<   2012年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

iPhone 5、やっと来た〜!

Facebookを見ていると、大勢の人の手元にぞくぞくと届いている様子のiPhone 5。

しかーし、私の所へはまったく来る気配無し。どうやらソフトバンクのオンラインショップを通じて買った人の所には早く届いている模様。

私は発売直後の9月21日午後4時5分過ぎにネットショップに行きましたが、既にサーバーがパンク状態で繋がらず。そのまま週末で忙しくて注文できないまま3日ほどたってしまいました。

ようやく24日月曜日、駅にお客様を送りに行ったついでに下田のソフトバンクショップで予約しました。でもその時点で、9月中に来るかどうか微妙〜、みたいなことをソフトバンクのお姉さんが言っていたので覚悟はしていました。

していましたが、こうして他の人の手元に届いているのを見ると、平常心ではいられない物ですなぁ。内心、かなりイライラを募らせていました。f ^ ^ *)

でも、ようやくソフトバンクショップから連絡がありました。それが昨日の昼頃のことです。そのまま、夕方やはりお客様を駅に送りに行ったついでに受けとってきました。
f0053895_13301561.jpg


ワケの分かってないおじさんに、辛抱強くつきあってくれたショップのお姉さん。ありがとうございました。
しかも最後の最後に「これ持ってニコッと笑って下さい」なんて変なリクエストにも、文字通り笑顔で答えてくれました。
f0053895_13301196.jpg


これがiPhone 5だっ!
f0053895_13295727.jpg


いや〜、いつものことながら、アップルの製品が手元に届くとワクワクします。まず箱がオシャレ。
f0053895_1330987.jpg


箱を開けるとこんな感じ。
f0053895_1330662.jpg


箱は二重構造になっています。本体の下にはケーブル類がこれまた美しく収められています。
f0053895_1330694.jpg


新旧対決。
私が2009年3月に購入以来、3年半もの間使ったiPhone3Gとの比較です。
画面が0.5inch大きくなりました。わずかの差ですが、画面に縦に並ぶアイコンの数が5個から6個に変わりました。これだけでも随分違う感じです。
f0053895_1330280.jpg


さらに。薄くて軽いです。この差は大きい。
f0053895_13295829.jpg


うひひ。さて、何して遊ぼうかなぁ。(⌒^⌒)b

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-30 13:38 | その他

透明度抜群の田子外洋で2ダイブ【2012年9月29日】

ポイント名 田子
 1ダイブ目:太根
 2ダイブ目:沖の島
天気  晴れ
風向  東より
流れ  なし→かなり強い流れ
波・うねり 太根はあまりなし、沖の島は少々あり
気温 28℃
水温 26℃
透明度:太根:28m〜29m、沖の島:18m〜20m
透視度:太根:20m、沖の島:17m〜18m

雲見は船の関係でクローズでしたが、朝のうち、海はまだ穏やかでした。
これは富士山をバックに田子のシンボル、田子島です。
f0053895_17572356.jpg


しかしふたつも台風があると、まったく海の様子が読めなくて困ります。今日はたとえダイビングが出来なくても、ダメもとでご来店のゲスト2名。つわ者です。そして雲見はクローズでしたが、久しぶりに田子の外洋で潜ることが出来ました。
f0053895_17572129.jpg


朝イチの太根は凄かった!あたたかく、青く、流れていません。うねりは多少ありましたが、ダイビングにはまったく支障なし。水深29mの根の上から水面が見えていましたから、透明度は30m近くありました。

そして根の廻りにはこれでもか!の魚群。
f0053895_17571615.jpg


これは何故か雲見にはほとんどいないマツバスズメダイ。
f0053895_17571884.jpg


水中から見ても太陽がこんなにまぶしかったですね。
f0053895_17571330.jpg


私的には、太根を代表する生き物と言えばこれ。サクラダイのオスです。
f0053895_17571173.jpg


2本目は湾内でまったり、という選択肢もありましたが、この海況でそれはもったいないだろう、ということになり、もう1本外洋に行くことに。久しぶりの沖の島です。

ここも魚はいっぱいいました。ただ1本目の太根が良すぎたせいか、ちょっと欲張りになっていた私たちには物足りなく感じてしまいました。
現金な物ですね。f ^ ^ *)

これはあまりに見かけないチョウチョウウオの仲間ですね。図鑑を調べるとゴマチョウチョウウオとのことでした。季節来遊魚ですね。
f0053895_1757610.jpg


これは伊豆の普通種・キンチャクダイです。正面顔がユニークですね。
f0053895_17565911.jpg


今日の田子・外洋、ステキでした。雲見が目当てだったゲスト達も「これなら雲見じゃなくても全然いい」と言って下さいました。ありがとうございます。m(_ _)m

明日は台風17号が日本列島を縦断しそうな感じですね。松崎町周辺の波予想も2mのち10mと大変なことになっています。どうか何ごともなく通り過ぎてくれますように。

今日の写真提供はShuniさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-29 18:10 | Diving Log

クロクマ登場とうねり始めた雲見【2012年9月27日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩大牛の洞窟
 3ダイブ目:牛着岩小牛の洞窟
天気  晴れ
風向  東よりの風強い
流れ  ほとんどなし
波・うねり 徐々に強く
気温 25℃
水温 27℃
透明度:20m
透視度:14m〜15m

変ですねぇ。あんなに近くに台風が来ているのに朝はまだほとんどうねりがありませんでした。昼近くになるに従って、徐々に強くなってきましたが。
f0053895_18304931.jpg


今日は初・雲見のゲストとダイビングです。
f0053895_18312541.gif


風は強いのですが、東よりのせいか波は大したことありません。それにエントリーしてしまえば、水中は穏やかで水温高く、透明度もいい状態が続いています。

ゲストの1人はコンデジにワイドレンズを装備。透明度のいい雲見は、どこにカメラを向けても絵になるフォトジェニックな光景にあふれています。実に楽しそうに写真を撮っていました。

これは魚で前が見えないH型の穴
f0053895_18302242.jpg


そしてこちらは、H型の穴から「小空間」方面を見たところ。どっちにしろ魚、群れ群れです。
f0053895_18302099.jpg


そしてアイダイブ・イチ押しのビューポイント。ここは外せません。(⌒^⌒)b
f0053895_1830174.jpg


すごい。ワイドレンズの効果が出ていますね。ステキな写真です。
f0053895_18301493.jpg


水深24mのアーチそばには、でっかいクエが。
普段は暗がりにいて、ダイバーが近づくとすーっと逃げて行ってしまうので、なかなか写真が撮れないのですが・・・。今日はホンソメワケベラにクリーニングされていたせいか逃げませんでした。こんなに間近でクリアにクエを撮った写真って、ほとんど見たことありません。
f0053895_18301134.jpg


顔のアップ。ホンソメワケベラが2匹写っています。
f0053895_1830917.jpg


光が満ちあふれる出口に向かって。たて穴です。
f0053895_1830679.jpg


1本目潜り終わって、インターバル中のこと。ダイブストア エグザイルの松田さん曰く。

「たった今クマドリカエルアンコウ見つけました。しかも黒いヤツ」

まぢですか〜、どこですかどこですか。わかりました!さっそく見に行きます!

そして、無事ゲット。松田さん、ありがとうございました!m(_ _)m
f0053895_183043.jpg


このあとコガネヤッコの若魚も見ることが出来ました。潜り始めて10分で激レアの生き物をふたつ、相次いで見れちゃうなんて、凄すぎます。(⌒^⌒)b
f0053895_1830150.jpg


激レア2連発のあと、さらにちょいレアも2連発。
サザナミヤッコムスジコショウダイです。どちらも結構アイドルなんですが、クロクマのあとじゃねぇ〜。f ^ ^ *)

大牛の洞窟では狭いすき間にいるクリクリことクリアクリーナーシュリンプや、透け透けの体のサクラテンジクダイ(下記画像)などを見ることが出来ました。
f0053895_18295885.jpg


これは大牛の洞窟を出ていくところですね。
f0053895_18295649.jpg


段々うねりが強くなってきましたが、まだ大丈夫です。じゃ、せっかく海がいいので3本目も、ってことで小牛の洞窟に行ってきました。

まずは入口で体長3cmくらいのハナタツをチェック。無事見つけましたが、宿主のウミカラマツハナタツ自身も揺れているので、写真は撮れませんでした。

洞窟内部でがさごそと蠢くイセエビ達を指さしたところ・・・。
f0053895_18295329.jpg


偶然写った魚は、これ、沖縄でグルクンと呼ばれているタカサゴの仲間ですよね。なんでこんな伊豆の、しかも洞窟の中にいるの?!?

仕切り直して、イセエビのアップです。
f0053895_18294696.jpg


このほか、ヒメセミエビノコギリガニボウズコウイカオトヒメエビカサゴイタチウオウツボをクリーニング中のソリハシコモンエビムスメウシノシタなどを見ることが出来ました。

これは洞窟出口の様子です。
f0053895_18294233.jpg


さらに水路のH型の穴を、1本目とは逆向きに通過。このトンネルはいつもまっ暗なんですが、今日は珍しく陽が差し込んで、左側・小牛の壁が明るく照らされていました。きっと太陽の位置がちょうどよかったんでしょうね。
f0053895_18293765.jpg


はい、今日も地形に魚群に面白い生き物たちとお腹いっぱいの3ダイブ、無事終了です。
でも明日以降は、どうなんでしょう・・・。はっきり言ってわかりません。沖縄のほうにいる17号もこっち来ちゃうみたいだし。Ψ(´д`)Ψ

今日の素晴らしい写真はFumiさんからいただきました。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-27 19:03 | Diving Log

今日の雲見・台風の影響など

今日はダイビングお休みでした。

でも大きな台風がふたつも出来てしまいましたね。
そこで気になる海の様子を先ほど見てきました。こちらがそうです。
f0053895_13565651.jpg


船頭さんとも話をしたのですが、まず波はありません。そして心配された台風のうねりですが、うねりの影響を受けやすい三競(上の写真、右側の崖の辺り)で少々感じる程度。牛着岩はまだ影響はないとのことでした。

この調子で週末まで保ってくれるといいのですが。
とりあえず明日はダイビングの予定です。

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-26 13:59 | Diving Log

いい状態続いている雲見【2012年9月25日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛横→ブルーコーナー
 3ダイブ目:三競
天気  曇り
風向  東より
流れ  ゆるい下り潮
波・うねり なし
気温 24℃
水温 冷たいとこなしの27℃
透明度:20m〜
透視度:15m〜

頭の上だけ隠れている富士山。午後から晴れる予報でしたが、結局1日雲がありました。
f0053895_18312967.jpg


初・雲見ゲストおふたりとダイビング。おふたりは少し前、体調不良でキャンセルされたのですが、こうして再度ご予約下さいました。ありがとうございます!
f0053895_1833830.gif


1本目、エントリーしてまず感じるのは「あたたかい!」ということ。気温が朝のうちなどせいぜい21、22℃しかないので、27℃の水温はとても暖かく感じます。

透明度・透視度も申し分なし。1本目は牛着岩の沖、水深21m付近から広々と水面が見渡せました。
下の写真はH型のトンネルです。穴の向こうにたくさんの魚が群れている様子が手に取るように分かります。
f0053895_18361032.jpg


そしてアイダイブ・イチ押しのビューポイント。何度来ても見飽きない光景です。
f0053895_18305044.jpg


穴の出口付近にはネンブツダイクロホシイシモチ、中層にはイサキの子どもやマアジがこれでもかと群れていますし、捕食者・カンパチも数匹で徒党を組んで、堅気の衆をおびやかしていました。ほんと、悪いヤツです。f ^ ^ *)

水深24mのアーチの主、テングダイを横目で眺めながらトンネルを通過、そして出たところにあるマンボウ待ちの根を越えて行こうとすると・・・。

目につくところにフリエリイボウミウシが2匹。しかもよく見ると、1匹はぐるぐると渦巻き模様のタマゴを今まさに産んでいる最中のようです。

さらにキッカイソギンチャクの上には小さなアカホシカクレエビ。かーわいいですね。(⌒^⌒)b

たて穴をゆっくりと垂直に上がったあとは小空間から秘密の抜け穴へ。当店・得意のコースです。

水路下の洞窟へ道なりに進んで振り向くと、こんな風景を見ることが出来ます。ゲスト達はご自分で見つけた生き物観察に夢中ですね。(⌒^⌒)b
f0053895_18304846.jpg


最後は天井にあいた三角の穴、その名も三角穴を垂直に通過して、迷宮探険は終了です。
f0053895_18304255.jpg


2本目はまずこの人から。かわいさも希少性も文句なし。白いクマドリカエルアンコウ、略してシロクマ君はいつもの所にいてくれました。

が、別のチームが午後見に行ったところ見つけられなかったとのこと。ついに姿を消してしまったのでしょうか。だとしたら、今日のゲスト達は滑り込みセーフですね。
f0053895_18304048.jpg


小さな穴をのぞくと、透明で見えにくいエビ発見。しかもペアです。たぶんオシャレカクレエビ、またはその仲間だと思います。

小牛の裏手をしばらく泳いでいくと、中層には雲見のギャング団登場!
なんと、カンパチイナダの混成部隊です。
f0053895_18303733.jpg


そして写真を見て気がついたのですが、この中の1匹が口に補食したばかりの魚を口にくわえているようです。拡大画像をご覧下さい。ちなみにくわえているのはイナダのほうですね。
f0053895_18303587.jpg


一匹一匹は小さなキビナゴも、これだけ数が多いと見応えありますね。写真じゃ伝わりません。
f0053895_18303398.jpg


次に小牛の洞窟へ。
今日も中ではヒメセミエビノコギリガニボウズコウイカのペアにエビ網漁をかいくぐって生き残ったイセエビたち、オトヒメエビカサゴ、ナマズのようなイタチウオに洞窟でしか見ることの出来ない雲見ならではのアカネテンジクダイ、そしてウツボをクリーニングするソリハシコモンエビなどを見ることが出来ました。

出口を塞ぐように群れるネンブツダイの幼魚たち。
f0053895_18303020.jpg


そしてこの右手の壁で、久しぶりに体長4〜5cmのかわいいハナタツを見つけました。

ここから小牛洞窟前の穴、Hの穴上とマニアックな小さいトンネルをふたつばかり通って雲見のブルーコーナーへ。

乱舞するソラスズメダイキンギョハナダイ、放卵放精を繰り返すニシキベラ、穴から顔を出すホシギンポやコケギンポを楽しんで、中身の濃い2本目のダイビング、終了です。

3本目はマンツーマンで三競へ。

海底迷宮の手始めは1の穴から1の穴スペアへ。ここではヨスジフエダイを見ることも出来ました。

1.5の穴から2の穴へ続く水路、そして肩こすりの穴へ。次から次へ大小さまざまな穴を通過していきます。

2の穴の入口は狭いのですが、中へ入るとご覧の通り。広くなっており、天井にあいた穴から光が差し込んでいます。
f0053895_18302828.jpg


出口付近の壁にはヒロウミウシや、ひょこひょこと独特の動き方をするシロミノウミウシがいました。

出た場所ではいつものオキナワベニハゼ。ただ、今日は穴から顔を出しているだけで、全身を見せてはくれませんでした。

いよいよ3の穴へ。この穴の入口はワイングラスをひっくり返したようなシルエットです。
f0053895_1830267.jpg


こちらは4の穴、通称「宮殿」です。暗い水路を入っていくとやがて現れる美しい光のシャワーを楽しめます。
f0053895_18302487.jpg


いつもならここで引き返すのですが、今日は特別です。(*^^*)
ゲストがひとりしかおらず、海況が穏やかなので出来ること。そう、この「宮殿」で浮上するというミッションです。

人間2人分しかない狭いスペースに顔を出すと・・・。こんな光景が広がっています。
f0053895_18302149.jpg


今まで2回ほどここで浮上したことがありますが、潮が引いていたりして、上陸することは出来ませんでした。そして今日は・・・。
f0053895_18301989.jpg


じゃーん。ゲストには水面で待っていていただいて、自分は岩の上によじ登ってみました。
f0053895_1830164.jpg


へへ。前からやりたかったんですよね〜。
お付き合いいただいてありがとうございます。m(_ _)m

ここから4.5の穴→不思議な形の水路→5の穴と通過して、無事浮上。これはいちばん最後に通る5番の穴の様子です。
f0053895_18301493.jpg


今日は最後まで穏やかでキレイであたたかい雲見でした。しかし、台風がふたつ相次いで出来てしまいましたね。明日辺りからうねりが入りそうな予報です。今週末はどうかな〜。心配です。(;´д`)

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-25 19:20 | Diving Log

劇的変化の雲見【2012年9月23日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩小牛横→24ブイ
 2ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩水路周辺とブルーコーナー
天気  一日中雨
風向  東よりのはずが・・・。
流れ  朝のうち下り潮
波・うねり べた凪から大荒れへ
気温 20℃
水温 25℃〜26℃
透明度:15m〜18m
透視度:12m〜15m

1日雨降りの天気。こんな日もありますね。
f0053895_1833646.jpg


今日は初・伊豆ゲスト、初・雲見ゲスト、雲見リピーターのゲスト。バラエティ豊かな面々が1チームになってのダイビングです。
f0053895_1833361.gif


いや〜、今日の雲見は色んな意味で劇的でした。
まず水温と透明度。1本目エントリーして驚きましたよ。
何しろあたたかくて青い!昨日までの浮遊物が多く濁った水はどこへ行っちゃったのか不思議なくらいです。水温もほぼ全体的に25℃から26℃を保っていました。

これがひとつ目の劇的変化。

ふたつめは風と波です。午前中はとても穏やか。エキジットして水面で船を待っていても、何の苦もありません。ところが、3本目は思わず目を疑いたくなるほどの荒れ模様。ついさっきまで何の制限もなく潜れていたのに、3本目のエントリー・エキジットは牛着岩の湾内限定。お陰で三競に行きそびれました。f ^ ^ *)

でも水中へ入ってしまえば静かなものです。そんな雲見で、思う存分地形と魚群を楽しんできました。

最初は小牛の横でエントリー。どうやら今日現在、伊豆半島中でこの人しかいないらしい白いクマドリカエルアンコウをチェックです。
f0053895_18325923.jpg


そして頭上を仰ぎ見れば、天気が悪いので薄暗いものの青い中層いっぱいに広がるキビナゴの群れ。見応えがあります。
f0053895_18325539.jpg


もちろん海のギャングカンパチツムブリが、がんがんアタックしていました。

小牛の裏手には今年生まれたネンブツダイの幼魚がびっしりと密度の濃い群れを作っていました。
f0053895_18325333.jpg


ダイビング後半は少し穴巡り。クランクには今日も魚がびっしりと詰まっていました。
f0053895_18465517.jpg


2本目はきっちりとスタンダードコースを回って、雲見の地形を楽しんでいただきました。海底迷宮、探険途中です。
f0053895_18325041.jpg


アイダイブ・イチ押しのビューポイント。
f0053895_18324334.jpg


途中、やたら気の強いクマノミにガン飛ばされました。f ^ ^ *)
f0053895_18324740.jpg


穴巡りの途中でミナミハコフグの幼魚にも出会えました。
f0053895_18324082.jpg


水路下の洞窟で振り向けば、こんな風景を楽しむことが出来ます。
f0053895_18324533.jpg


3本目、三競のサイトブリーフィングをお客様にし終わって準備しようとしたら、海が急変してポイントの変更を余儀なくされました。

しかもエントリー・エキジットは湾内限定です。じゃ、奇を衒わず、素直に水路周辺の魚群を楽しみに行きましょうか。なにしろ水路を沖側に抜けた辺りでは、何種類もの魚の群れが二重三重に重なっています。
f0053895_18323747.jpg


キビナゴマアジイサキスズメダイネンブツダイクロホシイシモチツマグロハタンポ。なかでもアジは黄金色の体色が美しいですね。
f0053895_18323328.jpg


もちろん捕食者たちの活動も盛んです。一瞬ですがイナダの大群が現れましたし、カンパチはいかにも悪そうな顔してずっとうろうろしていました。

その中でもひときわ大きい個体をよく見ると、背ビレがひゅっと長いヒレナガカンパチでした!
f0053895_18321460.jpg


きれいであたたかく、生き物で満ちあふれた水中世界。名残惜しいですが、エキジットの時間です。
f0053895_18321137.jpg


雨が降っていたので手早く撤収。帰り際の牛着岩の様子です。
f0053895_1832962.jpg


今日の写真提供はTokiさん、Yukoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-23 19:02 | Diving Log

地形と魚群はどこにも負けない雲見【2012年9月22日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩ショートスタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩水路下の洞窟
 3ダイブ目:三競
 4ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
天気  晴れときどき曇り
風向  東より
流れ  下り潮のち上り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 27℃
水温 24℃〜26℃
透明度:7m〜8m
透視度:6m〜8m

今日は週末。雲見の波止場は大勢のダイバーで賑わいました。
f0053895_20233112.jpg


アイダイブにも大勢のお客様にご来店いただきました。
ありがとうございます。m(_ _)m
f0053895_20232890.gif


そしてゲストをふたつのチームに分けて交互にガイドするスタイル。先発隊は初・雲見の方がいたのでスタンダードコースへ行きました。

クランクとは岩に囲まれた狭い空間ですが、何故かここは魚たちが集まります。
f0053895_20232427.jpg


今日もマアジの群れにがんがんカンパチがアタックしていました。

クランクを出ると、かなり強い下り潮。
なので無理せず流れに乗ってたて穴方面へ。楽に残りのコースを回ることが出来ました。

後発隊はちょっとブランクがあったり、のスキル発展途上チーム。様子を見ながらゆっくり水路へ。ちょっと流れがあったりして少し苦労しましたが、水路の洞窟周辺をちょっとだけ見て帰ってくることが出来ました。

先発隊は三競へ。
人が通れない穴を撮る、というのもセンスですね。
f0053895_20231912.jpg


2番の穴の様子です。
f0053895_20231780.jpg


そして3番の穴。幻想的でした。
f0053895_20231428.jpg


後発隊、2本目は1本目でだいぶ感じがつかめてリラックスした様子。再度牛着岩の水路方面へ。今度は1本目よりもずっと長い距離を潜ることが出来ました。やっぱり1本潜ると慣れるんですね。ゲスト達もずっと濃いダイビングをする事が出来て満足のご様子でした。

最近ちょっと透明度が芳しくないんですが、今日は少し透明度も水温も回復していました。もうちょっと良くなってくれるといいんですが・・・。

今日の写真提供はYoshikoさん、Emiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-22 21:38 | Diving Log

平日まったりダイビングを雲見で【2012年9月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩小牛横→ブルーコーナー
 2ダイブ目:牛着岩大牛の洞窟
天気  曇りのち晴れたまに雨
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 27℃
水温 22℃〜26℃
透明度:5m〜6m
透視度:5m〜6m

朝のうちは雨がパラパラ。でも段々と日が差してきました。
f0053895_1758186.jpg


今日は電車でご到着のゲストとのんびりダイビング。平日は波止場もすいていていいですね。
f0053895_17583888.gif


まず最初にシロクマ君こと白いクマドリカエルアンコウを見に行きました。
f0053895_1801457.jpg


平日なので他のダイバーを気にせず、ゆっくり撮れました。
f0053895_180852.jpg


水路周辺では相変わらずの凄い魚影。マアジイサキ、それにキビナゴなどがぐっちゃり。

それに向かってアタックを繰り返すカンパチも数匹いて、見飽きませんでした。

たて穴に入って、上を見上げたところですね。
f0053895_180541.jpg


2本目は雲見で最近話題の生き物を見に行きました。最初はなんと言ってもこの人から。見た目がかわいくレア度もピカイチのコガネヤッコです。
f0053895_180319.jpg


お次はこの人。ムスジコショウダイの幼魚。略して「ムスコ」は変・・・? だってアジアコショウダイは「アジコ」っていうし・・・。
f0053895_17595816.jpg


結構大きいキイロウミウシ。フリルのようなひらひらがチャームポイント。
f0053895_17594650.jpg


2匹並んでヒロウミウシ。1週間前にみつけたミナミヒロウミウシは、今日も見つかりませんでした。
f0053895_17594394.jpg


この他、センヒメウミウシもいましたね。

洞窟の奥ではサクラテンジクダイ。筋金入りの透け透けっぷりです。
f0053895_17593727.jpg


明日も晴れて、海も穏やかな予報ですね。

本日の写真提供はEmiさん、Yoshikoさん、Yurikaさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-21 18:42 | Diving Log

地形・群れ・マクロ全部楽しむ雲見【2012年9月20日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩大牛の洞窟
 3ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  東より
流れ  下り潮少々
波・うねり なし
気温 28℃
水温 20℃〜27℃
透明度:7m〜17m
透視度:6m〜14m

日曜日以来の雲見です。うねりもとれて穏やかになりました。
f0053895_20594092.jpg


今日のゲスト達は皆リピーターでベテランの方々でした。まず1本目は地形リクエストでスタンダードコースへ。

クレバスは迷宮の入口でもあります。ここをまるでウサギを追って穴に落ちた「不思議の国のアリス」のようにひゅーっと降りてくると、別世界に入り込むことが出来ます。ってことは、僕はさしずめ懐中時計を持ったウサギですね。(⌒^⌒)b
f0053895_20593055.jpg


H型の穴では、大きなクエに遭遇。いつもだと、ダイバーの気配を感じるとすーっと逃げて行ってしまうのに、今日は何故かびくともせず。お陰でゆっくりと写真を撮ることが出来ました。
f0053895_20592784.jpg


クランクには相変わらずの凄い魚影。この狭い空間に何故魚が集まるのかはちょっとした謎です。
f0053895_20592429.jpg


これは迷宮の出口・三角穴の様子。ここを通ると「元の世界に戻ってきた」感があります。
f0053895_20591870.jpg


2本目はレアな生物を見ようと大牛の裏手でエントリー。まずは大牛の洞窟上の穴でコガネヤッコyg.やサザナミヤッコyg.、それからヤミテンジクダイ(下記画像)などをチェック!
f0053895_2111446.jpg


それからこれは同じ場所にいた謎の魚。一見キンギョハナダイのメスのような印象でしたが、各ヒレが黄色だったり、目の下の線がなかったり。
f0053895_21245199.jpg


中でもいちばんの違いが尾ビレの形。ここをよく見ると尾ビレの形が三日月型ではなく丸形です。これ決定的な違いですよね。どなたかこの子の正体を知っている方がいたら、ご教示願います。
f0053895_21245482.jpg


ムスコことムスジコショウダイの幼魚。ずっと同じ、しかも撮りやすい場所にいてくれます。
f0053895_20584941.jpg


ゲストが見つけたキイロウミウシ。きれいですね。(⌒^⌒)b
f0053895_20585289.jpg


3本目はまたまた地形狙いで三競へ。各穴に差し込む光がキレイでした。
f0053895_20582391.jpg


3の穴のレーザービームは、そろそろ季節が終わりそうな予感をはらんでいました。幅広で、柔らかい光線です。
f0053895_20581825.jpg


4の穴・宮殿はこの通り。美しい光に満ちていました。
f0053895_2058112.jpg


今日の写真提供はTommyさん、Kazumiさん、Sayuriさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-20 21:33 | Diving Log

田子で午前中さくさく2ダイブ【2012年9月17日】

ポイント名 田子
 1ダイブ目:白崎1番から2番のブイ
 2ダイブ目:弁天島
天気  晴れ時々雨
風向  東より
流れ  なし
波・うねり 湾内はそれほどでも
気温 27℃
水温 27℃〜28℃
透明度:白崎・18m〜20m、弁天島・8m〜12m
透視度:白崎・14m〜15m、弁天島・6m〜8m

台風16号が送ってよこすうねりのせいで、雲見はクローズ。
そんな時でも大きな湾があるので潜れてしまう田子へ、場所を移してダイビングしてきました。
f0053895_18224451.jpg


田子の湾内、いちばんの見せ場はやっぱり白崎のサンゴ群生地です。ただ、当然多くのダイバーが集まる場所でもあり、時間の経過とともに濁ってしまいます。なので朝イチで行ってきました。

船からバックロールエントリーして水中をのぞき込むと・・・。
きれい!水底が下のほうまで見えています。田子は湾内と言えどもすり鉢状に深くなっているのですが、水面から、潜降ロープの根元の、さらに先まで見えていました。
f0053895_18264610.jpg


サンゴの場所では、ゲスト達それぞれ、思い思いにサンゴを眺めたり、生き物を探してのんびり。
f0053895_18274469.jpg


伊豆半島でこれほど見事なエダサンゴの群生地は、他に聞いたことありません。
f0053895_1828349.jpg


浅いので明るいし、エアの心配もいりませんしね。(*^^*)
f0053895_18293066.jpg


見上げると、太陽がきらきらしていました。
f0053895_18322410.jpg


2本目の弁天島は、湾の入口に近いせいか、うねりの影響を多少受けていました。それでも昨日の雲見に比べると、ずっと泳ぎやすい感じでしたが。

これはオオアカヒトデに隠れていたヒトデヤドリエビ。
f0053895_18342927.jpg


肉眼では分かりませんでしたが、このオルトマンワラエビは抱卵していました。
f0053895_18345750.jpg


こちらはコウライトラギスのメスですね。目が合いました。(*^^*)
f0053895_1835972.jpg


キサンゴの仲間。鮮やかな色彩です。
f0053895_1835630.jpg


このアカホシカクレエビも抱卵中でした。
f0053895_183517.jpg


台風の影響、いつまで続くんでしょうか。気になりますね。

本日の写真提供はTaisukeさん、Jiroさん、Kanaさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-09-17 18:31 | Diving Log