分ほどで中に入ることが出来ました。

食べたのはゆずの香りのするさっぱりとした塩味のラーメン「冬月(とうげつ)」¥800。しょうゆ味も選べます。
f0053895_15512862.jpg


もうひと品は「燻丸(くんまる)」¥780。燻し卵が丸ごと一個のっていて、これが絶品。
f0053895_15525071.jpg


どちらもさっぱりした和風だし。冬月のほうは、ゆずと三つ葉、そして塩味と来ればどこかで食べた覚えが・・・。あ、実家のお雑煮だ。

ラーメンだけではお腹いっぱいにならないと踏んで、サイドディッシュに小さいどんぶりもふた品追加。
f0053895_15551060.jpg


手前が「焰飯(ほむらはん)」、奥が「巴飯(ともえはん)」。さすがにお腹いっぱいになりました。

これ、好みだと思いますけど、僕はこってり豚骨系が好きなので、ちょいと物足りなかったかなぁ・・・。
[PR]
by idive | 2010-01-25 15:58 | 観る、聴く、読む

ウミウシ戻ってきた雲見【2010年1月24日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩島裏→マンボウライン→グンカン
 2ダイブ目:牛着岩小牛一周
天気 快晴
風向 ほぼ無風
流れ なし
波・うねり 少々
気温 11℃
水温 15℃
透明度 20m
透視度 15m
f0053895_1622778.jpg


ご覧ください、この景色。富士山がきれいです。もう一枚、砂防柵の間から。
f0053895_163345.jpg


穏やかな雲見でゆっくりと2本潜ってきました。今日のコースは地図をご覧いただければお分かりの通り、牛着岩の西側と東側、きれいに分かれました。この2本で牛着岩を網羅、とは行きませんが、重複無く、表情の違う牛着岩を楽しめましたね。(*^^*)
f0053895_1635816.gif


さて、1本目はマンボウライン上をゆっくりと流しました。もちろんめちゃくちゃ中層を意識します。相変わらず大きなマダイにはギョッとさせられるのですが・・・。

何故か見つかるのはちっちゃな生き物ばかり。f ^ ^ *)
これはトラフケボリダカラガイ。珍しく一生懸命移動中でした。
f0053895_1693759.jpg


こちらはハクセンミノウミウシ。黒い物体は、ウインターグローブをはめた私の指です。
f0053895_1695997.jpg


キイロウミウシですね。この所、牛着岩での目撃例が増えてきました。波打つ縁取りの黒い線がシックです。
f0053895_16103873.jpg


こちらはミツイラメリウミウシの黄色バージョン。
f0053895_16113231.jpg


こちらはサギリオトメウミウシ。ダイビングが終わったあと、現地ガイド数人がこの画像を見ながらミルクオトメじゃないか、いやひょっとしたらカメキオトメかも、などと盛り上がったのですが、パソコンで画像を拡大してじっくり見てみたら、残念なことに比較的よく見かける本種でした。f ^ ^ *)
f0053895_1614827.jpg


マンボウライン上にある平根。普段めったに行くことが無く、行っても通過するだけ。この上でじっくり生き物を探す、ということはほとんどありません。

それはエントリーする場所から遠いことと根頭が水深20m前後と深いためです。エキジットする場所からも離れていて、ここでうっかり時間を使ってエアが無くなってしまったら、大変なことになってしまいます。なので今日も何気なく、泳ぎ去ろうとしたのですが・・・。

ふと目を落とすとかわいらしいウミウシが。あら、見つけちゃったからには撮ってあげないと。
f0053895_16143667.jpg


種類は何でしょうね〜。とりあえず「本州のウミウシ」図鑑と「ウミウシ 生きている海の妖精」図鑑を見てみたのですが、どうも該当するものが載っていません。こりゃネットで検索ですね。

そのすぐそばにもう一種。こちらも体長は1cm弱と小さいです。最初は同じ種かと思いましたが、パソコン上で画像を拡大すると、どうやら違う種類です。そしてこちらも種を同定し切れませんでした。
f0053895_16203214.jpg


2本目は1本目と同じスタート地点から逆の方向へ向かって泳ぎ出しました。小牛の洞窟の入口で穴から顔をのぞかせるミナミギンポや白いハナタツをゲット。
f0053895_16213216.jpg


これはアカボシウミウシですね。これまた小さい。
f0053895_16225811.jpg


浮上間際、ブイ下の岩にいたスイートジェリーミドリガイ。「本州のウミウシ」図鑑には稀種とありますが、雲見ではかなり頻繁に見かけます。
f0053895_16243355.jpg


去年10月の台風18号の影響で雲見は地形が変わり、ウミウシも随分と数が減ってしまいました。しかしこの所ようやく回復してきているな、と感じます。自然って、凄いですね。(⌒^⌒)b

柔らかい冬の日差しが降り注ぐ明るい水中で、今日ものんびり2本潜り終わりました。

魅惑のバリ。
[PR]
by idive | 2010-01-24 16:37 | Diving Log

「オーシャンズ」

今日封切りですね、映画「オーシャンズ」。もう見に行った方、いるのかなぁ。

古くはリュック・ベッソン監督の「アトランティス」や、こちらはまだ記憶に新しい「ディープ・ブルー」など、海を舞台にしたドキュメンタリー映画はこれまでも作られてきました。

これらの映画に共通なのが「誰も見たことのない映像」というキャッチフレーズだと思います。
ディープ・ブルーもかなり凄い内容でしたから、今回のオーシャンズがどれだけ越えられるのか、興味のあるところですね。僕は今のところ、来週の月曜日、見に行けたらいいなぁ、と考えています。
[PR]
by idive | 2010-01-22 23:44 | 観る、聴く、読む

日頃の行いが凄くいい雲見 【2010年1月19日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩ほぼスタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛一周
 3ダイブ目:三競
天気 快晴
風向 ほぼ無風
流れ ほんの少々くだり
波・うねり なし
気温 11℃
水温 15℃
透明度 20m
透視度 15m
f0053895_21124227.jpg


べた凪、快晴です。水中は透明度抜群。ほとんど流れもなく、この時期ここまで海況がいいことは稀です。今日のゲスト達はほんとに日頃の行いがいいんでしょうね。(*^^*)
f0053895_21142798.gif


今日はゲストのKAZUMIさんから画像をいただきました!ありがとうございます。

まず、これはクレバスを見上げたところ。
f0053895_21155433.jpg


吐く泡も、水中がキレイなので透明感がありますね。
f0053895_2116389.jpg


1ダイブ目に見ることがで来た生き物は、シロハナガサウミウシサクラミノウミウシバライロマツカサウミウシミチヨミノウミウシキイロウミウシハナタツキイロイボウミウシスイートジェリーミドリガイキビナゴアオリイカなどなど。そう言えば逃げていくクエの後ろ姿も見かけました。

2本目は小牛の横の亀裂から。エントリーしてすぐの浅いところにいたのはキカモヨウウミウシ
f0053895_21244719.jpg


見上げると、水中から見る太陽がキレイでした。
f0053895_2125269.jpg


ウミシダにはタスジウミシダウバウオ。背中の点々が特徴です。
f0053895_212649100.jpg


片腕のアカホシカクレエビ
f0053895_2126530.jpg


2本目はこの他に、大きなマダイの集団、ガラスハゼイシガキウミウシコナフキウミウシハクセンミノウミウシなどなど。

風が無くてぽかぽか陽気なので、3本目へレッツゴー!三競です。この岸の下に複雑な地形やいくつもの洞窟があるなんて、想像つきませんね。(⌒^⌒)b
f0053895_2131186.jpg


通称1.5の穴。浅いので、陽の光が燦々と差し込みます。
f0053895_21315571.jpg


撮影に手頃なサイズのヒブサミノウミウシ
f0053895_21324639.jpg


狭い水路を縫うように泳ぐダイバー。
f0053895_21332555.jpg


2の穴を抜けたあとにいる定番のオキナワベニハゼ
f0053895_21341472.jpg


差し込む光が美しいです!
f0053895_21344414.jpg


これはセミエビでしょうか?穴の天井に溜まったエアに写るエビの姿が印象的です。
f0053895_2136470.jpg


小さな小さなウミウシ。体長は5mmくらい?ミアミラウミウシの幼体でしょうか?
f0053895_21365912.jpg


アップにすると。(金子撮影)
f0053895_21373651.jpg


こちらはサガミミノウミウシと思われます。
f0053895_21382473.jpg


素晴らしい画像を提供してくれたKAZUMIさん、ありがとうございました!

今日はコンディションに恵まれて、明るく広々とした水中景観や大小様々な生き物、洞窟探検を楽しんできました。海の中は貸し切り状態で穴くぐり放題、生き物撮影し放題です。寒いなんて巣ごもりしているのはもったいないですよ!(^^*)♪

アイダイブ的バリ島遠征。
[PR]
by idive | 2010-01-19 21:41 | Diving Log

充実の里帰り

ただいま戻りました!
6日間ほど留守にした松崎に、今日帰ってきました。

毎年この時期に私と妻の実家(埼玉と東京)に帰ります。両親にゆっくり顔を見せるのもこの時期だけですし、めったに行かない都会に出る楽しみもあります。
f ^ ^ *)

実は今回の里帰り、いくつか目的がありました。そのうちのひとつは、ジブリ美術館に行くこと!宮崎駿監督作品を愛する僕としては、一回は見てみたかったんです。
f0053895_17594638.jpg


ジブリ美術館で食べた「グリルチキンと根菜のよくばりピラフ」。おいしかった!
f0053895_18243170.jpg


また、高校時代の友人ふたりとも久しぶりに会いました。ひとりは10年ぶり、もうひとりは15年ぶり!でも会えばそんな年月の経過は感じません。あっという間に、あの頃のつるんでバイトしたり悪さしたりしてた頃の感覚が蘇ります。

映画も見ました。今回見たのは「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」。ドラマも全部見ているのでこれは外せなかった。玉木君、映画でもかっこよかったです。

もうひとつ「アバター」も見たかったんですが、ちょうどいい時間にやってなくて、今回は見ることが出来ませんでした。3Dで見たかったんですけどね〜。ザンネン。

買い物も行きましたよ〜。ユニクロには2回行きました。1年分の着る服ゲット!これでもう当分はオッケーです。え、ユニラー?そうです。僕は自他共に認めるユニクロのヘヴィユーザーです。(⌒^⌒)b

それから僕の実家のそばにあるバーにも顔を出しました。僕と同年配のマスターがやっています。この店が出来たのは19年前。ちょうど僕が大学を出て入った会社を2年半で辞めて、ダイビングの世界に飛び込もうとしていた頃でした。
f0053895_18241275.jpg


その時分の僕はダイビングでやっていけるのかどうかの当てもなく、安定した会社勤めをやめてダイビングの仕事を始める不安でいっぱい。五里霧中の状態でした。ただ、新しい世界へ飛び込むぞ、という希望のようなものはありましたね。ほぼ同い年なのに、既に自分の城である店を構えたマスターがとても遠い目標のように思えたものでした。

それから折に触れ、実家に帰るたびにこの店で飲んできました。2年ほど前に僕も自分の店を持つことが出来て、ようやくマスターと肩を並べることが出来たな、と思えました。そんな、自分史を重ね合わせることの出来る店です。

さて、英気も充分に養えましたし、明日からまた潜るぞ〜。はい、明日は雲見でダイビングの予定です。
[PR]
by idive | 2010-01-18 18:29 | 日々の生活

マンボウ、その傾向と対策

過去に雲見・牛着岩にマンボウが出現した地点を、僕が知っている範囲内で、地図上にプロットしてみました。(地図をクリックすると大きく表示されます)
f0053895_20145383.gif


僕が知っている限りでは、11回の出現情報のうち、7回が5月ですね。あとは1月に2回、2月と8月にも1回ずつあります。

1、2匹での出現が多いですが、時には7匹とか12匹といった数で現れることもあるんですね。どちらも時期は5月です。

こうしたことから、特に西伊豆では5月から6月にかけてがマンボウの出現率が高い、と言われているのかもしれません。

水温は、過去のログなどで確認できる限りでは14℃2回、15℃1回、17℃2回、18℃1回、19℃2回、20℃2回、24℃1回と低い時期に出現していることが分かります。

場所はやはり通称「マンボウライン」付近が多いような気がしますね。
これからしばらくの間は、ウミウシを探しながらも、中層が気になって仕方がない日々が続きます。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2010-01-12 19:48 | 海の話