雨だろうが潜りたい雲見っ! 【2009年3月6日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩島前から水路周辺
 2ダイブ目:牛着岩島裏からほぼスタンダードコース
天気 雨
風向  東より
流れ  なし
波・うねり 無し
気温 11 ℃
水温 14℃
透明度 15m
透視度 12m
f0053895_17283762.jpg


本当はそんなにウミウシマニアってほどじゃないんです。でも図鑑見ていると見たことのないウミウシってたくさんいるわけで。そして見たことのないウミウシを発見した時って妙に嬉しいわけで。
だからまた、変てこな見たことのないウミウシを求めて潜りに行ってしまうのでしょうか?

今日一番の変てこ君はこちら。サガミミノウミウシ。体長は1.5cmほど。きれいですね。
背中の突起の内側に透けて見えるコイル状の物は消化腺といいます。消化腺の色は食べた餌の色に由来するそうです。・・・って何食べてんだ?
f0053895_17314547.jpg


こちらはサクラミノウミウシ。尖って消化腺が透けて見えない背側突起と長い尾部が特徴です。
f0053895_17395342.jpg


オトメウミウシ。水路の壁にはこのウミウシがそこら中にくっついています。ただ小さくて目立たないので、オトメウミウシだらけ、って感じはしません。
f0053895_174113.jpg


コモンウミウシ。これも体長1cmほど。白っぽいウミウシはどうしてもハレーションを起こしたようにしか撮れないのが今後の課題です。
f0053895_1742674.jpg


イナバミノウミウシ。スダレガヤの中に20個体ほども固まっている場所がありますが、小さいのでたくさんいても地味です。f ^ ^ *)
f0053895_17425365.jpg


フチベニイロウミウシ。定位置でスタンバっています。
f0053895_17435361.jpg


白いハナタツ。可憐な感じがします。
f0053895_17441942.jpg


オオモンカエルアンコウの幼魚。背中のヒレに薄い鰭膜がなければオオモンです。
f0053895_17452057.jpg


スベスベマンジュウガニ。穴の奥にじっと潜んでいますが、目が合ってしまいました。
f0053895_17455984.jpg


明日は西風の予報ですね。ですが徐々に収まる傾向。雲見は潜れるでしょうか?

雲見のもっと詳しい情報はこちら!

アイダイブ的ジープ島上陸作戦 参加者募集中!
[PR]
by idive | 2009-03-06 17:47 | Diving Log
<< 風は夜のうちにやんだ雲見 【2... ちょいとウミウシ探しに雲見まで... >>