ラブラブカップル4組の雲見【2013年5月5日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 島前→24ブイ
 2ダイブ目:牛着岩 島前→24ブイ
 3ダイブ目:三競
 4ダイブ目:三競
 5ダイブ目:黒崎
天気 晴れ
風向 東より
流れ ほとんど無し
波・うねり ほとんどなし
気温 19℃
水温 18℃〜19℃
透明度:8m〜10m
透視度:7m〜9m

連休後半で初めて、今日は昼過ぎも穏やかな海況でした。
f0053895_2074911.jpg


そして今日のお客様は全員カップル。うちご夫婦3組(新婚2組)という内訳。
皆さん仲が良くって、当てられっぱなしの1日でした。

なので今日ほど自分も結婚していてよかったと思ったことはありません。もし独身だったら、身の置き所のない気分を味わったでしょうから。(*^^*)
f0053895_20104084.gif


今日もふた組ずつ4人のグループをふたつ作って交互にガイドする作戦です。

1本目はどちらのチームも地形と生き物、両方欲張る作戦。牛着岩でゆっくりと泳ぎました。40分あれば回れるスタンダードコース、あえて半分しか回らず。カメラを持っている人はゆっくりと撮れますし、地形や魚群をたっぷりと堪能できます。
f0053895_20154051.jpg


新婚さんのうちのひと組は、旦那様がワイドレンズ。奥様がマクロレンズと正反対の装備。これでほんとに大丈夫なのか他人事ながら心配になりますが、そこは杞憂でした。
f0053895_20234592.jpg


浮遊物の多いのがちょっと残念ですが、天気が良かったので水中が明るかったですね。
f0053895_20283760.jpg


今日が初・マクロレンズという奥様、ガイドが指さす前にご自分で被写体をみつけて早速撮っていましたね。これはそんな一枚。ミヤコウミウシです。
f0053895_20171995.jpg


白い被写体を白飛びさせず撮るには、ちょいとしたコツがいります。そんな技も伝授しながら、ぱちりとシロタエイロウミウシを。
f0053895_2020217.jpg


このハナタツ、ほんとシャイです。
f0053895_20201337.jpg


今日は何故かヒラメをたくさん見かけました。これはその中でも最大級だったたて穴前の1匹。全体が収まらないので顔のアップです。
f0053895_202397.jpg


この他にもノウメア・ワリアンスオトメウミウシサラサウミウシシロウミウシなどの各種ウミウシやビシャモンエビも被写体にして遊びました。

最後は24ブイで浮上です。
f0053895_2051531.jpg


2本目はどちらのチームも三競へ。
2番の穴にはきれいに光が差し込んでいました。
f0053895_20300100.jpg


今日もいてくれたオオモンカエルアンコウくん。お腹がぽんぽこりんの所を見ると、食事した直後っぽいですね。
f0053895_20314322.jpg


この後、先発隊はボラの大群がトルネードしているところ=略してボラネードを見ることが出来ましたし、後発隊はアメフラシが産卵している様子を観察できました。
f0053895_20361677.jpg


先発隊の4人はやる気でした。3本目をリクエストです。じゃあせっかく海況も安定しているし、黒崎へ行きましょう!

最初の洞窟でのショット。
f0053895_20362598.jpg


黒崎はこの所魚影の濃い状態が続いています。でも最近ちょっとご無沙汰だったので、以前のように群れているかちょっと心配でした。

途中まではそこそこの群れしかいませんでした。やっぱり以前のような濃密な群れはいなくなっちゃったのかなぁと思っていたら・・・。

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

壁のようなキンメモドキの群れです。
f0053895_20494633.jpg


あー、写真じゃ伝わりにくいですね〜、残念。

もういっ箇所、キンメモドキの群れている場所がありました。
f0053895_20504818.jpg


いやーよかった。最後は4組のカップルと仲良くケーキを食べながらのいつものロギングです。皆さん、お疲れ様でした!
f0053895_2052756.jpg


本日の写真提供はShinちゃん、Tomoちゃん、Sayuriさんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
# by idive | 2013-05-05 20:52 | Diving Log

マク専とちけ専に分かれた雲見【2013年5月4日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
 2ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 3ダイブ目:牛着岩 24ブイ→ブルーコーナー
 4ダイブ目:牛着岩 逆スタンダードコース
天気 晴れ
風向 のち、西の風強く
流れ ほとんど無し
波・うねり のち、風波強く
気温 20℃
水温 18℃〜19℃
透明度:10m〜12m
透視度:6m〜8m

今朝、うっかりいつもの牛着岩の写真、撮り忘れました。反省。
なので今日の4本目が終わったときに撮った写真を代わりに。ダイバーでいっぱいです。さすがゴールデンウィークですね。
f0053895_19225261.jpg


さて、今日もお客様を2チームに分けて交互にガイドするスタイル。

先発隊は昨日から引き続きのお客様達。昨日はしっかりと地形を楽しんだので、今日はウミウシなどの生き物を楽しんで来ました。つまりマクロ専門、略してマク専です。
後発隊は、初・雲見のご夫婦がいらっしゃったので、地形重視のダイビング。地形専門、略してちけ専です。(⌒^⌒)b
f0053895_19252959.gif


さて、先発隊の1本目は次々と見つかる生物を片っ端からカメラに収めていきます。
まずこれはフジイロウミウシ
f0053895_1928670.jpg


ヘリシロイロウミウシは頭隠して尻隠さず状態。
f0053895_19222078.jpg


シラユキウミウシの二次鰓には色のついた線が入ると思っていましたが、勘違いでした。白でした。m(_ _)m
f0053895_1922176.jpg


キャラメルウミウシは2匹並んでいました。そのうちの1匹。
f0053895_1922138.jpg


こちらはサガミイロウミウシ
f0053895_1922665.jpg


ゲストが見つけたセンヒメウミウシ。ラブリーです。
f0053895_1922387.jpg


レア物出ました!まだ雲見ではこれで見るの2回目です。ヒメマダラウミウシ。ゲストが持っていた定規で計ったら、4cmでした。
f0053895_19215829.jpg


そしてこちらは、最近どんどんと移動しているカナメイロウミウシ。浮上間際だったので、焦りました。f ^ ^ *)
f0053895_19215331.jpg


後発隊の1本目は海底迷宮探険!次から次へと現れるトンネルやアーチをくぐってきました。でもハナタツリクエストも頂いたので、ちょいと寄り道してチェック!
f0053895_19214961.jpg


それと意外な場所でこんなウミウシもみつけました。シロタエイロウミウシです。
f0053895_1921399.jpg


先発隊の2本目はまた生き物探し。
よく見かけるオニカサゴもこんな風に顔をアップにすると面白いですね。
f0053895_19213019.jpg


これはアラリウミウシ
f0053895_1921272.jpg


そしてマダライロウミウシ
f0053895_19212168.jpg


これはウミウシではありません。ウミウサギガイの仲間でセロガタケボリです。外套膜の網々模様と太さがまばらな突起が特徴です。
f0053895_1921449.jpg


後発隊、2本目も地形を楽しんで来ました。ただ透明度は昨日より若干落ちてしまいましたね。また植物プランクトンっぽい浮遊物も増えてしまいました。

なのでそこそこ見えてはいるんですが、ワイドな絵を撮るとどうしても浮遊物が写り込んでしまい、シャープな画像にはなりません。残念です。

そんな中でもこれはうまいこと撮れた一枚ですね。
f0053895_19204657.jpg


浮上間際には、ブイ下にアオリイカの群れも。うち1匹はダイバーを牽制するようにあとに残って、他のイカを逃がしたのだとか。イカにもそんな役割分担があるのでしょうか?
f0053895_19202957.jpg


明日は今日よりもっと海況が落ちつきそうですね。よかった。(*^^*)

写真提供はJunkoさん、Atsushiくん、Dekachoです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
# by idive | 2013-05-04 20:31 | Diving Log

荒れ始める前にさくっと潜る雲見【2013年5月3日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:大根
 2ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 3ダイブ目:大根
 4ダイブ目:三競
天気 晴れ
風向 のち、西の風強く
流れ ほとんど無し
波・うねり のち、風波強く
気温 19℃
水温 18℃〜19℃
透明度:13m〜14m
透視度:13m〜14m

朝のうちは穏やかでしたが、お昼頃から徐々に波が出てきました。
f0053895_17415567.jpg


今日はゲストを先発と後発、2チームに分けて交互にガイドしました。
f0053895_17415487.gif


先発隊は新婚のご夫婦。旦那様は10年ブランクで奥様はCカード取り立て。夏に海外に行く予定があり、その前にスキルアップしたいと雲見に遊びに来て下さいました。

旦那様は10年ブランクでもその前は300本も潜っているベテランさん。さすがに奥様は初・ファンダイビングと言うことで緊張気味。マスクはご自分の器材だったのですが、ちょっと水が入り気味で気にされていました。

でもヨメヒメジやマンリョウウミウシなど、生き物を見る余裕も。中性浮力がうまくいかなくて、ちょっと浮いたり沈んだりするのは、初ファンダイビングなら当たり前のことです。

ダイビングが無事終わった後、マスクや中性浮力についてアドバイス。2本目に備えます。

後発隊は電車で到着したり、前泊だったり、朝、車着だったりの混成チームでした。うち、おひとりが初・雲見だったので、まずはゆっくり地形を楽しむコース。といえば、王道のスタンダードコースが楽しいですよね。

これはH型の穴を通るダイバーの様子です。
f0053895_17414996.jpg


魚はもちろん色々と群れていましたが、これ、ばっちり撮れていますね。シラコダイです。
f0053895_1741477.jpg


水中は白っぽいにごりはあるものの、縦も横も15m弱は見えていました。充分ですね。なので初・雲見のお客様にも複雑な地形をたっぷりと楽しんで頂けました。

後発隊、ファンダイビング2本目です。
マスクの装着も今回はうまくいきましたし、中性浮力にも余裕が出てきました。
生き物もダテハゼハナハゼ、ブダイやアイゴキュウセンコロダイサラサエビなど見ることが出来ました。

先発隊、すこ〜し波が出てきましたが、まだ大丈夫。
2本目はさらなる地形を求めて三競へ。

これはオオモンカエルアンコウ。美麗な外観ですね。
f0053895_17412482.jpg


そしてオーバーハングの下を通って、3の穴へ。
f0053895_17412155.jpg


3の穴の中で見上げると、吐いた泡が洞窟の天井にあいた穴から差し込む光でキラキラ光って、とてもきれいです。
f0053895_17411853.jpg


そして壁にはさまれた狭い水路のような穴を、外へと出ていきます。
f0053895_17411572.jpg


今日は、雲見のダイバーの数は思ったほど多くなかったですね。明日は連休の中日だからきっと混むでしょうね〜。(*^^*)

本日の写真提供はTaisukeさん、Atsushiさん、Muraさん。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
# by idive | 2013-05-03 17:59 | Diving Log

北側のフェンス作り

しばらくぶりの作業です。
フェンスの縦棒を設置し終えてから、早3週間が経とうとしています。その間、作業がなかなか出来なくて悶々としていました。

ダイビングがある日は出来ません。そりゃそうです。
そしてダイビングがお休みの日も、雨が降ったり風が吹いたり、またちょっとした用事があって作業できなかったり。で、こんなに時間が経ってしまいました。

ようやく。ようやく作業再開です。
f0053895_20504370.jpg


素人の日曜大工です。別に大したことはやっていません。
ただ単管に取り付けた垂木の縦棒に、1×4材の横板をネジで固定していく。文章で書いたらたったこれだけのことなんです。

でもいざ作業してみると、なかなかすんなりとはいきません。
f0053895_20504560.jpg


板と板のつなぎ目に縦棒が来るよう計算したはずなんですが、ずれています。このずれを修正しながら1段目をとめていきます。

端まで横板を設置して、ようやく縦棒の位置も決まりました。
f0053895_20504887.jpg


あとはどんどんと横板をネジで留めていくだけです。
f0053895_20505033.jpg


でも今日はここまででした。
f0053895_2050571.jpg


このフェンスが完成すると、器材が干しにくくなるなぁ、とお思いの方の為に、器材干し場もちょっとだけ拡張しました。
f0053895_20505379.jpg


またぼちぼちと作業していきたいと思います。


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
# by idive | 2013-05-01 20:58 | 家のあれこれ

美味しそうなお魚いっぱいの雲見【2013年4月29日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩 小牛の洞窟→ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんど無し
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 18℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

晴れて穏やかな雲見でした。うねりもほとんど無くなりましたね。
f0053895_15524284.jpg


今日はアイダイブは2度目ですが、初・雲見のゲストとマンツーマンダイブ。以前来て頂いたときは雲見がまさかのクローズでした。
f0053895_15534977.gif


ご自分のカメラのバッテリーを忘れてしまわれたとかで、急きょ当店のカメラをレンタルすることに。

初・雲見ですからまずはスタンダードコースへ。
雲見のユニークな形の穴を効率的に1回のダイビングで回ることの出来る王道コースです。

H型の穴を出た辺りで、暗がりにひっそりと佇むクエに遭遇。ネンブツダイの群れの向こう側にいるのですが、ニンジャみたいですね。
f0053895_1552083.jpg


クランクを抜けると中層にはキビナゴの群れ。その群れを切り裂くように泳ぐ回遊魚の姿も。あれはワラサかヒラマサでしょうか?
f0053895_15515639.jpg


雲見には写真のように大きなイシダイマダイもたくさんいます。何だか美味しい魚のオンパレードですね。
f0053895_15515359.jpg


最近の定番、ハナタツは写真失敗。でもビシャモンエビは成功しました。
f0053895_15501212.jpg


1本目はこの他にもニシキウミウシムラサキウミコチョウサギリオトメウミウシアカホシカクレエビボウズコウイカなどを見ることが出来ました。

2本目は少人数限定、行き止まりの狭い穴・小牛の洞窟スタート。今日はマンツーマンなのでチャンスですね。

暗い穴の中は甲殻類の宝庫。いつものメンバーが次から次に現れて楽しませてくれます。まずはヒメセミエビ
f0053895_1550972.jpg


大きなイセエビ
f0053895_1550658.jpg


紅白の模様でめでたいのはオトヒメエビ
f0053895_1550482.jpg


亀裂にはノコギリガニ
f0053895_15495811.jpg


魚もいます。石の上にはムスメウシノシタ
f0053895_1550126.jpg


この他サクラテンジクダイカサゴイタチウオも。

洞窟を出たらウミウシ探し。定番のアオウミウシもいいアングルで撮れました。
f0053895_15495321.jpg


こちらはサラサウミウシ
f0053895_15495050.jpg


白地に赤い触角はオトメウミウシ
f0053895_1549559.jpg


いたりいなかったりでガイド泣かせ。マダライロウミウシはきれいだとゲストにとても好評でした。
f0053895_1549199.jpg


これは擬態名人の甲殻類・アケウス
f0053895_15491676.jpg


本日の写真提供はMayumiさんです。ありがとうございました!


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内


.
[PR]
# by idive | 2013-04-29 17:38 | Diving Log