6月、ジープ島へ!参加者募集中。

先日ふらりと行ってきたジープ島へ、6月に乗り込む作戦を立てました。
日程は6月18日(木)成田空港出発。4泊5日で22日(月)に戻ってきます。

こちらもご覧ください! → ジープ島ジープ島の住人達ダイビング@ジープ 初日ダイビング@ジープ 2日目

6月は季節風もやんで、今回行くことの出来なかったキミシマ環礁へも行けるとのこと。それにドルフィンスイムにも挑戦したいですね!

ジープ島といえば先日フジテレビで放送された「世界の絶景百選」という番組で、世界の絶景のひとつとして紹介されていました。番組では元野球選手の新庄剛志さんがリポーターとして島を訪れて、素晴らしい虹を見ることが出来たみたいです。

この新庄さんの効果なのか、番組内では視聴者の携帯電話からの投票で、「自分の目で見に行きたい絶景」の1位に選ばれていました。今までは知る人ぞ知る、って感じだったんですが、これで一気に知名度が上がって、いよいよ予約が取りづらくなってしまいそう・・・。なんたって最大でも10名ほどしか泊まれませんから。

ちなみに下記画像はおみやげの絵はがきです。初期の頃撮った物のようで、バンガローなどまだありませんね。
f0053895_11362528.jpg


ジープ島の良さは、何もないことの贅沢さ。この島は1周するのに3分程度しかかからない、サンゴ砂の上に椰子の木が数本とゲストハウスがふた棟建っているだけの無人島です。

下記の画像も絵はがきから。この空撮写真の綺麗さはインパクトありますね。
f0053895_11355573.jpg


でも、今回ジープ島に実際行ってみて、ただ座って目の前の海を眺めているだけで、こんなに豊かな気持ちになれるんだ、ということを実感しました。海の仕事に長いこと携わってきて、色々な海に行きましたが、こんな気分になったのは初めてのこと。ジープ島から行くダイビングももちろん面白いのですが、ジープ島で過ごす時間を是非味わっていただきたいですね。

下記画像もおみやげで買ってきたジープ島を中心としたトラック環礁の地図の一部です。地図の下の方ににキミシマ環礁が見えています。
f0053895_11451523.jpg


ジープ島は、円形の環礁としては世界最大といわれているトラック環礁の中にあります。空港のあるモエン島から船で40分くらいです。

ジープ島に行くにはまず経由地のグアムへ行きます。ここで飛行機を乗り換えてモエン島へ。グアムから1時間半で着きます。

《スケジュール》
18日 成田に集合 昼頃の便でグアムへ グアムのホテル泊
19日 朝、8時20分グアム発 10時モエン島着
    着後、送迎車にて現地ショップへ 船に乗り換えジープ島へ
    昼頃ジープ着 着後ダイビング
20日 終日ダイビング、ドルフィンスイムなど ジープ泊
21日 夕方までフリー(1ダイブ可能) 夕方船でモエン島へ モエン島泊
22日 早朝2時頃チェックアウト 朝5時モエン島発の便でグアムへ
    グアムで乗り換え 成田午前10時頃着 解散

旅行参加費用 240,000円(予価。為替の変動や、ホテルなどの4月以降の価格が決定していない為変更する可能性があります)

含まれるもの  ●往復航空券代金(エコノミー)●ジープ島への移動費●宿泊料金(グアム1泊、ジープ島2泊、モエン島1泊、ジープでの朝食2回・昼食2回・夕食2回付き)●5インリーフダイビングまたは4インリーフダイビング+ドルフィンスイム キミシマ環礁などアウトリーフでダイビングした場合には現地にて別途追加料金がかかります。

含まれないもの ●成田空港施設料・空港税●グアム空港施設料・空港税●燃油サーチャージ1/1現在¥25,000●トラック出国税($20)●ダイビング許可証($30)●チップ($10程度)●個人的に利用した施設料や電話代●お飲み物・おみやげ代

なお、シグナルフロート、ダイブコンピュータは必携です。

お申し込みはお早めに電話(0558-43-2050)またはメール(info@idive.jp)にてお願いいたします!
[PR]
by idive | 2009-02-24 11:37 | 海外遠征
<< 曇り空の雲見 【2009年2月... 「子どもを花粉症にしないための... >>