濁っていても凄い雲見 【2009年5月24日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩小牛一周
 3ダイブ目:牛着岩大牛一周
 4ダイブ目:牛着岩小牛横→アウトサイド→グンカン
天気 曇りのち晴れ
風向  ほぼ無風
流れ  下り潮
波・うねり 少し
気温 22℃
水温 17℃〜18℃
透明度 7〜8m
透視度 6〜7m
f0053895_10371482.jpg


朝方は曇って肌寒かったのですが、お昼頃には日も差してあったかくなってきました。海は昼近くに多少波が出ましたが、ダイビングにはまったく支障無しです!(*^^*)
f0053895_10384551.gif


今日はゲストの数が多かったので2チームに分けて、交互に4ダイブ!先発隊の1本目はスタンダードコースです。まずは水路の門番、黒いベニカエルアンコウ君。この人、しょっちゅう位置を変えるのでガイド泣かせです。今回も昨日とは違う位置にいて若干動揺しましたが、すぐに発見できました。ゲストには内心の動揺を悟られずに済んだようです。f ^ ^ *)

クレバスを落ちてHの穴へ。ここからは群れ系魚たちのオンパレードです。まずは洞窟内にツマグロハタンポ、最近さらに数を増したように感じるキンメモドキネンブツダイクロホシイシモチなどなど。さらに穴の外に出ていたテングダイ、-24mのアーチにはアイドルの黄色いハナタツ君も健在です。

先発隊の2本目は大牛を大きく一周するコース。今日が2日目のゲスト達は昨日に比べて格段の上達ぶり。この長いコースを余裕で回りきることが出来ました。途中、スズメダイやマアジ、キビナゴイサキにニザダイにアイゴと、群れ系の魚がさらに充実。そしてムラサキウミコチョウウスイロウミウシオルトマンワラエビなどマクロ系も楽しめました。

後発隊の1本目は、500本記念のゲストがいて、まずは小牛の広々とした砂地で記念撮影です!C.N.さん、無事に500本記念ダイブが終了してよかったですね!おめでとうございました!

2本目は透明度があまりよろしくないのを承知で、あえて中層かっとび系!ほどよい下り潮に乗り、魚の群れをかき分けて進みます。途中キビナゴの銀色の奔流とすれ違い、あっという間にモロコ根へ。流れの中をホバリングするイサキに挨拶したあと平根、飛び根を経てグンカンへ!グンカンに着く前にちょっと寄り道して大きなアカホシカクレエビ君を激写。その側の砂地にはヤセアマダイがいましたが、写真には収められませんでした。

グンカンは過去に何度もマンボウが出現したことがあります。もちろん気持ちは中層に惹かれますが、今回見ることの出来たのは、その幻だけでした。

無事ダイビングが終わったあとも盛りだくさんでした。
ロギングの時には、500本を記念して、ゲストのひとりが用意してくれたケーキでお祝いしました。
f0053895_11103039.jpg


このケーキ、アイダイブ御用達のケーキ屋さんフランボワーズ製ですが、スポンジはバナナ味、上に乗っかっている生クリームはふわふわで、中にサンドされているクリームはカスタードでとろとろ、という凝りよう。めちゃくちゃ美味しかったです。(^^*)♪ 

そしてアイダイブで記念ダイブを迎えた方にのみ進呈されるステイタスログももちろん渡されました。これはその見本です。
f0053895_11142554.gif


記念ダイブがもうすぐ、という方、雲見で最高のダイビングをして、このステイタスログをゲットしませんか!?

雲見のもっと詳しい情報はこちら!

アイダイブ的銭州(ぜにす)遠征 参加者募集中!
[PR]
by idive | 2009-05-24 23:32 | Diving Log
<< タツノオトシゴが直立している理由。 トビエイにシマアジ@雲見 【2... >>