<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ひっさしぶりに雲見で5本潜った【2011年4月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ→グンカン
 2ダイブ目:三競
 3ダイブ目:三競
 4ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ→大牛の洞窟
 5ダイブ目:牛着岩:水路の洞窟巡り
天気  晴れ
風向  西よりの風少々
流れ  ほとんどなし
波・うねり 波・うねり少々
気温 17℃
水温 16℃
透明度 4m〜6m
透視度 3m〜5m
f0053895_2126554.jpg


いいお天気です。そして風と波もだいぶ収まりました。
f0053895_2126066.gif


そして今日もお客様を2チームに分けて交互にガイドする運用でした。
昨日よりぐっと凪もよくなったので、今日は3ダイブ潜りたい、という方もいましたね。
なので久しぶりに1日5ダイブしました。

今日の生物。まずこれ、水深16mのアーチにいるハナタツです。
f0053895_21253689.jpg


これはグンカンのトサカの中にいた小さなエビ。特に目立った特徴はありません。どうやらセトヤドリエビという種類らしいです。
f0053895_21253376.jpg


浮上して水面で船を待っているときに、お客様がみつけました。何でも水面近くをふわふわと漂っていたそうです。触角がありますからイソギンチャクとかじゃないですね。ミノウミウシの仲間でしょうか。
f0053895_21253092.jpg


図鑑を調べてみると、どうやらヒダミノウミウシという種類らしいです。このウミウシは「本州のウミウシ」図鑑によると「漂流物に付着し、漂流物に着生するエボシガイ、カツオノエボシ、カツオノカンムリを摂食する」とあります。宿主となる生物にくっついて漂流中に外れてしまったのでしょうか?
f0053895_2125269.jpg


ここからウミウシの画像が続きます。もちろんウミウシ以外の生物も見ているのですが、撮りやすいせいか、どうしても被写体はウミウシが多くなってしまいます。トップバッターはアカエラミノウミウシ
f0053895_21251955.jpg


これはフチベニイロウミウシですね。
f0053895_21251593.jpg


立派な個体ですね。シロウミウシ
f0053895_21254910.jpg


サクラミノウミウシ
f0053895_21251128.jpg


キイロウミウシ。これは体長10cm近い大物ですが、別の場所で体長1cmほどの幼体も見かけました。
f0053895_2125735.jpg


またこの他キャラメルウミウシクリヤイロウミウシサガミリュウグウウミウシハナミドリガイなどを見ることが出来ました。

ウミウシ以外ではアカシマシラヒゲエビアカホシカクレエビボウズコウイカ、流星のようなキビナゴの大群、オキナワベニハゼなどをみつけました。

今日の画像提供はダイコン虫さん、Emiさん。ありがとうございました!

【お知らせ】
■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!特に後半、空きがあります!
[PR]
by idive | 2011-04-30 21:50 | Diving Log

選択肢のない雲見【2011年4月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:ショートスタンダード
 2ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩:小牛横→水路
 4ダイブ目:牛着岩:小牛横→水路
天気  晴れ
風向  西よりの風強い
流れ  ほとんどなし
波・うねり 波・うねりかなり
気温 17℃
水温 16℃
透明度 4m〜6m
透視度 3m〜5m
f0053895_17434695.jpg


ゴールデンウィーク初日!いいお天気に恵まれましたが、ちょいと風がありますね。しかも午後になるに従って強くなる予報。お昼からクローズになったりしなけりゃいいけど。
f0053895_17434354.gif


はい、でもなんとか大丈夫でした。(*^Д^)=з
ただエントリー・エキジットをする場所が限られてしまい、あまりコースのバリエーションが選べませんでした。でも潜れただけ良しとしましょう。
そして本日は久しぶりの2チーム態勢、4本ガイドでした。

今日の生き物。まず、ベニカエルアンコウ。あーんしている所をタイミング良く激写。
f0053895_17431691.jpg


クランクにいたハナタツ
f0053895_17535387.jpg


これは擬態名人のアケウス
f0053895_1743985.jpg


これはたて穴にいたハナタツ
f0053895_1743650.jpg


これはクレバスを降りた所にいたハナタツ。あちこちに計3匹いましたね。
f0053895_18231012.jpg


これは小牛の横の亀裂にいるオオモンカエルアンコウ
f0053895_17425889.jpg


ミスガイ。まだ貝殻が残っているウミウシです。
f0053895_17425455.jpg


イボイソバナガニ。ムチカラマツがゆらゆら揺れてうまく撮るのは難しいです。
f0053895_18264478.jpg


うーんとこれはジュズエダカリナの根本にいた小さな甲殻類。小さくて分かりにくいけど額角がふたつに分かれているように見えました。ヨツハモドキ?うーん、本人に確認していないので確かじゃありません。
f0053895_17424580.jpg


これはナカザワイソバナガニの背中にフジツボ背負ってる個体。
f0053895_17402764.jpg


こちらは同じナカザワイソバナガニでもつるりときれいな個体。
f0053895_17402233.jpg


これはほどよい大きさで撮りやすいミアミラウミウシ
f0053895_17392928.jpg


これは小指の爪ほどのミツイラメリウミウシ
f0053895_18144781.jpg


はい、うねりが結構あったのに頑張って写真を撮って下さったSejimoさん、Tsuneさん、写真の提供、ありがとうございました!

明日はもうちょっと波が穏やかになるんじゃないかなー、と希望的観測。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2011-04-29 18:20 | Diving Log

GWの予約状況など

はい、本題に入る前にめちゃめちゃ気になる記事をご紹介いたします。

「「iPad 2」を詳細レビュー--新型iPadで何が変わったか」

そう、大震災の影響で発売が延期されていたiPad 2が、本日発売されました!
f0053895_14562348.jpg


さて、当店のGWの予約状況ですが、5月はどの日もまだ空いております。
特に後半の6日7日8日の3日間はおひとりもご予約いただいておりません。
(T_T)

ぜひこの機会に雲見へと遊びにいらして下さい。
お待ちしております!
[PR]
by idive | 2011-04-28 14:56 | その他

今年に入って読んだ本

f0053895_14493466.jpg


司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」は、去年の大河ドラマ「龍馬伝」が終わってから読み始めました。
ドラマとの比較や、登場人物とドラマのキャストのイメージが合っている合っていない、など色々と興味深かったですね。

宮部みゆきさんの「模倣犯」は再読です。この話の一応続きとなる「楽園」を読んだ後、もう一度読みたくなって数年ぶりに手に取りました。

「告白」「白夜行」「インシテミル」。いずれも新進気鋭の作家さんの本で、映画化もされていますよね。特に「告白」は見てみたいなぁ。でももう映画館では終わっちゃいましたよね。チャンスを逸してしまった。

ここに無い本でどうしても挙げておきたいのが熊谷達也さんの「邂逅の森」です。東北の狩猟者「マタギ」が主人公の物語です。読み進めるにつれ、まるで自分が雪深い山の中で、獲物の獣たちと対峙しているかのような、そんな疑似体験を与えてくれる本です。

あと佐伯泰英さんの「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ。もう35巻にもなるのですね。あ、4月に最新刊が発売されたようなので36巻か。途中までは面白かったけど、ここ何巻かはちょっと息切れ、というか。でもこの話がどこへ向かっていくのか、見極めたくもあるので、結局読んじゃうんだろうなぁ。

ダイビングが本格的に忙しくなる前の、密やかな楽しみをご紹介いたしました。

【お知らせ】
■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!特に5月はまだどの日にちも余裕があります!ぜひご検討下さい!
[PR]
by idive | 2011-04-25 15:27 | 日々の生活

宝探し気分の雲見【2011年4月23日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:大牛の洞窟→グンカン
 2ダイブ目:牛着岩:ロッカク岩→水深16mのアーチ
天気  曇りのち雨
風向  南風強い
流れ  ほとんどなし
波・うねり うねり少々
気温 17℃
水温 16℃
透明度 7m〜8m
透視度 6m〜7m
f0053895_180422.jpg


午前中は雨も風もそんなにひどくありませんでした。
f0053895_1803847.gif


さて、今日はウミウシ探しした〜い、というリクエスト。
じゃ、まずは島裏でエントリーして探しに行きますか。時間が経つと風が強くなって、島裏でエントリーできなくなる恐れもあるので、ちゃっちゃと潜りましょう!(*^^*)

ウミウシを探すのって、宝探しに似ています。岩肌を目を凝らしながら探していくと、美しい色彩のウミウシにひょいと出会えます。その時の気持ちって、何にたとえられるかなぁ?食玩で数の少ないレア物をゲットした感じ? 食玩、集めたこと無いからよくわかんないけど。f ^ ^ *)

見つけたのは、キャラメルウミウシウスイロウミウシオトメウミウシヒブサミノウミウシ、小さすぎてよく分からないけどフラベリーナ・ベルルコサっぽいやつ、マンリョウウミウシホシアカリミノウミウシシラユキウミウシアオミノウミウシ科の1種2などなど。

もちろん、アオウミウシシロウミウシサラサウミウシもたくさん見つかりました。

これはゲストが見つけたオセロウミウシ。この名前は正式ではなく仮のものです。
f0053895_18069.jpg


これはアラリウミウシ
f0053895_180349.jpg


そしてこれはセンテンイロウミウシです。
f0053895_18003.jpg


2本目はロッカク岩付近で落ちて水深16mのアーチを経由し、湾内のブイへと戻るコース。今度はウミウシ以外の生き物も探しました。

最初に目についたのはベンテンウニ。よく見ると棘が湾曲しています。きれいな色をしていますね。
f0053895_17595084.jpg


16アーチの入口にはハナタツが。
f0053895_175947100.jpg


お、これは産卵中かな?和名のないウミウシ、ドト・ラケモサ
f0053895_17593788.jpg


いつもの岩の亀裂にはちゃんとアカシマシラヒゲエビがいましたが、ハコフグの幼魚が邪魔で写真がうまく撮れませんでした。f ^ ^ *)

これは大丈夫、誰にも邪魔されずにばっちりです。アカホシカクレエビ
f0053895_175932100.jpg


ん?これは普段あまり見かけない感じ。大きさは甲長が3cmほどでしょうか。ヨツハモガニですね。
f0053895_18441437.jpg


砂の上をクロヘリアメフラシが、どこへ行くのでしょう。
f0053895_17592633.jpg


さくっと2ダイブ終えたアイダイブチームは、いつものお弁当ではなく、麺屋井むらでおうどんをいただきました。

今日も画像提供はMegumiさん、Marikoさん。ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2011-04-23 18:52 | Diving Log

またちょっと透明度回復の雲見【2011年4月22日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水路の洞窟巡り
 2ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩:小牛一周
天気  曇り
風向  ほぼ無風
流れ  午後、軽い下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 18℃
水温 16℃
透明度 9m〜10m
透視度 7m〜8m
f0053895_18234570.jpg


今日も穏やかな海況でした。
f0053895_18234236.gif


本日は仲のいい女性3人組と、電車でおひとりでいらっしゃった女性と。
つまり女性ばかり4人のゲストです。

1本目、ブイでエントリーすると、昨日は見えそうで見えなかった海底が水面から見えました。ってことは、ブイ下が水深10mほどですから、透明度もそれくらいあると考えていいですよね。昨日より若干アップです。

さて、いつものようにスタンダードコースを回るつもりで水路に入り、クレバスを落ちていきました。

そのクレバスの壁に小さなミノウミウシを発見。どうやらアオミノウミウシ科の1種2のようです。

そしたら、ゲスト達はウミウシの写真を一所懸命撮り始めました。じゃ、1本目はあんまり動かずに写真を撮りますか!(*^^*)

見つけられたものに、たとえばキャラメルウミウシとか。
f0053895_18232695.jpg


出会うのか、すれ違ってしまうのか、この後の展開が妙に気になるアオウミウシとか。
f0053895_18232210.jpg


色がきれいなノウメア・ワリアンスとか。
f0053895_18233355.jpg


これまたポップでキュートなセンヒメウミウシなど見ることが出来ました。
f0053895_18233013.jpg


この他、ウスイロウミウシサラサウミウシムラサキウミコチョウクロヘリアメフラシなどもいましたね。

1本目の最後はヘリシロイロウミウシ
f0053895_18231974.jpg


2本目はきっちりとスタンダードコースを回りました。今、水深24mのアーチの周辺にはネンブツダイクロホシイシモチといった小魚がびっしりと群れています。

3本目は島裏かエントリーして、生き物を探しながら、湾内へと戻るコース。
ミアミラウミウシヒョウモンダコアオリイカナカザワイソバナガニニシキウミウシの幼体やイボイソバナガニの写真を撮りました。

最後に、この人。真横から見ても、背ビレに鰭膜らしい薄い膜がないので、たぶんオオモンカエルアンコウだと思います。
f0053895_1823839.jpg


明日は雨の予報ですね。でも風はそれほど吹かず、雲見はオープンする予定です。

今日の画像提供はMegumiさん、Marikoさん。ありがとうございました!

■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!
[PR]
by idive | 2011-04-22 18:42 | Diving Log

少し透明度回復の雲見【2011年4月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:ショートスタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩:水路の洞窟巡り
 3ダイブ目:牛着岩:小牛一周
天気  晴れ時々曇り
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 17℃
水温 15℃
透明度 7m〜8m
透視度 6m〜7m
f0053895_18512725.jpg


べた凪です。流れもほとんど無くて潜りやすかったですね。
でも干満の差が激しくて、午後はすごく潮位が下がりました。
f0053895_18512374.gif


さて、今日は初・雲見のゲストとマンツーマンダイブ。
それほど経験本数が多くない、とのことでしたが、水中でも落ち着いていてまったく問題ありません。(*^^*)

そして今回、マイカメラを持参して初・水中撮影とのことでした。
・・・はい。しかし意気込みとは裏腹に、水の中はこの時期特有の緑色。それでも一時期よりだいぶ回復しましたが。
この写真は、先を行く私を撮って下さったんですね。
f0053895_18511312.jpg


ワイドがダメならマクロがあるさ!
ってことで、これはキイロイボウミウシですが、なかなかきれいに撮れています。初・カメラでこれだけ撮れればよろしいんじゃないでしょうか??(*^^*)
f0053895_18511077.jpg


これはニシキウミウシですね。
f0053895_18505981.jpg


これは湾内にいるカエルアンコウの仲間。イロ?オオモン?悩む。f ^ ^ *)
f0053895_18503947.jpg


これ、私が撮りました。ヒブサミノウミウシ。相手がちっさくて、カメラの液晶画面をのぞくとどこにいるかわかんなくなっちゃいそうなヤツは、こうやって自分の指を頼りに勘でシャッター押すってのもアリかと。
f0053895_18503579.jpg


1本目と2本目は水路周辺の穴を楽しんで、3本目は被写体を探してぐるりと小牛一周。他にもナカザワイソバナガニとかオルトマンワラエビマンリョウウミウシガラスハゼコクチフサカサゴイボイソバナガニといった生き物を被写体にカメラを練習できました。

今日の写真提供はEbidukaさんです。
ホントは泊まりたいけど、明日会社だから、と後ろ髪引かれながらゲストはお帰りになりました。また遊びに来て下さいね!(*^^*)
ありがとうございました!

■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!
[PR]
by idive | 2011-04-21 19:05 | Diving Log

けやき坂にて

最後にネクタイを締めたのがいつだか、どうしても思い出せません。
正確には、この5年ほどの間に2回、ネクタイをしました。でもどちらも、お通夜の為にした黒いネクタイでした。

しかし今回は知人のウエディングパーティ出席の為のネクタイです。
なので思い切り春らしい色合いのものを選んでみました。
f0053895_2192888.jpg


慣れない服を着て、慣れない町を歩く。なんだか、妙に不安になりますね。f ^ ^ *)
[PR]
by idive | 2011-04-17 21:12 | 日々の生活

タケノコ狩り、大苦戦

ご近所さんに誘われて、タケノコ狩りへ。
足もとは地下足袋、軍手にクワ。背中には大きなカゴをしょって、いざ出発です。
f0053895_17572662.jpg


車で10分ほど走った山の中。急斜面だし、無秩序に竹やら木やら生えているし、倒木もそこら中にあるし、タフな環境です。

この環境を竹の子を探して歩き回るのですが・・・。

まだ時期が早いのか、なかなか見つかりません。そして慣れない山歩きをしている僕には、色々な罠が襲いかかります。
今日、手痛い目にあったトラップその1。一見、かわいい赤い実のついた無害な植物のようですが、よく見ると細くて鋭いトゲがびっしり。うっかり触れると軍手など易々と突き通してしまいます。
f0053895_17572276.jpg


トラップその2。行く手を阻む倒れた竹。無理です。これ以上進めません。
f0053895_17571835.jpg


山の中でタケノコを探して歩き回ること約2時間。僕が見つけたのはたったの2本だけです。一緒に行ったご近所さんは7本くらい見つけてましたから、やはりこれは慣れとか経験がまだまだ足りない、ってことなんでしょうね。
f0053895_17571323.jpg


しかしタケノコ探しは、水中でウミウシを探すようには行かない、ということがよくわかりました。f ^ ^ *)

【お知らせ】
■ 明日とあさっての週末は、お店をお休みさせていただきます。
■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!
[PR]
by idive | 2011-04-15 18:06 | 日々の生活

春濁りもまた乙な雲見【2011年4月14日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水路の周辺をぐるぐると
天気  気持ちいいお天気
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 15℃
透明度 4m〜6m
透視度 4m〜6m
f0053895_17283897.jpg


桜のトンネルも少しずつ葉桜に変わりつつあります。
f0053895_17282937.jpg


今日はちょっと雲見に用事があって顔を出したついでに、西伊豆のガイドさんふたりと1ダイブだけ潜ってきました。
f0053895_1728951.gif


一時持ち直していた透明度ですが、ここに来てまた本格的な春の到来を思わせる緑色に。しかしこれがないと季節が変わっていかないので、仕方ないですね。(⌒^⌒)b

で、必然的に小さな生き物探しへ。まずはオトメウミウシ
f0053895_17275850.jpg


これはキャラメルウミウシです。たぶん1cm無いくらいです。
f0053895_17275559.jpg


これはH型の穴の中で見つけました。これまた小さくて体長はせいぜい1cmくらい?種類は今のところ特定できていません。
f0053895_17275243.jpg


えーとこれはホシアカリミノウミウシですね。同じガヤの上に2個体いて、産卵中の様子でした。
f0053895_17274865.jpg


これはいつものヘリシロイロウミウシ。左側の触角が無いみたいです。
f0053895_17274417.jpg


他にもコンガスリウミウシフジイロウミウシイガグリウミウシヒブサミノウミウシなどを見ることが出来ました。

今日の画像はイワシダイバーズの小松さんからいただきました。ありがとうございました!

【お知らせ】
■ 今度の週末4月16日17日は、お店をお休みさせていただきます。
■ ゴールデンウィークのご予約、受け付けています!
[PR]
by idive | 2011-04-14 17:40 | Diving Log