黄金崎でダイビング!【2012年6月8日】

ポイント名 黄金崎ビーチ
 1ダイブ目:4連ケーソンから16ケーソン
 2ダイブ目:黄金崎ホール
天気  晴れ
風向  ほぼ無風
流れ  少々
波・うねり 少々
気温 24℃
水温 19℃〜20℃
透明度:6m〜7m
透視度:5m〜6m
f0053895_18125943.jpg


穏やかに晴れて海も静かです。今日はアクアティークの糸井さんと黄金崎にチェックダイブしに来ました。糸井さんとは昨日の南伊豆飲み会以来ずっと一緒です。(*^^*)

お世話になったのは、安良里ダイビングサービスTATSUMIのたけさんこと高木さん。たけさんも昨日の飲み会に参加していました。

そのたけさんに色々と生物情報を教えてもらってエントリー。
最初にいたのがこちら。ホシギンポです。フジツボの貝殻の中に棲んでいて、穴から顔を出す様子はひょうきんそのもの。
f0053895_1812232.jpg


4連ケーソン沿いに泳いでいくとイカの産卵床が落ちていました。中はアオリイカの卵でいっぱいですが、肝心のイカの姿は見えませんでした。
f0053895_1812183.jpg


ロープに沿って泳いでいるとよく目が合うミノカサゴ。
f0053895_18121411.jpg


マゴチやトビエイの子どもなども見かけました。

16ケーソンは今生き物がたくさん付いているよ、そう教えてもらったケーソンにたどり着きました。早速生き物探索開始です。

最初に見つけたのは、紅藻の陰に隠れている体長2、3cmのベニカエルアンコウ君。
f0053895_18121180.jpg


これはアカエラミノウミウシと私の人差し指です。f ^ ^ *)
f0053895_18128100.jpg


ツルガチゴミノウミウシ。他のウミウシの卵を食べちゃいます。
f0053895_1812544.jpg


ハナタツはケーソンの一番下の辺りにいました。
f0053895_1812028.jpg


これ、わかりますか?目を探して下さいね。
水中で出会った地元ガイドの藤井さんに教えてもらいました。カイカムリという甲殻類です。
背中にトゲトサカを乗せてカムフラージュしています。
f0053895_1812334.jpg


2本目はたけさんがつきあって潜ってくれました。
まずは黄金崎ホールから。この洞窟は奥行き10mくらい、水深は5mくらいのこぢんまりした所です。広い場所ではほとんど感じなかったうねりを、この穴の中では強く感じました。
f0053895_18115749.jpg


お目当てはフチドリタナバタウオという4、5cmの魚なんですが、シャイでライトの光を浴びるとすぐに隠れてしまいます。私は見ることはかろうじて出来ましたが、そのあと奥に引っ込んじゃって写真は撮れませんでした。

これは黄金崎ホールを出た所にいたハナタツ。
f0053895_1811557.jpg


そして本日2個体目のカイカムリ。こちらはトゲトサカではなく、薄い緑藻を背中に背負っています。写真を撮っていたら、目が合いました。
f0053895_18115222.jpg


ロマノータス属の一種というウミウシですね。ガヤの間にいました。
f0053895_18114934.jpg


これはウミエラカニダマシ。ウミエラの根元の砂に隠れていました。
f0053895_18114780.jpg


砂地にいた体長1cmくらいと極小のウミテング。
f0053895_18114584.jpg


そして最後はネジリンボウです。たまには違う所で潜るのも面白いですね。お疲れ様でした!
f0053895_18114247.jpg



【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内
[PR]
by idive | 2012-06-08 18:29 | Diving Log
<< 1週間ぶりの雲見!【2012年... 東と西が南で飲み会【2012年... >>