<   2012年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ふたつの潮がせめぎ合う雲見【2012年7月31日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:島前→ブルーコーナー
 2ダイブ目:牛着岩:小牛の洞窟→小牛横
天気  晴れ
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり 浅場で少々
気温 29℃
水温 22℃〜26℃
透明度:1本目:8m〜10m、2本目:10m〜12m
透視度:1本目:7m〜8m、2本目:8m〜10m

今日は珍しく、富士山がくっきりと見えていました。
f0053895_17143115.jpg


今日はマンツーマンガイド。のんびりと生き物を探しながら潜ってきました。
f0053895_1720408.gif


1ダイブ目は島前でエントリー。水路に入った所でまずマツカサウミウシ属の一種11を見ました。アイダイブが勝手に付けた仮称はパールライスウミウシ。相変わらず小さくてゴミみたいでした。f ^ ^ *)

そのあとヘビギンポキビレヘビギンポの婚姻色をチェック。

クレバスを落ちて、H型の穴へ。

あ、あら? f ^ ^ *)
昨日と同様、マアジの群れはいてくれましたが、水温と透明度が・・・。また二枚潮状態に戻りつつあるのでしょうか。
f0053895_1721088.jpg


アジの群れを堪能していると、突然カンパチが乱入。
相変わらずのギャングぶりです。
f0053895_17132278.jpg


昨日はいた大きなサキシマミノウミウシ、今日は影も形もありません。
どこ行っちゃったんでしょう?

水深24mのアーチでは大きなテングダイが2枚。
f0053895_17131813.jpg


マンボウ待ちの根では、抱卵中のアカホシカクレエビ。お腹にびっしりとくっついたタマゴ、よく見ると目があるような・・・。
f0053895_17131512.jpg


たて穴前の壁では、赤い皮弁のあるハナタツゲット!
f0053895_17504219.jpg


ブルーコーナーまで戻ってくると、あったかい潮に包まれます。(*^Д^)=з
その浅い棚場でゲットしたのはコケギンポ。
f0053895_171357.jpg


それからクマノミの赤ちゃんも。
f0053895_1713274.jpg


2本目は、前半小牛の洞窟で遊びました。まずは南方系レア物第1弾イチゴミルクウミウシをチェック。はい、今日も健在でした。

お次は南方系レア物第2弾ナンヨウウミウシ。珍しく這って移動中でした。
f0053895_17125521.jpg


小牛の洞窟の奥では、ウツボが小さなクリアクリーナーシュリンプ2個体にクリーニングされていました。

小さな穴をのぞくと、その奥には腹にタマゴを抱えた大きなクリアクリーナーシュリンプの個体が。しかし写真は厳しかったですね。なんとかお腹のタマゴが分かりますでしょうか?
f0053895_17125243.jpg


ちなみに手前に見えている白い筋は、オトヒメエビの長い触角なんですが、「邪魔だからどけ」とも言えず・・・。

出口の様子です。
f0053895_1712499.jpg


洞窟を出たあとは、小牛を時計回りにぐるっと回り込みながら生き物探し。

おや、これは?
体長3〜4cmほどの小さなカサゴの仲間です。目の上に皮弁があるのと無いのと2個体いました。
でも普通のカサゴやよく見かけるイソカサゴとは違うみたい。

これ、ひょっとしたらマダラフサカサゴ属の一種でしょうか。
f0053895_17124463.jpg


少し離れた別の場所にも、やはり同じような小型のカサゴが。
f0053895_17123941.jpg


最初は次の写真の個体とツーショットだったのですが、ライトの光に驚いたのかちょっと離れた場所に移動してしまいました。
f0053895_17123641.jpg


こちらはムチカラマツエビ
f0053895_17121959.jpg


これはフトヤギの枝上にいたトガリアヤメケボリです。
ウミウサギガイの仲間ですね。
f0053895_17121691.jpg


ムチカラマツの上をちょこまかと動き回るガラスハゼ
f0053895_17121356.jpg


帰る時も、まだ富士山が見えていました。
台風がふたつ発生しています。今日の雲見、若干のうねりはありましたがダイビングには影響ありませんでした。このまま何ごともなく過ぎていってくれればいいんですが。
f0053895_1712674.jpg


また水中の二枚潮状態も気になりますね。今、雲見ではきれいで暖かい潮と、濁って冷たい潮が押しくらまんじゅう状態のようです。もうちょっと黒潮が本気でがつんと入ってきてくれれば、冷たい潮なんかどっか行っちゃって問題ないんですが・・・。

ガンバレ、ニッポン!ガンバレ、黒潮!

今日の写真提供はKaoriさんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ いよいよロンドンオリンピック開幕!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-31 17:40 | Diving Log

マアジ大群、それだけで幸せな雲見【2012年7月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩:湾内のブイ→24ブイ
 3ダイブ目:黒崎
 4ダイブ目:牛着岩:グンカン→大牛の洞窟
天気  晴れ
風向  西より
流れ  わずかに下り
波・うねり ほとんどなし
気温 31℃
水温 25℃〜28℃
透明度:12m〜18m
透視度:8m〜12m

夏の空、夏の海です。
f0053895_1831428.jpg


今日はマンツーマンダイブでした。新調したカメラのレンズを試したいとのリクエスト。それじゃあ、被写体を探しながらのんびり泳ぎましょうか!(*^^*)
f0053895_186722.gif


まず水路前でエントリーして、ヘビギンポの婚姻色やコケギンポで練習しました。

次にクレバスを落ちてH型のトンネルへ。最近、この周辺はとにかく大量のマアジが群れていて、この群れをみているだけで幸せな気分になれます。
f0053895_1884592.jpg


マアジは動きが速くて、見ていて飽きないですね。
f0053895_1895227.jpg


なのでついつい写真を撮ってしまいます。
f0053895_1824328.jpg


こちらはサキシマミノウミウシ。最近あまり見かけませんでしたが、こんな大きな個体がいたんですね。
f0053895_1824011.jpg


たて穴前の壁にいたハナタツ。広い壁面を探してようやくこの個体だけ見つけ出しました。でもたぶん、この壁には赤い皮弁のある大きい個体と小さい個体もいるはず。かくれんぼ上手のガイド泣かせです。
f0053895_1823838.jpg


2本目は24ブイでエントリー。着底した岩の上ではニシキベラがせっせと放卵放精中。その周りにメジナがいるのは、生まれたばかりのタマゴを食べちゃおうとしているからでしょうね。
f0053895_1823589.jpg


おや、あまり見かけない魚ですね。
カワハギに似ていますが、もっと顔が間延びしているというか、長いです。そう、ウマヅラハギですね。
f0053895_1823227.jpg


アカホシカクレエビは抱卵中です。
f0053895_1823093.jpg


2本目もまたマアジを見にクランクへ来てしまいました。
f0053895_1822750.jpg


写真には写っていませんが、このマアジを小ぶりのカンパチが1匹、狙っていましたね。
f0053895_1822590.jpg


最後は雲見のブルーコーナーで安全停止を兼ねて、小さな生き物を撮影。
撮ったのはこちら、マツバギンポです。
f0053895_1822290.jpg


3本目は大牛の裏手でエントリーしてグンカンでエキジットしました。

穴の中に隠れていたスベスベマンジュウガニも、ライティングを工夫してぱちり。
f0053895_1821865.jpg


これはナガレカンザシですが、煙のようなものがモクモクと出ていました。
どうやら放精中のようです。
f0053895_1821419.jpg


少し離れた所でも。こちらは出ている量が少ないですね。こちらは放卵中でしょうか。
f0053895_1821291.jpg


ちーさい!体長1cmくらいしかないミヤケテグリの幼魚発見です。
f0053895_182674.jpg


こちらはクマノミの幼魚。大きさはやはり小さくて1.5cmといった所でしょうか。
f0053895_182362.jpg


最後はグンカンテンロクケボリを撮影して終了です。お疲れ様でした!(*^^*)
f0053895_1815446.jpg


今日は水深13m付近を境に下は冷たくてちょっと濁っていましたね。冷たいと言っても23℃はあるので、むしろひんやりして気持ちいい位なんですが。

今日の写真提供はSunoharaさんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ いよいよロンドンオリンピック開幕!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-30 18:31 | Diving Log

ストレス無く潜れる雲見【2012年7月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩:湾内のブイ→24ブイ
 3ダイブ目:黒崎
 4ダイブ目:牛着岩:グンカン→大牛の洞窟
天気  晴れ
風向  西より
流れ  わずかに下り
波・うねり ほとんどなし
気温 31℃
水温 25℃〜28℃
透明度:16m〜20m
透視度:12m〜15m

今日も湖のような水面、継続中です。ふたつも出来た台風の影響が心配です。願わくばこの海がずっと続きますように。
f0053895_1842821.jpg


今日もゲストをふたつに分けての運用です。
先発隊は地形探険、後発隊は生き物探し、特にウミウシを中心に探しました。
f0053895_18421525.gif


今日も牛着岩のクレバスからクランクにかけては、おびただしい数のマアジが高速で泳ぎ回っていました。
f0053895_18445738.jpg


穴の中に一気に入り込んできたかと思うと、竜巻のように中層に泳ぎ去ったり。青い水の中、金色の魚体の走る様がとても印象的でした。
f0053895_18445566.jpg


これはキビレヘビギンポの婚姻色。普通のヘビギンポと違って顔に青いラインの浮き出るのが特徴です。
f0053895_1853133.jpg


先発隊の2本目は黒崎へ。これはエントリー直後にある、大波のような形をした岩。ビッグウエーブに巻かれるダイバーをイメージして撮りました。f ^ ^ *)
f0053895_18445228.jpg


これはオキゴンベです。普通のデジカメでここまでシャープに撮れたら言うこと無しですね。(⌒^⌒)b
f0053895_1844472.jpg


黒崎の洞窟入口付近にいたハナタツ
f0053895_18444376.jpg


後発隊の1本目は水路から小牛の洞窟にかけて潜りました。

最初に見たのはマツカサウミウシ属の一種11。背中の突起が米粒のようでもあり、そしてパールのように光ってもおり、なのでパールライスウミウシ、と勝手に名前を付けてみました。
f0053895_18555254.jpg


これは南方系レア物ツートップのうちのひとつ、イチゴミルクウミウシ
f0053895_18443962.jpg


もうひとつはナンヨウウミウシ
f0053895_18443733.jpg


後発隊、2本目はグンカンから大牛の洞窟にかけて泳ぎました。

最初に見たのはテントウウミウシ。体長5mmはありません。なのによく撮れていますね〜。
f0053895_18443420.jpg


なまめかしいポーズのジュッテンイロウミウシ
f0053895_18443184.jpg


かなりべっぴんさんのノウメア・ワリアンスも、ジュッテンイロウミウシの前では形無しです。
f0053895_18442994.jpg


こちらはリュウモンイロウミウシ
f0053895_18442670.jpg


そしてゲストが見つけたセトイロウミウシ。穴の中に潜り込んでみにくい場所だったのに、よく見つけましたね!
f0053895_18442490.jpg


あたたかく、透明度もいいので水中にいてストレスを感じません。ひたすら気持ちいいダイビング、今なら出来ます!(*^^*)

今日の写真提供はKinちゃん、Akaneちゃんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-29 19:39 | Diving Log

まるで沖縄みたいな雲見【2012年7月28日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース改
 2ダイブ目:大根
 3ダイブ目:三競
 4ダイブ目:大根
天気  晴れ
風向  西より
流れ  わずかに上り
波・うねり 浅場でごく軽く
気温 29℃
水温 25℃〜28℃
透明度:16m〜20m
透視度:12m〜15m

今日も穏やかに晴れて、海はご覧の通り湖のように静かです。
f0053895_1971944.jpg


昨日は一週間ぶりにお休みだったんですが、そのお休みの間に水温がさらに上昇してあったかい所では28℃あるそうです。すごいすごい。(*^^*)
f0053895_1963718.gif


エントリーすると、青い海が広がっていました。一昨日よりもさらに透明度は上がっています。しかもあったかい。本当に水温、28℃ありました。ちょっと深い場所、ひんやりするな〜という所でも25℃前後あります。

H型の穴の手前にはマアジの大群。まだ潜り初めて10分もたたないのにテンションは最高潮です!
f0053895_1963153.jpg


H型の穴の様子です。
f0053895_1962787.jpg


そしてアイダイブ・イチ押しのビューポイント。水族館のようです。
f0053895_1962386.jpg


カゴカキダイが群れていました。
f0053895_1962075.jpg


マンボウ待ちの根のアカホシカクレエビ
f0053895_1961734.jpg


そして今日は首尾よく見つけることが出来た赤くて皮弁のあるハナタツ
f0053895_196149.jpg


見上げると太陽がキレイでした。
f0053895_1961086.jpg


こんなに海がいいと、小さな生き物を見てるのがもったいないくらいですが、でもレア物は押さえておきましょう。水路下の洞窟ナンヨウウミウシです。
f0053895_196653.jpg


エキジット寸前まで気が抜けません。浮上用ロープについていたカワハギの幼魚です。
f0053895_196463.jpg


三競でも、沖縄のような水のきれいさ、青さを存分に味わってきました。

これ、不思議な写真ですよね。トンネルの天井に溜まった空気(ダイバーが吐いた泡がたまったもの)に海底の石が写っている様子です。鏡みたいですね。
f0053895_1955283.jpg


そこら中でペアでいるクロホシイシモチ。口の膨らんでいる方が口内保育中のオスです。
f0053895_1954536.jpg


定番のオキナワベニハゼ。シャイなので驚かさないようにそーっとカメラを近づけます。
f0053895_195406.jpg


3の穴のエアドームを見上げた所。青いです。
f0053895_1953190.jpg


その3の穴をゆくダイバー達。
f0053895_1952849.jpg


潜り終わったゲストの一人が「沖縄みたい〜」と言っていたのが印象的でした。いや、まったく同感です。こんないい時に潜りに来られたゲスト達は皆さんラッキーですね。(⌒^⌒)b

今日の写真提供はYokoさん、Akaneちゃんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-28 19:30 | Diving Log

新しい穴見つけた雲見【2012年7月26日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース改
 2ダイブ目:牛着岩:島裏→小牛の洞窟→コリンズのブイ
 3ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  西より
流れ  なし
波・うねり 浅場でごく軽く
気温 29℃
水温 23℃〜25℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

朝は随分と靄がかかっていました。
f0053895_179381.jpg


でもセッティング終わる頃にはすっかり晴れて暑くなりました!
f0053895_1793075.gif


1本目はスタンダードコースへ。
そして今日はいつもと違う、ちょっぴりスペシャルなメニュー。どこがスペシャルかというと、普段はコースの最後に出る三角穴から入ってみました!

朝イチで他に誰もダイバーがいなかったので出来ました。
新鮮でいいですね。(⌒^⌒)bその時に見た光景です。
f0053895_16513885.jpg


そしてH型の穴へ。余所ではなかなか見ることの出来ない、雲見ならではの風景だと思います。
f0053895_16513471.jpg


2本目は小牛の洞窟からスタート。そしてぐるりと小牛を時計回りに回って、湾内でエキジットしました。

見た生き物はというと・・・。
まずイチゴミルクウミウシナンヨウウミウシ。南方系レア物2連発です。

それからキャラメルウミウシジュッテンイロウミウシ。キレイ系ですね。ジュッテンイロのそばにいたアカエラミノウミウシは残念ながら姿を消してしまいました。

中層にはマアジ。そしてまだ幼魚のキビナゴの群れ。これにアタックするカンパチも小ぶりでした。

洞窟の中では、いつものヒメセミエビノコギリガニイセエビといった甲殻類がいました。あ、そうだ、鮮やかな赤い色をしたツブヒラオウギガニも見かけました。
f0053895_17281786.jpg


フトヤギをのぞくと鮮やかな黄色のトラフケボリというタカラガイの仲間。一緒にオルトマンワラエビも見つかりました。

この他大きめの魚はテングダイコロダイ、口の周りだけ黒くなったイシダイなどを見ましたし、ちっちゃめの魚ではイソギンポの仲間やムスメウシノシタ、久しぶりに見かけたガラスハゼなども。

擬態のすごい甲殻類も幾つか見ましたね。ムチカラマツエビにイソバナカクレエビ、抱卵中のアカホシカクレエビなどなど楽しみました。

3本目は地形を思う存分楽しむ為に三競へ。
1の穴から1の穴スペア、そして1.5の穴へ。2の穴へ続く水路から肩こすりの穴、2の穴。
定番のオキナワベニハゼを見たあとはエアドームのある3の穴へ。下の写真はエアドームに差し込む光のシャワーです。
f0053895_16512542.jpg


4の穴の光の差し込み具合もよかったですね。
f0053895_16512153.jpg


このあといつものように5の穴へ向かいました。その途中です。

ん?ここって岩の隙間だけど、前はこんなに口大きく広がってたっけ?

ってとこがありました。のぞいてみると、なんと、人通れます。
4の穴と5の穴の間にあるので4.5の穴ですね。うーん、三競って大きな台風が来るたびに微妙に地形が変わっていきますが、今は僕の知る限り最もたくさんの穴がある状態です。(⌒^⌒)b

今日の写真提供はKeiさん。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-26 17:43 | Diving Log

夏の海、さらによくなった雲見【2012年7月25日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:ほぼスタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩:島裏→26アーチ→24ブイ
 3ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  西より
流れ  なし
波・うねり 浅場でごく軽く
気温 29℃
水温 23℃〜25℃
透明度:12m〜15m
透視度:10m〜12m

海水浴客の姿も見かけるようになりました。天気もいいし水温も高いので、海水浴もさぞかし楽しいでしょうね、子どもは。大人は海水浴で満足してちゃもったいない。潜らなきゃ。(⌒^⌒)b
f0053895_19463263.jpg


今日は先週も潜りに来てくれたリピーターのゲストと、初・雲見のゲストと。どちらの方も退屈しないよう気を配りました。
f0053895_19463632.gif


今日は昨日にもましてマアジの群れがすごかった!H型の穴前はアジの群れで先へ進めないほど。
f0053895_19464544.jpg


そしてH型の穴の、私がお気に入りのビューポイント。今日もステキな景色でした。
f0053895_19465024.jpg


これは昨日発見したウミウシ。ウミウシ図鑑.comを調べた所、どうやらマツカサウミウシ属の一種11と判明。ま、つまりは和名も学名もまだ無いんですね。
f0053895_19465566.jpg


2本目は普段行かないコースへ。島裏から落ちて雲見のブルーコーナーをぐるりとひとまわりし、たて穴を逆さ落ち。たて穴前の穴から水深26mのアーチへと行き、さらにネコ穴もチェックしましたが、ネコザメは不発。

ここからめったに行かない横穴を通り、大牛の壁沿いから根の上を伝って24ブイで浮上するという作戦でした。

途中、浅い根の上では剽軽な顔をしたイソギンポの仲間。
f0053895_1947418.jpg


こちらは久しぶりに見かけるミチヨミノウミウシ。大きいのと小さいの、少し離れて2個体いました。
f0053895_1947710.jpg


3本目は三競へ!
言わずと知れた超・地形ポイントです。降りそそぐ日差しと複雑な地形が織りなす海底迷宮を思い切り楽しみましょう!

・・・な、はずだったんですが。

1の穴から1の穴スペアを抜けた所で、不思議な形の幼魚を見つけました。似ている形の魚をあえて上げると、マンジュウイシモチでしょうか。丸っこくて大きなヒレがついていて、色は黄色っぽくて半透明です。

しかし小さい上にふわふわと逃げて行ってしまうので、結局写真は撮れず。

やれやれ、と先に進もうとした所、ゲストが何か水中に浮いていたものをキャッチしました。見てみると、ウミウシではないですか。しかも今までに見たこと無いヤツです。そっと岩の上に下ろして撮った写真がこちら。
f0053895_19473956.jpg


このウミウシは図鑑に載っていました。背中の目玉模様が特徴のホソエラワグシウミウシというようです。

こちらは定番の生き物・オキナワベニハゼですが、お腹が膨らんでいるように見えます。タマゴを抱えているのでしょうか。
f0053895_19474924.jpg


ここは三競の3の穴。もう少し季節が進めば、洞窟の天井からの光がレーザービームのように水中まで差し込む様子を見ることが出来ると思います。でも今日はまだ少し、季節的に早かったようです。
f0053895_19475642.jpg


そしてこちらは4の穴。キレイでした〜。
f0053895_19475885.jpg


今日も昨日に比べてじわりと透明度が上がりました。劇的な変化はありませんが、先週来たゲストが「たった1週間でこんなに変わるんだ」と言うほどの変わりよう。何しろ先週は水温が冷たい所では17、18℃。透明度が3〜5m。それが今日は冷たい所でも23℃、透明度は12m〜。言うこと無しです。

そして黒潮の動向を見ていると、さらに暖かい潮が近づいてきています。えーこの先どうなっちゃうんだろ。楽しみです。(*^^*)

本日の写真提供はKeikoさん。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-25 20:26 | Diving Log

日に日によくなる雲見【2012年7月24日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 2ダイブ目:黒崎
天気  晴れ
風向  西より
流れ  なし
波・うねり ほとんどなし
気温 29℃
水温 23℃〜24℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

夏の海です。
f0053895_16573191.jpg


今日のゲスト達は皆さん波止場に8時現地集合。午前中さくさく2本潜って解散、というパターンでした。
f0053895_16572933.gif


エントリーすると。あ、昨日より海の青さが増しています。
ここ数日、潜るたびに海がよくなって行っていますね。

まずはクレバスを、しゅーっと降りていきましょう。
f0053895_16572191.jpg


H型のトンネルの様子です。
f0053895_16571851.jpg


中からクランクを見た景色。何度見てもステキな、アイダイブ・イチ押しのビューポイントです。
f0053895_16571589.jpg


別の角度から撮ると、こんな感じに。
f0053895_16565150.jpg


中層を見上げるとマアジの群れ。絵になってます。今日は湾内から水路、そして島の裏側にかけてとにかくアジがたくさん群れていました。
f0053895_16565748.jpg


水深24mのアーチからたて穴のV字トンネルと経由して水路下の洞窟へ。

ここで、レアなはずのナンヨウウミウシの別個体をまたまた発見してしまいました。今まで見ていたのが右の壁で、今日見つけたのは左の壁なので、今までのとは違う個体だと思います。ってことは、全部で何個体くらいいるんだろ?
f0053895_16564051.jpg


湾内では、転石の下からソラスズメダイが顔をのぞかせていました。実はこの石の下にタマゴが産みつけてあります。産卵床を健気に守っているんですね。
f0053895_16563767.jpg


産卵床と言えば、昨日撮影したスズメダイの産卵床、今日はきれいさっぱり無くなっていました。たぶん昨日のうちに全てふ化したんでしょうね。タマゴの周りにいたスズメダイ達も姿を消していました。

しかし、別の場所でスズメダイ達が岩の上に勢揃いしているのを見かけました。昨日は間違いなくいなかった場所です。ここで新たな産卵床作りを開始するのでしょうか。興味は尽きません。

さて、水路を出て浮上するブイに向かう途中では、たくさんのマアジが群れていました。この魚群を見ているだけでも幸せな気分になれます。
f0053895_16563058.jpg


そこへカンパチ登場!一気に緊張が走ります!

ただ僕はカンパチに気付かず、ゲスト達だけで見ていたんですけどね。f ^ ^ *)
f0053895_16553572.jpg


2本目はさらなる地形探険を求めて黒崎へ!
これは最初に通るトンネルの様子。ネンブツダイクロホシイシモチがたくさん群れていました。
f0053895_16462877.jpg


これは黒崎の洞窟の様子。ここに入る手前の壁では、ハナタツが何と一度に4個体も見つかりました。写真は残念ながら無いんですけどね。f ^ ^ *)
f0053895_164610100.jpg


水面に浮上すると、船が待っていてくれました。今日も無事ダイビング終了です。
f0053895_1646735.jpg


今日の写真提供はIppeiさん、Daisukeさん。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

「伊豆松崎ギャラリーわかば」でアイダイブのガイドとゲストが撮った写真の展示会が行われます。
期間は期間は7月15日(日)~7月27日(金)、閲覧料は無料です。

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-24 17:20 | Diving Log

地形も生き物も楽しめる雲見【2012年7月23日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:コリンズのブイ→湾内のブイ
 2ダイブ目:牛着岩:ほぼスタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩:小牛の洞窟→水路
 4ダイブ目:三競
天気  曇りのち晴れ
風向  東より
流れ  なし
波・うねり ほとんどなし
気温 27℃
水温 23℃〜24℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

晴れました!この時期としては珍しく富士山も見えていました。海はご覧の通りのべた凪です。いいコンディションです。
f0053895_184377.jpg


平日だというのにゲストが6名様。ありゃ、週末だった昨日より多いな。シーズン中ですから、そんなこともありますよね。なのでチームをふたつに分けて、先発後発で交互にガイドしました。

先発隊はカメラ班。とにかく生き物探しです。
最初はこの人から。抱卵中のアカホシカクレエビ
f0053895_1847513.jpg


お次はこれ。フトヤギにひっついているアヤメケボリですね。
f0053895_18484736.jpg


もういっちょウミウサギガイの仲間をご紹介します。ベニキヌヅツミです。
f0053895_1850786.jpg


お次はこちら。以前から見たい見たいと思っていましたが、今日ようやく出逢えました。イソバナカクレエビです。
f0053895_18511093.jpg


ここからは甲殻類にも焦点を当てて。
これはベニツケガニ
f0053895_1954271.jpg


よく似ていますが、こちらはベニイシガニ
f0053895_18415656.jpg


これは季節来遊魚ですね。カンムリベラの幼魚です。
f0053895_1975610.jpg


ちなみに今年はその季節来遊魚が少ない年ですね。これからに期待です。

最近、潜降ロープの周辺でよく見かけるようになりました。カワハギの赤ちゃん。
f0053895_18414293.jpg


さて、今年は当たり年なんでしょうか。レア物のナンヨウウミウシ。今日も小牛の洞窟で3個体見ることが出来ました。そのうちの1匹です。
f0053895_18413622.jpg


コケムシの上にいたのは極小のウミウシ。1mmありません。写真を拡大してみると、たぶんリュウグウウミウシの仲間の幼体です。
f0053895_18413962.jpg


上品な薄紫のジュッテンイロウミウシ
f0053895_18413439.jpg


すぐ近くにはアカエラミノウミウシも。
f0053895_18413135.jpg


オトヒメエビのお腹には緑色の卵塊が。抱卵中なんですね。
f0053895_1841296.jpg


美しい色彩のヒメギンポ
f0053895_18412690.jpg


こちらは岩の上に産みつけられていたスズメダイのタマゴ。肉眼では分からなくても、写真で見るとタマゴの中に目がある様子が分かります。
f0053895_1841242.jpg


これはガヤについていたマツカサウミウシの仲間。周りに卵塊がたくさん産みつけてありました。図鑑を調べてもイマイチ名前が分かりません。また宿題が増えてしまいました。f ^ ^ *)
f0053895_18412189.jpg


最後は三競で潜りました。

こちらは最初に通る1番の穴。
f0053895_18365948.jpg


そして1の穴スペア。
f0053895_18365772.jpg


3の穴の中には光のシャワーが降りそそいでいました。
f0053895_18365453.jpg


そして4の穴の中、モデルは私ですね。
f0053895_18365126.jpg


今日の素晴らしい写真の数々はHiroseさんからいただきました。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

「伊豆松崎ギャラリーわかば」でアイダイブのガイドとゲストが撮った写真の展示会が行われます。
期間は期間は7月15日(日)~7月27日(金)、閲覧料は無料です。

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-23 19:25 | Diving Log

透明度、若干回復の雲見【2012年7月22日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:小牛の洞窟→24ブイ
 2ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 3ダイブ目:黒崎
天気  曇り
風向  東より
流れ  ゆるい下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 23℃
水温 22℃〜24℃
透明度:8m〜12m
透視度:7m〜10m

朝のうちは曇り空でしたが、午後には日も差してきました。
f0053895_17332687.jpg


牛着岩で2ダイブ、そして3本目は黒崎へ。
f0053895_17333165.gif


1本目はのんびり生き物ウォッチング。主に小牛の洞窟で遊びました。

エントリーすると、あ、昨日より視界が広い。まずそう感じました。若干ではありますが透明度がよくなっています。このままもっとよくなってくれ〜。

最初に見たのはイチゴミルクウミウシ。ラブリーな姿や色ですね。
f0053895_17332720.jpg


こちらは猛烈にレアなナンヨウウミウシ。ですが、最近ちょくちょく見つかるのでそのレア度がちゃんとお伝えできているかどうか・・・。f ^ ^ *)
f0053895_17332373.jpg


あ、ここにもいたんですね。ジュッテンイロウミウシ
f0053895_17332098.jpg


その横には、久しぶりの登場となる極小のアカエラミノウミウシ
f0053895_17331753.jpg


そして最近個体数が多く、頻繁に見かけるセンテンイロウミウシ
f0053895_1733136.jpg


2本目は地形を堪能するべく、地元ガイド達がスタンダードコースと呼ぶルートへ。牛着岩の特徴的なトンネル群を効率的に回ることの出来るコースです。

3本目はさらなる地形探険気分を求めて、黒崎へ。
その途中、ふと目が合ったのはマダコ。食べ散らかした貝殻が巣穴の周りに散乱しているので、すぐに分かります。整理整頓は大事ですね。
f0053895_17331073.jpg


こちらも穴から顔を出すコケギンポの仲間。剽軽な表情をしていますが、口をあけた一瞬を撮りたかったのに逃してしまった、と撮影したゲストは悔しそうでした。
f0053895_1733789.jpg


黒崎の洞窟手前の壁にはハナタツ。赤くて皮弁のある個体です。
f0053895_1733594.jpg


最後は雲見の超・普通種ウスイロウミウシ。何個体も見かけました。
f0053895_1733281.jpg


今日は薄曇りの天気で日が差さなかったせいか、肌寒く感じました。明日は晴れて暑さが戻ってきそうです!

本日の写真提供は、昨日に続きAtsushiさん。しかも今日が200本記念でした。おめでとうございますっ!


【アイダイブからのお知らせ】

「伊豆松崎ギャラリーわかば」でアイダイブのガイドとゲストが撮った写真の展示会が行われます。
期間は期間は7月15日(日)~7月27日(金)、閲覧料は無料です。

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-22 17:52 | Diving Log

二枚潮解消の雲見【2012年7月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:水深16mのアーチ
 2ダイブ目:牛着岩:スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩:小牛の湾内
 4ダイブ目:三競
天気  曇り
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 18℃〜25℃
透明度:7m〜8m
透視度:7m〜8m

曇りですが、海は穏やかでした。
f0053895_17571946.jpg


今日はゲストをふたつに分けて交互にガイドする運用でした。
f0053895_17571815.gif


先発隊ですが、ちょっとブランクがあり、しかも耳抜きに苦労している様子のゲストでした。となると、アップダウンの激しいコースはやめておいた方がよさそうですね。湾内でのんびり遊びましょう!

エントリーすると、潜降するブイのすぐ下には大きなヒラメが。ゲストが見つけました。(⌒^⌒)b
f0053895_17571415.jpg


この他スズメダイが岩肌に産みつけたタマゴを見たり、大きなアワビを見たり、岩の上にちょこんと乗っていた体長5cmほどのカレイの仲間・ムスメウシノシタを見たりしました。

今日の海況ですが、おととい潜った時までは表層と低層で極端に水温が違う二枚潮状態でした。でも黒潮が少し入ってきた影響か、今日はほとんど水温差は解消されていましたね。だいたいどこも22℃から23℃くらいでした。ただ水深24mのアーチ付近だけ、少し水温が低かったです。

電車で朝、到着した後発隊はスタンダードコースへ。
たまたま他のチームとタイミングが合ってしまい、狭い水路では大勢のダイバーが交錯する場面もありました。シーズン中は時々ありますね、こういうこと。

お互い様だし仕方のないことなんですが、迷子にならないよう気を使います。
それでもH型の穴クランク→クエ穴→水深24mのアーチ→マンボウ待ちの根→たて穴→小空間→秘密の抜け穴→水路下の洞窟三角穴とほぼメインの穴は通ってくることができました。

水路下の洞窟ではキャラメルウミウシ。よく撮れています。
f0053895_17571048.jpg


先発隊は2本目ものんびりダイビング。湾内で抱卵中のアカホシカクレエビを見たり、穴から顔を出しているコケギンポの仲間と遊んだり。
f0053895_1757765.jpg


そしてラストは三競へ。日が差していないのが残念ですが、それでも充分楽しませてくれる場所です。

エントリーするとまずは頭上から降りそそぐようなタカベの群れ。きれいでした。
f0053895_17565855.jpg


よくいるヘビギンポも目を凝らしてみれば美しい色彩をしています。
f0053895_17565516.jpg


三競に潜ったらとりあえずチェックしないと気が済みません。それくらい常連な生き物・オキナワベニハゼです。
f0053895_17565114.jpg


赤いフトヤギの中に鮮やかな黄色のトラフケボリ。タカラガイの仲間です。
f0053895_17564851.jpg


小指ほどの大きさのオセロウミウシ(仮称)は、頭をめり込ませていて、触角が見えません。
f0053895_1756453.jpg


おおー。口をあけた一瞬をとらえました。口内保育中のオオスジイシモチです。口の中のタマゴがよく見えます。素晴らしい写真ですね。
f0053895_17564416.jpg


最後は4の穴の風景。この狭い空間にイワシの群れが紛れ込んでいたのですが、写真に撮るのは難しかったですね。
f0053895_17564021.jpg


極端な水温差が解消したのは嬉しい限りなのですが、欲を言えばもう少し透明度が上がって欲しいかな、なんて。欲張っちゃダメですか? 神様。f ^ ^ *)

今日の写真提供はYusukeさん、Atsushiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

「伊豆松崎ギャラリーわかば」でアイダイブのガイドとゲストが撮った写真の展示会が行われます。
期間は期間は7月15日(日)~7月27日(金)、閲覧料は無料です。

■ もうすぐロンドンオリンピック!アイダイブの大画面テレビとサラウンドシステムで一緒に応援しませんか!

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-07-21 18:20 | Diving Log