<   2011年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

トラブル続発!こんな日もある雲見【2011年8月10日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水深24mアーチ
 2ダイブ目:牛着岩:ショートスタンダード
 3ダイブ目:三競
 4ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ→グンカン
 5ダイブ目:三競
天気  薄曇り
風向  西より
流れ  ほとんどなし
波・うねり 風波少々
気温 30℃
水温 27℃〜29℃
透明度 15m〜18m
透視度 14m〜16m
f0053895_22242144.jpg


今日も穏やかな海況ですが、うす曇りのお天気。夏の強い日差しはほとんど拝めませんでした。
f0053895_2224214.gif


そして水温、透明度とも高い状態は今日も続いています。
嬉しいです。ありがたいです。
f0053895_22241786.jpg


魚もたくさん群れていました。
f0053895_22241484.jpg


エキジットした水面から見た牛着岩。
f0053895_2224109.jpg


船が迎えに来てくれました。
f0053895_2224617.jpg


自動リフトで楽々エキジット。
f0053895_2224321.jpg


今日はゲストの数が多かったので2チームに分けました。しかも3本ご希望の方も多かったので、私は5本ガイドしました。久しぶりです。
下は三競の1の穴。最近、開通したばかりです。
f0053895_2224085.jpg


3の穴に差し込む光。抜群です。
f0053895_22235792.jpg


4の穴・宮殿の風景は、美しいというより神々しい感じでしょうか?
f0053895_22235481.jpg


最後は5番の穴。狭いトンネルですが、迷宮の出口として欠かせません。
f0053895_22235164.jpg


はい、今日も穏やかな海況に恵まれて、無事に5本潜り終えることが出来ました。

・・・え、トラブル続発!ってのは何だったんだってお聞きになる?
はい、お答えしましょう。

その1。2ダイブ終了した時、使っていたダイコンの表示がいきなり消えました。あと3本も潜らなきゃいけないってのに、おーい!って感じですが・・・。とりあえずレンタルのダイコンで乗り切りました。正確なDECOのたまり具合は分かりませんでしたが、三競など最大水深が12m程度と比較的浅いのに面白いダイビングサイトのある雲見のお陰で、事なきを得ました。

その2。レンタル器材のホースがエア漏れ!でも予備のレギュを使ってこれも何とかクリアできました。

そして、本日最大にして最高のトラブルとは・・・。
f0053895_2232776.jpg


はい、愛用のロクハンの、よりによって右の太もも付け根部分が裂けました。ぱっくりと。最初、小さい穴があいたな、とは思ったのですが、次にタンクを背負う為にしゃがんだ途端、がばぁっと大きく口が開きました。Σ( ̄ロ ̄lll)

ま、ここは開き直って、記念写真といきましょう。
f0053895_22321066.jpg


仁王立ちで半ケツですが、それがなにか?
ま、長いこと潜っていると、色んなことが起きますな。Ψ(´д`)Ψ

本日のお客様には、お見苦しい部分をお見せしたことを深くお詫びいたします。
そして半ケツを含む素晴らしい写真の数々は、Kyokoちゃんの提供です。
ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2011-08-10 22:43 | Diving Log

たった1日でこんなにもいい雲見【2011年8月9日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコースプラスα
 2ダイブ目:牛着岩:大牛裏手→グンカン
 3ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  西より
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 29℃

水温 26.6℃〜28.8℃
透明度 20m
透視度 15m〜18m

f0053895_1625427.jpg


とうとう、と言うか、やっとと言うか、ついにしつこいうねりが無くなり、べた凪の海況となりました。1週間ぶりです。

これだけでもテンション高くなるのに、エントリーして驚きました。
まずあったかい!そしてキレイ!

海は1日にして変わると言いますが、まさに激変と言っていいでしょうね。
2011年の雲見史上、最高にいい海が、突然やってきました。今日雲見を訪れたダイバーは、なんと幸せな人達でしょうか。(⌒^⌒)b
f0053895_16283274.gif


ダイコンで見る水温はだいたい27℃から28℃をずっと指しています。今日のゲストは2本目、5mmワンピースの下に着ていたフード付きベストを脱いでしまいました。そのくらい、あったかかったです。

水路を通るのも久しぶりですね〜。クレバスを落ちるダイバー達。
f0053895_16334160.jpg


H型の穴の中に群れる、魚たちのシルエットが絵になります。
f0053895_16341017.jpg


クランクでは、スズメダイが岩の上をキレイにして産卵の準備。産卵床を作っているんですね。
f0053895_1635993.jpg


浅い根の上のアリーナ席、雲見の通称「ブルーコーナー」に陣取ると、目の前でキビナゴの大群に突っ込むシイラを見ることが出来ました。7月末以来、しばらく見ていませんでしたが、水温の上昇とともに、またキビナゴとの素晴らしいバトルを見せに来てくれました。
f0053895_1625338.jpg


水路下の洞窟を通過するダイバー。雑誌に載っている写真のようです。
f0053895_1625058.jpg


三角穴に差し込む光は、美しいを通り越して神々しいほど。
f0053895_16245850.jpg


いつもはめんどくさい安全停止も今日は苦になりません。浮いているだけで幸せな気分に浸れます。
f0053895_16245547.jpg


2本目は大牛の裏手でエントリー。
大牛の洞窟には、アメーバのように形を変えるキンメモドキの群れ。向こう側のダイバーがまったく見えません。
f0053895_16245231.jpg


サクラテンジクダイの口内保育も順調のようです。
f0053895_16244946.jpg


いくつかウミウシも見ることが出来ました。これはジュッテンイロウミウシ
f0053895_16244693.jpg


これはレアです。小指の爪半分くらいほどの大きさ。イチゴミルクウミウシ。まだ小さいせいか、色合いがイチゴミルクっぽく無いですが。
f0053895_16244345.jpg


2匹のセンテンイロウミウシ、進行方向のベクトルはやがて交わります。宿命か、本能か?
f0053895_16244181.jpg


抜群に透明度のいい、ワイドが楽しい海で、体長1mmほどのキイロウミコチョウとうっかり目が合ってしまいました。
目が合ったからには写真を撮ってあげないと。
f0053895_16243840.jpg


3本目は穴に差し込む太陽光線を期待して、三競へ。そしてサプライズはここにも待っていました。なんと、2年前の台風でふさがり、長いこと通れなかった1番の穴が久しぶりに開通していました。
下の写真は2番の穴にて。
f0053895_16243529.jpg


うねりにも負けず、オキナワベニハゼは健在でした。
f0053895_16243269.jpg


3の穴もキレイでした〜。
f0053895_16242967.jpg


天井から差し込む光を見上げると。
f0053895_16242676.jpg


これは4番の穴を出ていく時の風景です。
f0053895_1624239.jpg


天気良く、凪も久しぶりにべた凪。透明度や水温は沖縄並、とくれば、ホント言うこと無し、最高のダイビングが出来ました。明日以降もこの海が続くことを祈ります。
[PR]
by idive | 2011-08-09 17:06 | Diving Log

天気抜群、未だうねる雲見で【2011年8月8日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水深24mアーチのV→水深24mアーチのV
天気  晴れ
風向  西より
流れ  ほとんどなし
波・うねり しつこいうねり、まだ消えない
気温 30℃
水温 25℃〜26℃
透明度 8m〜10m
透視度 6m〜8m
f0053895_1873388.jpg


まーだうねってます。Ψ(´д`)Ψ
台風のうねりは2日遅れで届くそうですが、もうそろそろなくなってもいいんじゃありません?

一応天気予報では、波の欄の「波の高さ2m うねりを伴う」の「うねりを伴う」という文字が、明日の予報では消えています。これを心の支えに今日を乗り切りましょう。
f0053895_1873090.gif


さて、週末の昨日とはうってかわって静かな波止場で、ベテランゲストとマンツーマンダイブです。

島裏の24Vでエントリー。
まずは水深24mのアーチを通過、マンボウ待ちの根の脇を過ぎて、たて穴のV字トンネルをくぐります。

このたて穴には、今時貴重なウミウシ、フジイロウミウシが3個体ほどついていました。

でもそれ以外のウミウシは、このうねりを避けて小さな岩の隙間の奥深くにでも潜り込んでいるらしく、まったくと言っていいほど見かけませんでした。

たて穴を出たあと、進路を水深26mのアーチ方面へ。途中にいるイボイソバナガニを久しぶりにチェックすると、まだいてくれました。
f0053895_1872541.jpg


この他、根の上に群れるキンギョハナダイを愛でたり、うねりに揺られながら、根の周囲を遊んだりしました。

水中マップをご覧いただければお分かりの通り、結構マニアックなコースで、それなりに面白かったのですが・・・。

浮上後、ゲストがひと言「今日はもう終わりにしよう」と。

はい、ベテランダイバーらしく、海況が良くない時はまた次の機会に、ということですね。是非、うねりの無い時に、また遊びにいらして下さい!
[PR]
by idive | 2011-08-08 18:26 | Diving Log

うねり続く雲見【2011年8月7日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:コリンズV→水深24mアーチのV
 2ダイブ目:大根
 3ダイブ目:牛着岩:水深24mアーチのV→グンカン
 4ダイブ目:牛着岩:小牛前湾内
天気  晴れ
風向  西より
流れ  ほとんど
波・うねり しつこいうねり、いい加減消えろΨ(´д`)Ψ
気温 30℃
水温 22℃〜25℃
透明度 8m〜10m
透視度 6m〜8m
f0053895_21425146.jpg


朝は薄曇りながら、陽も差して蒸し暑い一日になりました。
しつっこい台風のうねりは今日も収まらず、ガイドのコースが制限され、苦戦を強いられる日々が続きます。
f0053895_21424797.gif


今日は先発隊がご夫婦ふた組とその娘さん、というファミリーチーム。

昨日はうねりを避けて、湾内からグンカンにかけてを潜りました。今日は少しくらい、牛着岩の裏側、穴がたくさんある辺りに行きたいと考えて、小牛の横からエントリーして24Vでエキジットするコースを選択。ついでに小牛の横辺りでキビナゴやカンパチといった魚の群れに遭遇できたらな、という思惑でした。

しかし今日は魚群不発。f ^ ^ *)
7月の末頃、あれほどいたキビナゴやカンパチ、シイラといった魚はどこいっちゃったんでしょうねぇ?不思議です。

うねりの影響をあまり受けないたて穴のV字トンネルなどを通過して24アーチの上まで来ると、そこには常にガイドを裏切らないキンギョハナダイがたくさん群れていて、ゲストに楽しんでいただけました。

後発隊は、なんと初・ファンチーム。で、大根(おおね)へと行きましたが、まさかの不良視界潜水。うねりの影響で2、3mしか見えません。しかし今日のゲストはそんな中でもちゃんと中性浮力をとり、魚も見て楽しんでいましたね。
素晴らしい。(⌒^⌒)b

そう言えばエントリーの時、20〜30cmほどの小ぶりなカンパチが30匹ほど群れている場面にも遭遇。今日、しっかり見ることの出来たカンパチは、この初・ファンチームの時だけだったかも。ついてますね。

先発隊、2本目は24Vからグンカンへと至るロングコース。地形が見たい、というリクエストで、まずは水深24mのアーチを通過。
アーチの入口はネンブツダイなどの小魚で塞がれ、中には大きなテングダイがペアでスタンバイ。

これこそ雲見らしい風景ですね〜。(⌒^⌒)b

大牛の洞窟では、まるでアメーバのように自在に形を変えるキンメモドキの群れやジュッテンイロウミウシなどを見て楽しみました。

後発隊はファン2本目。そして牛着岩デビューです。
湾内は大根に比べるとぐっと視界もよく、7、8mは見えています。

ゲストは伊豆ではポピュラーな魚たち、たとえばスズメダイの群れやクロホシイシモチの口内保育、メタリックブルーの婚姻色をぎらつかせて泳ぐイトヒキベラのオス、産卵床を作るソラスズメダイ、大きな貝殻に入ったヤドカリの仲間や、気の強いクマノミを見るたびに、ナイスリアクション。これだけ反応いいとガイドしていてもお見せする甲斐がありますね。(*^^*)

小牛の壁にいた小ぶりのベニカエルアンコウは行方不明でしたが、代わりにちょいと大きめで、しかも皮弁とかいっぱい生えている別個体発見です。
f0053895_21423832.jpg


今年は台風のスピードが遅い、という特徴がありますね。なので一旦うねり始めると、それが続く傾向にあります。よくない傾向ですね〜。自然のことなので仕方ないと言えばそれまでなのですが、せっかく大勢のお客様が雲見に足を運んで下さるのですから、うねりがなく制限のない、本当に面白い牛着岩の魅力をお伝えできたら、と思います。

そんなわけで、今回のゲストの皆様、また雲見に潜りに来て下さいね〜。
(結局、ここに話を持ってきたかった。(-_-;))
[PR]
by idive | 2011-08-07 22:25 | Diving Log

うねりの雲見、田子でナイト【2011年8月6日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:小牛前湾内
 2ダイブ目:牛着岩:魚礁
 3ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ→グンカン
 4ダイブ目:牛着岩:グンカン→水深16mのアーチ
天気  晴れ
風向  西より
流れ  なし
波・うねり うねりかなり
気温 28℃
水温 24℃〜25℃
透明度 8m〜15m
透視度 6m〜12m
f0053895_224688.gif


今日はいつもの牛着岩画像、無しです。撮ったはずが、データがありませんでした。おかしいなぁ?寝ぼけてた?いやいやいや。

うねり、弱まるどころか、むしろパワー増してます。Ψ(´д`)Ψ
今日も水路通過や三競などができない、条件付きのダイビングでした。

お、でかいヒラメ発見!ダイバーとのツーショットです。
f0053895_22425.jpg


ゲストが、ヒラメの顔のアップを撮りました!
f0053895_2235953.jpg


これはアイゴです。
f0053895_2235715.jpg


アカホシカクレエビ。体が透けて、背景のイソギンチャクが見えています。なのになんで生きてるの???
f0053895_2235497.jpg


今日はお魚シリーズ。タカノハダイ
f0053895_2235252.jpg


これはグンカンの上のクマノミ
f0053895_223497.jpg


キンギョハナダイのメスです。
f0053895_2234642.jpg


今日の素晴らしい写真提供はMuraさんです。ありがとうございました!

そして夕方から、田子へナイトダイビングをしに行ってきました。
田子は、ビーチではなく、ボートで昼間潜るのと同じ場所を潜らせてくれるので、面白いです。
f0053895_22152352.jpg


4人のメンズがナイトダイビングを楽しみました。
f0053895_22151834.jpg


夜行性のエビやカニ類を観察したり、昼間活発に泳ぎ回っている魚が寝ているのを見たり、大きなトビエイが羽ばたく様子や、季節限定のサカタザメが、砂に埋もれて隠れているのではなく、泳ぎ回っている様子なども見ることが出来ました。
f0053895_19335839.jpg


サカタザメの写真提供はDeguchiさん。ありがとうございました!

田子の湾内は、昼間の雲見と違ってほとんどうねりの影響も受けず、潜りやすかったですね。
明日の雲見はどうかなぁ・・・?
[PR]
by idive | 2011-08-06 22:18 | Diving Log

うねってても今日は雲見オープン!【2011年8月5日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:小牛前湾内
 2ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ
 3ダイブ目:牛着岩:島裏24V→24V
天気  曇り時々雨
風向  東より
流れ  ゆるい下り潮
波・うねり うねり時に強い
気温 27℃
水温 24℃〜25℃
透明度 8m〜20m
透視度 6m〜16m
f0053895_20483381.jpg


うねりが少し収まってきたようで、今日は雲見オープンしました。
よかった。(*^Д^)=з
f0053895_20483255.gif


そして今日のゲストは昨日に引き続き、仲のいいファミリーです。
f0053895_20482470.jpg


台風で散々うねったあとだし、きっと濁っているんだろうなぁ、と思いながらエントリーすると。意外なほどきれいです。この1ダイブ目は透明度15m、透視度も軽く12mはあったと思います。

泳ぎ初めてすぐにキビナゴの大群に巻かれました。
f0053895_2048716.jpg


そして久しぶりにベニカエルアンコウ見つけました!
f0053895_20482667.jpg


2本目は水深16mのアーチ迄行って、戻ってくるコース。やはりうねりの影響か、こっち方面は少し透明度が悪かったですね。
でもニシキウミウシを色違いで2個体被写体としたり、イソギンチャクの上のかわいいアカホシカクレエビ(下記画像)を見つけたりしました。
f0053895_20482124.jpg


見つけるときは立て続けです。2本目もベニカエルアンコウ発見。
f0053895_20481998.jpg


2本目もすごいキビナゴの数でしたね。吐いた泡が、興奮しているダイバーの様子を表しているようです。(*^^*)
f0053895_2048376.jpg


3本目は、うねり、流れとも収まってきたと見て、24Vエントリー、そして小牛を回って湾内へ戻ってくる作戦です。

水深24mのアーチクロホシイシモチの群れている様子やテングダイを楽しんだあと、となりの岩では、今日3個体目のイロカエルアンコウゲットです。
f0053895_20481564.jpg


そしてたて穴のV字トンネルを通過した辺りはよかったのですが・・・。

このあと急にうねりが強くなってきてしまい、思うように前へ進むのも出来ない始末。
仕方ないので湾内へ帰るのはあきらめて、エントリーしたのと同じ24Vでエキジット。指定したのとは別の場所で上がってしまったのに、船頭さんはちゃんと見ていてくれて、すぐに迎えに来てくれました。Yusuke君、ありがとう!(*^^*)

さて、明日は週末でアイダイブも大勢のお客様にご来店いただく予定です。
明日は今日よりうねりは落ちつくと思うのですが・・・。
というより、落ちついて欲しい。落ちついて下さい。落ちついてくれ〜!
お願いします。f ^ ^ *)

今日の写真提供はSayuちゃん、Shuくん、ありがとうございました!
[PR]
by idive | 2011-08-05 21:06 | Diving Log

今日の田子は昨日よりきれい【2011年8月4日】

ポイント名 田子
 1ダイブ目:網代崎
 2ダイブ目:弁天島→網代崎
天気  晴れ
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり うねりほとんど感じない
気温 27℃
水温 24℃〜25℃
透明度 8m〜10m
透視度 7m〜8m
f0053895_16101153.jpg


今日もまだ台風のうねりの影響が続いています。
ゲストは仲のいいご家族4名様。ご両親と高校生の娘さん、中学生の息子さんというメンバーでした。
f0053895_16101969.jpg


皆さん、まだそれほど本数が多くないので、まずは「カネコ塾」のスキルの説明を聞いて、それから実際に海へGO!

網代崎のきれいな砂地でのんびりと泳いできました。
これはアオリイカの卵ですね。
f0053895_1610463.jpg


ハタタテダイの子ども。ペアでいました。
f0053895_1610887.jpg


じーっとしていて、写真に撮りやすいカサゴ。でもうっかり触ると背ビレに毒があって、大変なことになります。
f0053895_1610110.jpg


明日はうねりがとれて、雲見で潜れるようになるといいんですけど・・・。
[PR]
by idive | 2011-08-04 16:15 | Diving Log

台風のうねりは遠くからやってくる【2011年8月3日】

ポイント名 田子
 1ダイブ目:白崎
 2ダイブ目:弁天島→網代崎
天気  晴れ
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり うねり少々
気温 27℃
水温 24℃〜26℃
透明度 8m〜10m
透視度 6m〜7m
f0053895_18545496.jpg


遠い所にある台風9号のうねりが、伊豆にまで達しました。そしてザンネンながら今日は雲見がその影響でクローズとなってしまいました。そこで、そんな時の強い味方、田子へ行ってきました。
田子は、大きな湾があり、その中は風やうねりの影響を受けにくく、雲見がクローズの時でも潜水可能なことが多いのが特徴です。

さて、1本目は白崎へ。
ここのアイドルと言えばセトリュウグウウミウシです。が、ここ3回ほど続けて見ることが出来ていません。今日は何とか見たいのですが・・・。

はい、無事発見しました。それも2個体です。
f0053895_18544840.jpg


これはアワシマオトメウミウシです。
f0053895_18544572.jpg


これはイガグリウミウシ。
f0053895_18545179.jpg


イソギンチャクエビ。
f0053895_18544252.jpg


今日はベテランのお客様とマンツーマン。午前中さくさくっと2本潜って素速く撤収。お昼ご飯は、当店からほど近い井むらへ。

食べたのはゲストがかま玉うどんと煮豚のセット。
f0053895_18543966.jpg


私が、週替わり定食のマグロのユッケ丼。これ、800円です。
f0053895_18543661.jpg


本日の写真提供はEmiさんです。ありがとうございました!

明日もうねりの影響で雲見のオープンは難しい感じですね。早くうねりが消え去ることを祈るのみです。
[PR]
by idive | 2011-08-03 19:22 | Diving Log

夏休み、雲見の朝

今日から8月ですね。
今朝は久しぶりにダイビングがお休みの日、だったのですが、早起きしたので、雲見までドライブしてきました。

これ、朝6時半頃の牛着岩です。久しぶりに朝からいいお天気ですね。
f0053895_14402659.jpg


ビーチにはさすがにまだ誰もいませんでした。海水浴には時間が早すぎます。
ところが・・・。防波堤まで歩いてみてビックリ。
f0053895_14402381.jpg


そこでは、たくさんの親子連れが釣りを楽しんでいました。

朝早く起きて、お父さんと釣り。
のどかな、たぶん一生の記憶に残りそうな、夏休みの朝です。
f0053895_14402096.jpg


せっかく早起きしたので、朝飯前にひと仕事。
レンタル器材を干しました。壮観ですね。晴れてよかった。(*^^*)
f0053895_14401420.jpg


[PR]
by idive | 2011-08-01 14:44 | 海の話