<   2012年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今日は地形を攻める雲見【2012年10月31日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 ショートスタンダードコース
 2ダイブ目:三競
天気  曇りのち晴れ
風向  東の風
流れ  下り潮強い
波・うねり ほとんどなし
気温 19℃
水温 22℃
透明度:14m〜15m
透視度:8m〜10m

薄曇りでしたが、海は穏やかでした。
ただ1本目は下り潮がかなり強かったですね。ただそれだけで海がぐっとワイルドな感じになります。
f0053895_1633949.jpg


今日は初・雲見や、久しぶりのゲスト達でした。
なので地形をメインに潜りました。
f0053895_1633374.gif


水路を通って、落差8mはあるクレバスを落ちていきます。
f0053895_1632374.jpg


下から見上げると、自分たちの吐いた泡がキレイです。
f0053895_1631869.jpg


次は、上から見るとアルファベットのHの形をしたH型の穴を抜けました。
f0053895_1623538.jpg


トンネルを出た先はクランクです。ここはいつも魚がたくさん集まる場所ですが、今日は特にすごかったですね。
f0053895_162273.jpg


魚で前が見えなくなるほどでした。
f0053895_1622450.jpg


魚群をたっぷりと楽しんだ後、クランクを出て、いつもなら水深24mのアーチへ向かいます。
しかし今日は下り潮が速く、24アーチに行くにはこの流れを横切らなければならない為、しんどそうです。なので無理せず、潮に乗ってぷちドリフト。ショートカットしてたて穴へ向かいました。

途中、体長4cmほどの可愛らしいハナミノカサゴ幼魚を見つけたので、思わず立ち止まって撮影です。
f0053895_1621475.jpg


たて穴を見上げると、こんな感じ。
f0053895_1621065.jpg


2本目も複雑な水中景観を求めて、三競へ。夏のような強烈な日差しは差し込みませんが、ほの明るい洞窟の中は神秘的な感じです。

写真は3の穴・エアドームの下辺り。
f0053895_1615691.jpg


こちらは4の穴・宮殿の様子。
f0053895_1615338.jpg


4の穴の出口です。
f0053895_1615180.jpg


今日もさくっと2本、無事に潜り終わりました。

本日の写真提供はEmiちゃん、Masaさんです。ありがとうございました!

先週末は大勢のお客様にご来店いただいた当店ですが、何故か次の週末(3日と4日)はご予約ほとんどゼロです。今のところ土曜日にお一人、日曜日はゼロという状況。(T_T)

ですので今週末、ちょうど暇だわ、という方、ぜひ足をお運びください。
お待ちしております。m(_ _)m

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-31 16:27 | Diving Log

レアマクロ目白押しの雲見【2012年10月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟→グンカン
 2ダイブ目:牛着岩 島前→ブルーコーナー
天気  曇り時々晴れ
風向  東の風
流れ  少しだけ上り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 19℃
水温 22℃
透明度:14m〜15m
透視度:8m〜10m

今日も穏やかな海況でした。薄曇りで昨日ほどは暑くなかったですね。
f0053895_16321788.jpg


平日でマンツーマンダイブです。
ゲストはリピーターで生き物の写真を撮るのが大好きな方。
じゃ、最近ぞくぞくと見つかっているステキな生き物たちを片っ端から撮影しに行きましょう!(*^^*)
f0053895_16334761.gif


と、威勢よく言ってみたものの、不安なのは昨日外してしまったフリソデエビ。でも我々が準備をしていると、知り合いのガイドさん達が続々とやってきて一大捜索隊が結成されそうな雰囲気。じゃ、最初に行って探すのではなく、ダイビングの最後に行って教えてもらう作戦と行きましょう!

そんなわけで、最初は大牛の洞窟へ。穴の入口付近でまずはキイロウミウシ、次に三角岩でクリアクリーナーシュリンプを見ました。

そしてチビシロクマへ、と思いましたが先客がいたので少し手前でベニカエルアンコウを撮影。
そしていよいよチビシロクマ、正式名称小さくて白いクマドリカエルアンコウへ。
f0053895_1631978.jpg


まだ体長2cmほど。濁らない白い色が鮮やかでとてもかわいいです。

そのすぐそばにはアカネコモンウミウシも。
f0053895_1631412.jpg


しかし昨日はいたイボヤギミノウミウシ、今日はもう何処にもいませんでした。

洞窟を出て、水深16mのアーチ方面へ。
少し行ったところで鮮やかな紫色のトゲトサカの上に小さなイソコンペイトウガニ発見!ゲストが懸命に写真を撮りましたが、小さすぎてシャープな画像は得られませんでした。

お次は体長5cmくらいのシロクマ君。ですがチビシロクマに比べるとかわいさ半減なのは否めず。レアなはずなのにライバルがいるせいで相対的な価値が下がってしまうとは運の悪いヤツです。

ゲストが自分で見つけたフリエリイボウミウシの写真も撮っていました。いつの間に。(*^^*)

そしてこちらはイソギンチャクエビ。同じイソギンチャクの中にミツボシクロスズメダイと同居しています。
f0053895_16305895.jpg


いよいよグンカンへ。
昨日は通ったグンカンアーチ、今日は通りませんでした。別に験を担いだワケじゃないんですが。

今日も大きな岩の裾から徐々に上のほうに移動していきます。途中で、今日はキカモヨウウミウシを見つけて小休止。うーん、ここまでの展開は昨日とよく似ているぞ、と思いながらグンカンのてっぺんを見上げると・・・。

はまゆの孝太郎君が大きく丸印サインを出してくれているじゃありませんか。

やった!

急いで彼の元に行くと・・・。
f0053895_16305419.jpg


よかったー。フリソデエビbaby、今日はいてくれました。

なんでも岩の上にポンといたのを、そっとヒトデの上に移したんだとか。
まったく、頼むよ、ヒトデの上にいてくれないと見つけにくいじゃないか・・・。
f0053895_16301730.jpg


いやー、それにしても体長は2cmほどと、私が今まで見た個体の中でいちばん小さいですね。その分かわいらしさは申し分なし。間違いなく雲見のNo.1アイドルの座はこの人に。今まで不動の1位だったチビシロクマ君は2位に転落です。

はぁー、しかし贅沢です。たった一回のダイビング中にシロクマ2個体とフリソデエビを見られてしまうなんて。雲見恐るべし。

あれ、まだ浮上するには時間がありますね。じゃ、もう少しグンカン岩の上で遊びましょうか。

まずは一度見つかるとずっと同じ場所にいてくれてありがたいトサカガザミをチェック。
f0053895_16301360.jpg


それから何気なく手近のトゲトサカを見てみると・・・。
おっと、今日2個体目のイソコンペイトウガニ発見!しかもかなり大きめの個体です。見つからない時はいっくら探しても見つかりませんが、見つかる時はこんなもんなんですね〜。
f0053895_1630920.jpg


レアな生き物をたらふく見た1ダイブ目、終了です。ゲストはもうこの時点で「満足〜」と言っていましたが、いやいやいや。まだ1本しか潜っていませんから、もう1ダイブしましょうよ。f ^ ^ *)

インターバル中、雲見のガイド陣と話していると、はまゆの孝太郎君がふと「メガネゴンベもいますしね」と。

ん? 今、なんてった!?
メガネゴンベ? まじっすか? 伊豆では見たことありませんけど!

そんなわけで、2ダイブ目はメガネゴンベがメインキャストに決定です。

しかし、いきなり探しに行くのは得策ではありません。まずは固い線から押さえて、最後に探しに行く作戦と行きましょう。f ^ ^ *)

島前でエントリーして最初に見に行ったのはハタタテハゼ。沖縄ではポピュラーな存在ですが、伊豆では珍しいと思います。それが水路入口の砂地にいるんですから、お手軽に見れちゃいますね。(⌒^⌒)b
f0053895_1630699.jpg


何しろ場所を動かないので一度見つかると、ほぼ間違いなく見ることが出来るかわいいヤツです。

お次はこちら。ミヤケテグリ。鮮やかな赤い体色が美しいです。
f0053895_1630336.jpg


もちろんオビテンスモドキもチェックしましたよ。(*^^*)

少し先へ進むとオオパンカイメンの上に小さなミノウミウシ発見!またいつものニセハクセンミノウミウシかなんかかな、と思いながらゲストに写真を撮ってもらいました。

ところが。帰ってきて写真をじっくりと見てみると・・・。なんだか見たこと無いヤツかも。色々と調べてみると、どうやらアオセンミノウミウシというヤツらしいです。
f0053895_1629592.jpg


少し移動して、小牛の洞窟前でアカシマシラヒゲエビをチェック。
f0053895_16295695.jpg


それから洞窟入口の壁でルージュミノウミウシも見ました。
f0053895_16295444.jpg


その時、たまたま居合わせたアクアティークの糸井さんが小さなウミウシを教えてくれました。小さすぎて写真はうまく撮れませんでしたが・・・。

どうも、これも初めて見る種類のような・・・。また機会があったらしっかりと調べてみたいと思います。

この後洞窟から少し離れたところでウミウサギガイの仲間のコボレバケボリを写真に撮りました。

そしていよいよメガネゴンベ探しです。場所に行くと、また糸井さんがいて写真を撮っていました。そんなわけで僕らは労せずメガネゴンベを見ることが出来ました。
f0053895_16294753.jpg


でもこれ、沖縄などでは普通ですが伊豆では珍しいですよね。季節来遊魚としてレアだと思います。
f0053895_16294423.jpg


最後はブルーコーナーの浅い岩の上で安全停止を兼ねてフィッシュウオッチング。普通にキンギョハナダイソラスズメダイがたくさん群れていてそれだけで楽しいところです。

でもふと岩の隙間に目をやると、ん?ん?見慣れない魚がいるぞ。
f0053895_16294052.jpg


写真を見ながら図鑑を調べてみると、ハクセンスズメダイの幼魚だと分かりました。さらにその側に鮮やかな緑色のラインが入った幼魚を見つけました。こちらは写真は撮れませんでしたが、調べるとヤマブキベラの幼魚だと分かりました。浮上寸前まで、気の抜けない雲見です。(*^^*)

本日の写真提供はEmiちゃん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-30 17:56 | Diving Log

色々あって明日に期待する雲見【2012年10月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース+小牛の洞窟
 2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟→グンカン
天気  晴れ
風向  東よりの風
流れ  上り潮ほんの少し
波・うねり なし
気温 20℃
水温 22℃
透明度:14m〜15m
透視度:8m〜10m

昨日夕方からの雨が嘘のように、きれいに晴れました。富士山にはしっかりと雪も乗って、いよいよ寒い時期が近づいてきていることを予感させます。
f0053895_178050.jpg


今日は初・雲見のベテランゲストとマンツーマンダイブ。1本目は雲見ならではの地形を思う存分楽しむコース。と言えば、スタンダードコースですね。

いつものように水路入口の岩でエントリー。
潜降すると水路周辺の魚影、めちゃめちゃ濃いです。定番のネンブツダイクロホシイシモチに加えて、キンメモドキの群れも。

これはH型の穴の様子。魚で出口が見えません。
f0053895_1775374.jpg


上から見るとアルファベットのHの形をしたトンネル。これをカギ型に通り抜けると、出口はまるで水族館のような景色です。
f0053895_1775027.jpg


いつもならクランクを経由して水深24mのアーチ方面に泳ぐのですが、今日は欲張って小牛の洞窟へ。

洞窟に入る手前の岩の隙間には、新たにアカシマシラヒゲエビを発見。

洞窟内に入ると、ヒメセミエビノコギリガニボウズコウイカイセエビオトヒメエビカサゴと言ったおなじみの面々が次々に現れて飽きません。

これはカレイの仲間のムスメウシノシタ。体にかじられたような痕があります。
f0053895_1774742.jpg


この洞窟は出口の風景も抜群にいいです。
f0053895_1774457.jpg


もう一枚。(*^^*)
f0053895_1774173.jpg


洞窟を出たところではルージュミノウミウシを、少し進んだところではコボレバケボリを、新たに見つけました。

水深24mのアーチからたて穴、そして水路下の洞窟へ。
f0053895_177264.jpg


三角穴には光がいっぱいに差し込んで綺麗でした。その穴を通って水路に戻ると、ご覧の魚影です。
f0053895_1772364.jpg


2本目は、続々と見つかっているアイドル的な生き物を探しに行きました。

まずは大牛の洞窟の小さなクマドリカエルアンコウ、ゲット。
次に海冒主の真野さんから教わったアカネコモンウミウシイボヤギミノウミウシも立て続けに見つけることが出来ました。下の写真はアカネコモンのほうです。
f0053895_1765822.jpg


洞窟のいちばん奥でサクラテンジクダイの透け透け具合を楽しんだ後、コリンズのあさみちゃんが見つけたベニカエルアンコウもうまく探し出せました。

最近、このベニカエルアンコウが全然いなかったので、貴重な存在です。

お次は大牛の裏手にいるクマドリカエルアンコウの大きいほう。少し場所が変わっていたのでちょっとだけ見つけるのに手間取りましたが、これも無事発見。
f0053895_1765145.jpg


あとは大トリ、紅白で言えば北島三郎的ポジションのフリソデエビを残すのみ!
昨日グンカンで発見されたばかりです。ですが私がその発見の報告を聞いたのは5本目を潜り終えた後。見に行くことは出来ませんでした。

いやー、ついに出ましたか。そう言えば長らく見てないなー。
確か去年はひとチームが見ただけですぐにいなくなってしまい、その後とうとう現れずじまいでした。今年は余所のポイントで見つかった!という報告が続々上がる中、雲見でも待望の発見でした。

さて、この2匹目のクマドリカエルアンコウまでは順調でした。予定している潜水時間もまだ25分くらい余っています。

まっしぐらにフリソデエビを探したい気持をぐっと押さえて、まずはグンカンアーチを通過。

ここからフリソデエビがいる場所に向かってゆっくりと泳いでいくと、その途中でイシガキウミウシイソギンチャクモエビも見ることが出来ました。

さて、いよいよフリソデエビ探しです。場所はすぐに分かりました。それらしいアカヒトデもすぐに目に入ってきました。が、肝心のエビが乗っていません。

少し捜索範囲を広げてさらに幾つかアカヒトデをチェックしましたが、いません。

ひょっとしてヒトデの下に隠れているのかな?
そーっとヒトデを持ち上げて下をのぞき込みましたが、いません。

分かった。ヒトデから降りて、岩の隙間に隠れているんだ。
片っ端からいそうな穴や亀裂をのぞき込みましたが、やっぱりいません。( ̄Д ̄;)

結局、予定していた潜水時間を10分近くもオーバーして探しましたが、見つけることは出来ませんでした・・・。

どこ行っちゃったんだろ。(T_T)
本日のゲストは私が探している間、辛抱強く待っていてくれました。

そう言えばフリソデエビを探して穴の中をのぞき込んでいる時、クリアクリーナーシュリンプを発見。
f0053895_17541121.jpg


これはこれで嬉しいけど、やっぱりフリソデエビが見たいぃぃぃぃぃぃぃ!

明日に望みをつないで、今日のダイビングは終了です。
写真提供はHidekiさん、長いことお待たせしてすいませんでした。m(_ _)m

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-29 17:57 | Diving Log

穏やかで潜りやすい雲見【2012年10月28日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 2ダイブ目:三競
 3ダイブ目:黒崎
 4ダイブ目:黒崎
 5ダイブ目:三競
天気  曇りのち雨
風向  東の風
流れ  なし
波・うねり なし
気温 19℃
水温 22℃
透明度:14m〜15m
透視度:8m〜10m

今朝は朝から曇り空。3時頃からは小雨もぱらつきだしました。
f0053895_19433858.jpg


これは午前中の様子です。まだ雨は降っていません。波止場は人でいっぱいですね。インターバル中のゲストが撮った写真を使わせていただきました。

今日もゲストを2チームに分けて、交互にガイドするスタイル。

そして本日の先発隊メンバーは皆さん3ダイブのリクエスト。やる気です。で、私は5本潜ったのですが、牛着岩はうち1本しか行きませんでした。これも珍しいですね。(*^^*)
f0053895_19434364.gif


1本目はスタンダードコースへ。これはH型の穴です。
f0053895_19434415.jpg


洞窟の出口からクランクを見たところですね。
f0053895_19434770.jpg


ダイバーが水深24mのアーチへ入っていくところ。
f0053895_19434971.jpg


そして秘密の抜け穴から外の様子を見ています。
写真を提供してくれたゲストの写真を皆で見ていると、今日潜ったコースをもう一度疑似体験できて面白いですね。
f0053895_19435279.jpg


水路下の洞窟の奥で振り向いて景色を見ています。いつもは振り向いた景色の写真を載せていますので、ちょっと新鮮ですね。
f0053895_19435534.jpg


黒崎ではおととい発見されたというニシキフウライウオをゲット!
f0053895_19435813.jpg


いる場所がいつもコースの最後に入る黒崎の洞窟前だったのですが、ちょうど同じ船で違うチームとバッティングしてしまいました。そこで我々はいつもと反対向きに泳いだのですが・・・。

新鮮で面白かったです。これは黒崎で偶然見つけたアカホシカクレエビです。
f0053895_1944235.jpg


浮上して水面で待っていると、船が迎えに来てくれました。
水面はご覧の通り終日真っ平らで、少しくらい船が遅れても全然苦になりませんでした。
f0053895_194444.jpg


三競では、洞窟巡りを楽しみました。これは「1の穴スペア」から「1の穴」へ昇格したトンネルです。本家の1の穴は現在台風で塞がってしまって通れません。f ^ ^ *)
f0053895_1944713.jpg


これは3の穴・エアドーム下の様子。足下にある平らな岩めがけて潜降して、外へ出ていこうとしている様子です。
f0053895_194494.jpg


そしてこちらは4の穴です。通称「宮殿」という小部屋には壁にびっしりとキサンゴの仲間が群生しています。
f0053895_194412100.jpg


今週末、大勢のゲストに足を運んでいただきましたが、海況に恵まれて安全に楽しく潜ることが出来ました。(*^Д^)=з

今日の写真提供はDaisukeさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-28 20:02 | Diving Log

いろいろ初めてな雲見【2012年10月27日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 小牛の湾内
 2ダイブ目:牛着岩 水路の洞窟巡り
 3ダイブ目:牛着岩 ショートスタンダードコース
 4ダイブ目:三競
天気  晴れ
風向  東の風
流れ  下り潮少々
波・うねり ほんの少し
気温 20℃
水温 22℃
透明度:10m〜12m
透視度:7m〜8m

今日は穏やかな天候で海も静かでした。
f0053895_20474991.jpg


今日は初・雲見や初・ドライスーツの方、そして初・伊豆でのダイビングの方もいてお初尽くしでした。
f0053895_20485964.gif


先発隊は初・ドライの方が3人いたので、まずはあまり起伏のないコースでのんびりドライスーツに慣れていただきました。皆さん、初めてとは思えないほど落ちついていましたね。

後半は余裕も出てきたので、トサカガザミとかイソバナカクレエビアオサハギなどを見て楽しみました。

これは割とよく見かけるアイゴです。
よく撮れていたので、載せてしまいました。f ^ ^ *)
f0053895_20552832.jpg


後発隊は水路周辺の地形をたっぷりと楽しみました。H型の穴を、8の字を描くように泳ぐと、もうどこにいるやら方向感覚を失ってしまいます。

最後は水路下の洞窟で来た道をふり返って、神秘的な地形を堪能しました。
f0053895_20591722.jpg


いちばん最後は三競へ。

ここは1番から5番まで番号の振られた穴を順番に出たり入ったりして進んでいくポイントです。
f0053895_214175.jpg


これは2番の穴を出ていくところです。
f0053895_2141118.jpg


4番の穴には通称「宮殿」と呼ばれる小部屋があります。
今日はうまい具合に、キレイに太陽光が入っていました。
f0053895_2142065.jpg


今日も無事潜り終わりました。

本日の写真提供はMasaruさん、Wachiさん、Tomoちゃんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-27 21:08 | Diving Log

ガイドの休日

今日は知り合いのガイドさんのお店に遊びに行きました。
行った先は八幡野のリトルリッツ、佐藤さんのお店です。(*^^*)
f0053895_20573523.jpg


佐藤さんとは所属している指導団体が同じですし、雲見でも時々顔を合わせます。
佐藤さんはメカに強くてカメラにも詳しいですし、今回私が購入したドライスーツのインナーウエアIW-3100の愛用者でもあります。

そこでアクアティークの糸井さんと一緒に、色々なお話を聞きにお伺いした、というわけです。

お邪魔していた時間は2時間くらいですが、あっという間でした。
ドライスーツとそのインナー、カメラ、レンズ、生き物情報からHP作成のコツ、SEO対策や我々が現在提供していない様々なサービスのことなど、随分と有意義なお話を聞くことができました。

佐藤さん、貴重なお時間をいただいてありがとうございました。m(_ _)m

お昼は佐藤さんのお店の近くにあるラーメン屋さんで。
f0053895_2125874.jpg


帰り道、このまま帰っちゃうのももったいない気がして、稲取に寄り道しました。
f0053895_216755.jpg


稲取は1ダイビングサイト1ダイビングサービスです。ここのサービス稲取マリンスポーツセンターのガイド陣も、皆さん知り合いです。写真は稲取のガイド、佐藤紅美さんです。おじさん2人はでれでれ。f ^ ^ *)
f0053895_216257.jpg


充実した施設の前に広がるビーチがダイビングサイトなんですね。
f0053895_2155788.jpg


チャンスがあったら潜ってみたいと思います。

今日は久しぶりに松崎町の外に出ました。普段と違う場所で違う人に会うと新鮮だし、色々と刺激がありますね。有意義な1日でした。お付き合いいただいた糸井さんはじめお時間を割いて下さった皆様、ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-26 21:10 | 海の話

ニュードライスーツ!

段々と寒くなってきましたね〜。
これからの季節、お世話になるのがドライスーツです。

ドライスーツは服の上に着るダイビング用スーツ。体が濡れない為体力の消耗が少ないですし、中に着るインナーウエアを調整することで、幅広い水温・気温に対応できます。

寒がりの私はドライスーツ大好きです。f ^ ^ *)
そして6年愛用したドライスーツを新調することにしました。

購入したのはワールドダイブの「ZMD2012-EX」です。
定価は283,500円。お高いですね〜。f ^ ^ *)

私の場合、仕事ですから使用頻度も高いです。たぶん年間150〜200本はドライスーツを使って潜ると思います。そこでスーツに使われている素材もより強度の高いモデルを選びました。

一般のダイバーはここまで高いモデルを選ぶ必要は無いと思います。
私はゲストに対して、ワールドダイブ社のラインナップの中ではいちばん廉価なモデルをお勧めしています。

ワールドダイブ社は縫製などがしっかりしているしデザインも秀逸です。ネットなどにはただ安いだけのスーツなども出ているようですが・・・。

せっかくドライスーツを選ぶなら、ワールドダイブ社など国産の、きちんと国内の工場で製造されているスーツを選んだほうが、結果的には長持ちもするしお買い得だと思います。

私は器材量販店ではありません。大量の在庫を抱えたりもしていませんし、一等地に店舗を構えて高い家賃を払ったりもしていません。なので器材販売で大きな利益を上げる必要もないんです。

ですのでゲストには納得の出来るいい製品を、出来るだけお求めやすい値段で提供しているつもりです。ドライスーツに限らず、ダイビング器材でチョイスに悩んだ場合は相談して下さいね。この業界に20年もいますから、色々とご提案できると思います。

さて、私のおニューのスーツ。今日届きました。
今年は新しい試みとしてインナーウエアも新調してみました。

それがこちら。
ZERO社が独占的に輸入しているWEEZLEというメーカーのIW-3100というインナーウエアです。
f0053895_1822455.jpg


ご覧の通り、もっこもこです。まるで羽毛布団を着ているみたい。
これ、メーカーのウェブサイトからその性能を引用いたします。

(以下引用)
「表面は防風、耐水性かつ通気性に優れたパーテックスを使用、内側のスエード状の特殊ポリエステル素材は保温と通気性が抜群、さらに中綿には発汗を素速く拡散、蒸発させることができる疎水性繊維を使用した、高品質の優れたインナーです。さらに手洗いでも洗濯機でも洗えます」

今日は気温20度くらいでしたが、このインナーとドライスーツを着ると汗ばんできてしまいました。とりあえず大急ぎで写真だけ撮って脱ぎましたが・・・。
f0053895_1822227.jpg


寒い時期が楽しみです。

ただ、かなりかさばるので、ドライスーツはそれ用に少し大きく作らなければなりません。これ、元々はシェル素材のドライスーツ用ですので。

あ、ちなみにシェル素材とは強度の高い布地にラバーコーティングされていたりするものです。今回私が購入したような一般的なドライスーツはウエットスーツと同じネオプレーン素材です。

愛用している知り合いのガイドさん達は皆、口を揃えて「あったかい」と言っていました。寒がりな私には、何と魅力的な誘い文句でしょう!(*^^*)

ウエイトの量とか、若干不安な点もありますが、今から楽しみです!
f0053895_18215916.jpg



【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-25 18:38 | 海の話

たっぷり地形を満喫する雲見【2012年10月24日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 2ダイブ目:三競
天気  曇り時々晴れ
風向  東の風
流れ  下り潮少々
波・うねり ほんの少し
気温 20℃
水温 23℃
透明度:8m〜10m
透視度:7m〜8m

うねりは少し収まりましたが、昨日の強い風の名残か、若干波があります。
f0053895_16584100.jpg


今日は3人グループがふた組。平日にしては多いゲストの数でした。
f0053895_1658392.gif


メンバーの中には、初・雲見の方もいました。
なのでまずは雲見の面白さを最大限味わっていただけるスタンダードコースへ。

これはクレバスを落ちたところですね。いきなり出現するダイナミックな地形に「へぇーっ」って言いながら周りを見回しているところです。
f0053895_16575859.jpg


H型の穴を通ってクランクへ。
相変わらずの、すごい魚群をかき分けながら前へ進んでいきます。
f0053895_16575526.jpg


今日は昨日吹いた風のせいか若干透明度が落ちていました。
うねりはかなり落ちつきましたが、流れもあってなかなかハードな海況。しかも雲見はアップダウンも激しい地形なので、初めての人は大変です。でも、それが面白いんです。(⌒^⌒)b

そんな折、ふと目にする鮮やかなソフトコーラル。
f0053895_17104661.jpg


これは地形探険も佳境の三角穴の下。これが最後に通る穴です。
f0053895_17114517.jpg


2本目はさらなる地形を求めて、三競へ。

これは2番の穴を出ていくダイバー達。
f0053895_17124751.jpg


3番の穴は、ふり返ると入口がワイングラスを伏せたような形です。
f0053895_17135055.jpg


どうしてここだけこんなに深くすき間が空いているんでしょうね。不思議です。
f0053895_17143491.jpg


しかも水面に顔を出せるスペースまであるなんて。楽しすぎます。
f0053895_17151235.jpg


4の穴入口です。
f0053895_17154095.jpg


奥には通称「宮殿」と呼ばれる小部屋があります。
f0053895_1716740.jpg


そしてUターン。また細い水路を通って外へ出ていきます。
f0053895_1717240.jpg


出入り口にはネンブツダイの群れがカーテンのように群れていました。
f0053895_17181523.jpg


魚は他の場所でも見ることが出来ますが、この地形だけは間違いなく雲見だけのオリジナルです。牛着岩も三競もここまで連続して次々に穴をくぐれる場所はそう無いと思います。

今日のゲストの皆様には、そんな雲見の楽しさを十二分に味わっていただけたんじゃないでしょうか?(*^^*)

今日の写真提供はShotaさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

.
[PR]
by idive | 2012-10-24 17:08 | Diving Log

時ならぬ嵐の雲見【2012年10月23日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 2ダイブ目:大根
 3ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟→グンカン
天気  雨
風向  南西の風
流れ  下り潮少々
波・うねり 少々
気温 23℃
水温 24℃
透明度:12m〜13m
透視度:8m〜10m

朝から強い雨が降ったりやんだりの天気でした。
f0053895_1674498.jpg


エントリー・エキジットも限定されたダイビングでしたが、海の中に入ってしまえば大丈夫。意外に透明度もいい海で楽しめました。
f0053895_1674276.gif


1本目は地形メインでスタンダードコースへ。台風の時とは違う波長の短いうねりがありましたが、ダイビングには影響せず。

H型の穴周辺には相変わらずすごい数の魚たち。場所によっては魚で前が見えません。いや、ほんとに。

そして大きなクエにも遭遇しました。ただ、暗がりにいて、ダイバーが近づくとすーっと逃げていってしまうので写真は難しいですね。

2本目はリフレッシュダイブで大根へ。のんびりストレスのないダイビングをしてきました。

3本目、狙うは2匹のクマドリカエルアンコウ
昨日は大きいほうが見つからなかった、とのこと。うわ〜、大丈夫かな?

まずは小さい方ゲットです。定位置にいたので見つけるまで時間もかかりませんでした。
f0053895_1673911.jpg


そしていよいよ大きいほうの探索へ。
おとといいた場所をまずチェックしましたが、いません。軽く焦りを覚えつつ捜索範囲を広くしていくと・・・。

いました。(*^Д^)=з
f0053895_16121138.jpg


このあと、ほんとはグンカンまで移動して浮上するのが楽なのですが、水面が荒れている為断念。

ちょっと遠いですが、頑張って湾内のブイまで戻ってきました。
明日は晴れて、波も穏やかになる予報です。

今日の素晴らしいシロクマ君の写真はShotaさんの提供です。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

.
[PR]
by idive | 2012-10-23 16:20 | Diving Log

シロクマもういっちょ追加!の雲見【2012年10月21日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 2ダイブ目:大根
 3ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟→グンカン
 4ダイブ目:牛着岩 ショートスタンダードコース
天気  晴れ
風向  西よりの風
流れ  下り潮少々
波・うねり ほとんどなし
気温 22℃
水温 23℃
透明度:8m〜13m
透視度:6m〜9m

おひさまが出て風も無いと、ちょっと汗ばむくらいですね。
今日は波もなく、ダイビングしやすい1日でした。
f0053895_18464970.jpg


そして何故か、本日はアイダイブ始まって以来のゲスト数。14名様にお越しいただきました。ありがとうございます。m(_ _)m

もちろんひとりではガイドできないので、頼れる助っ人ガイドSasameちゃんとふたりで、3チームを交互にガイドしました。
f0053895_18464840.gif


このログはそのうちの私が潜った部分です。あしからずご了承くださいませ。

さて、金子チームの先発隊はベテランチーム。初・雲見の方や、久しぶりの方がいたのでスタンダードコースへ。クレバスを落ちるダイバー達です。
f0053895_18464489.jpg


ここからH型の穴を抜けてクランクへ、そしてその先の水深24mのアーチ周辺はもの凄い魚群、魚影でした。

これは水深24mのアーチをくぐっているところ。
ここに行くと必ずいるテングダイ、今日もペアでした。
f0053895_18464197.jpg


初・雲見のゲストは「まるで冒険気分!」とおっしゃって下さいました。
はい、それが雲見のいいところ。水中で海底迷宮を探険できます。

これは垂直に7〜8mは上がっていくたて穴を下から見上げたところ。
f0053895_18463853.jpg


後発隊はまだカード取り立ての面々。まずは大根でのんびりと潜りましょう!
潜降、中性浮力、フィンキック。始めたての頃ってなかなか思い通りに行きませんよね、こういうダイビングに特有のスキルが。でも大丈夫。楽しみながら、ちょっとずつ上手になっていって下さい。
アイダイブは全力で応援いたしますよ。(*^^*)

ただ、時々辛口コメント言っちゃうかもしれないけど、勘弁してね。
愛の鞭です。( ̄Д ̄;)

後発隊、2本目は一週間のクローズ中も行方不明にならずにいてくれた、ちびのシロクマちゃんを見に行きました。あ、シロクマって白いクマドリカエルアンコウの略です。
f0053895_1846365.jpg


さらに。何と今日は別の場所でもう一個体発見との知らせが波止場中を駆け巡りました。
少し離れていますが、第1シロクマから泳いで5分の距離。
全然行けちゃいますね。じゃ、このレア物2個体目、見に行きましょう!

でも今年に入ってもう4個体目ですね、クマドリカエルアンコウ。レアなはずなのに。
そしてそんなにレアじゃないベニカエルアンコウイロカエルアンコウはなかなか見つからないのに、どうしてクマドリカエルアンコウばかり・・・?

ま、いっか。かわいいしゲストには喜んでいただけるし。

その新たに発見されたシロクマ君2号、無事ゲットです。
しかーし、今日は写真は無しです。また今度。(⌒^⌒)b

この他サクラテンジクダイムチカラマツエビ、でっかくてちっともかわいくないイシガキウミウシトサカガザミなど、楽しむことができました。

後発隊はいよいよ牛着岩デビュー。ちょっとまだ中性浮力に不安が残るものの、エア保ちがいいのでエイヤッて感じで牛着岩へ。

慎重に進んでいくと、1本目に練習した甲斐あって問題なく水路を進んでいきます。無理せずゆっくりとH型の穴たて穴水路下の洞窟から三角穴などを楽しんで帰ってきました。

後発隊の皆さん、1本目の大根が教習所内のコースだとしたら、2本目は公道、しかも景色のいい山道をドライブしたようなもんです。大根は練習に適した穏やかで平らな地形ですが、牛着岩は上がったり下がったりくぐったり忙しいところ。でもダイビングをしてる!って実感が持てる場所でもありますよね。

次回はショートじゃなくて、ちゃんとしたスタンダードコースへ行きましょう!
そして今日の写真提供はNatsumiさんです。ありがとうございました!

それから今日潜った方の中で、当店の器材干し場のピンチに黒いグローブを干し忘れた方いませんか?いたら声をかけて下さいね。保管しておきます。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 所用により12月8日(土)9日(日)お休みいたします。

来年もやります!モルディブ・チャータークルーズ!
  夢の三冠達成(ジンベイザメ・マンタ・ハンマーヘッドシャーク)あなたも狙ってみませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
by idive | 2012-10-21 20:21 | Diving Log