透明度アップ、水温も上昇の雲見【2012年4月15日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩:ロッカク岩→大牛の洞窟
 2ダイブ目:牛着岩:水路裏→モロコ根→グンカン
天気  晴れ
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり なし
気温 14℃
水温 17℃
透明度:13m〜14m
透視度:11m〜12m
f0053895_17441056.jpg


今日の雲見も穏やかでした。砂浜には観光客もちらほら。あったかくなってきたせいでしょうか。
f0053895_1744877.gif


船の船頭さんからは、水面の温度が昨日よりさらに1℃上がって17℃になったとの情報が。また波止場から見る海の水も若干透明度が増しているように感じます。これはひょっとして期待できるのかなぁ・・・?っとエントリーしてみると。
f0053895_1744343.jpg


おお。昨日より明らかに透明度は良くなっています。
浮遊物はまだ依然多い状態ですが、いい感じです。

さて、1本目はまだ水中の様子が分からなかったので、無理せず既にその居場所が分かっている生き物たちを見に行ってきました。まずこちらは水深16mのアーチイロカエルアンコウ
f0053895_17435567.jpg


これは正式な和名のまだついていないウミウシで、ニシキリュウグウウミウシ属の一種1です。
f0053895_17435217.jpg


こちらも、正式な名前がないどころか、ふたつの図鑑に違う名前で載っているという変わり種。つまりそれだけ混乱しているというか、発展途上というか。そんなことを教えてくれる種です。一応、ここではクリヤイロウミウシとしておきます。
f0053895_1743502.jpg


こちらはヒブサミノウミウシ
f0053895_17434710.jpg


透明度が回復したので、こんなワイド系の写真も撮れるようになりました。
f0053895_17434490.jpg


これはシロタスキウミウシ
f0053895_1743425.jpg


この他キャラメルウミウシセンテンイロウミウシノウメア・ワリアンスアオウミウシシロウミウシイガグリウミウシリュウモンイロウミウシなども見ることが出来ました。

2本目は島裏からスタート。久しぶりにマンボウを狙って中層を泳ぐコース取りです。

というのも、今年初めてのマンボウ情報が入ったからなんです。ただダイバーが見たわけじゃなくて近くの定置網にかかっていた、って話なんですけどね。f ^ ^ *)

その前に、雲見のガイド仲間、ささめちゃんがみつけた極小のカエルアンコウを見に行くことに。これがそうなんですが、分かりますか。比較の為に置いた一円玉の右上にいる黄色っぽいのがそれです。
f0053895_17433943.jpg


体長は2mmくらい。でもアップにすると、ちゃんとベニカエルアンコウの特徴である額の突起がわかります。
f0053895_17433575.jpg


こちらは貫禄充分ですね。体長は10cm以上あります。
f0053895_1743309.jpg


このあと、マンボウ待ちの根からモロコ根を経由してグンカンへ。王道のマンボウ狙い中層かっとびコースです。まあ、今日は流れはなかったし、透明度がそれほどスッキリしなかったので、かっとびって感じじゃなかったですけど・・・。

そして中層かっとびコース終点のグンカンへ。まあ、そうそううまくマンボウに出会えるわけもなく、むなしく中層を泳いだだけでした。でも、いつ出るか分かりませんし、出てもおかしくありません。そのドキドキ感は充分に味わうことが出来ました。

さて、グンカンではホシアカリミノウミウシサクラミノウミウシ(下記画像)を見て、無事終了です。
f0053895_17432633.jpg


ただ、お店に帰ってしばらくしてから、「マンボウ出たよ」とのメールが。

・・・え”まじ。Σ( ̄ロ ̄lll) やっちまったか・・・。

と、思いましたが、確認してみたら、ダイバーが見たわけではなく、牛着岩の裏手でぷかぷか浮いていたマンボウを釣り師が引き揚げた、って話でした。(*^Д^)=з

う〜む、、ほっとしたような、残念なような・・・。

例年、1月とか2月にはその年最初のマンボウ目撃情報が寄せられるのに、今年はまだ一件もなかったのでどうしてだろうね、と言っていた矢先でした。やっぱりゴールデンウィークの前後って、西伊豆にはマンボウが多く現れるんですね。

私が最後にマンボウを見たのは、もう2年も前になります。
そろそろまた見たいなぁ・・・。

今日の写真提供はIkukoさんでした。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ ゴールデンウィークのご予約、お早めに!(*^^*)

アイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

.
[PR]
by idive | 2012-04-15 18:14 | Diving Log
<< ウミウシいっぱいの雲見【201... 春濁りはたそがれの雲見【201... >>