Fried Pride(フライド プライド)

久しぶりに




キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!




って、思いました。

僕は新しい音楽を探す時は、もっぱらiTunesを使っています。
自分の好きなアーティストの検索から初めて、「リスナーはこんな商品も購入」をたどっていくと、似た傾向の新しいアーティストに出会えます。

そして30秒の試聴。今回ご紹介するFried Pride(略して「フラプラ」というらしい)もそんな風にして見つけたアーティストです。

最初に試聴したフラプラの曲はディープパープルのカヴァー「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。僕の年代の人なら、中学生くらいの時に、クラスにひとりはこの曲を一生懸命ギターでコピーしていたヤツがいた、そんな懐かしい曲です。

フラプラ、一応紹介しておくと、日本人女性ボーカリストと同じく男性ギタリストのふたり組のユニットで、ジャンルは一応ジャズ。何故一応なのかというと、守備範囲が広く、ディープパープルやスティービー・ワンダーやビートルズも楽々と歌いこなし、自分たちの物にしてしまう懐の深さがあるからです。

彼らの事は公式HPに詳しいのでそちらを見ていただくとして・・・。

ボーカルのShiho、日本人離れした歌唱力、声の質。表現力。パンチのある歌も聴かせるバラードも自由自在。歌がうまい、なんてレベルを軽く超越しています。
ギタリストの横田さんも超絶技巧の持ち主で、Shihoのボーカルと絶妙に絡みあって、たったふたりで作り出したとは思えないほど分厚いサウンドを聴かせてくれます。

そして初めて聞いた「スモーク・オン・ザ・ウォーター」はShihoのボーカルによる導入部から横田さんの切れのあるギター演奏と続き、たった30秒でも充分その凄さが伝わりました。

で、

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

となったわけです。いやー、iTunesが無かったら絶対出会えなかったアーティストだし、こんな出会いがあるからiTunesはやめられない。ひとり深夜、パソコンの前でほくそ笑んだりガッツポーズしたり、の怪しいおじさんなのでした。
[PR]
by idive | 2009-03-26 10:53 | 観る、聴く、読む
<< のんびりウミウシでも雲見で 【... 今日の桜 >>