きれいだけどうねりある雲見【2013年1月11日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 24アーチ→ブルーコーナー
 2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
天気  曇り
風向  東より
流れ  ほとんどなし
波・うねり 弱いうねり
気温 9℃
水温 14℃〜15℃
透明度:18m〜20m
透視度:14m〜15m

風はそんなに無いんですけど、すこーしうねりがありました。
f0053895_1711160.jpg


今日はカメラ片手に生き物探しです。
f0053895_1711551.gif


最初は24ブイからエントリー。まずはハナタツチェックです。しかし見事に周りと同化している色といい、足の着かない高い壁にいることといい、撮りにくさはピカイチです。f ^ ^ *)
f0053895_17124876.jpg


久しぶりにビシャモンエビをみつけました。小さい個体です。
f0053895_17141692.jpg


これは以前からいるイボイソバナガニのメス。
f0053895_17145468.jpg


小さくて黒いイズオコゼ。地味だなぁ。f ^ ^ *)
f0053895_1715466.jpg


これは小さくて白いシロイバラウミウシ
f0053895_17162484.jpg


たて穴からブルーコーナー周辺の壁を丹念に探しましたが、今日はほとんどウミウシ見つかりませんでした。やっぱりうねりがあるせいなんでしょうね。かろうじて見つけたシラユキウミウシ
f0053895_17103288.jpg


そしてイナバミノウミウシ。どのウミウシもうねりに負けないよう、しっかりしがみついていました。
f0053895_17102996.jpg


2本目はうねりを避けて大牛の洞窟メインで。
最初はルージュミノウミウシ。すぐそばにいたセスジミノウミウシは行方不明でした。
f0053895_17102748.jpg


この個体、以前はアラリウミウシと紹介していたんですが、この画像を見るとノウメア・ワリアンスのようにも思えます。決め手は背中の白い線が二次鰓の付け根を囲むかどうかなんですが・・・。
f0053895_17102532.jpg


何個体かいるうちのいちばん大きいヤツ。オセロウミウシ(仮称)です。
f0053895_17102277.jpg


先日ペアで見つかったイバラウミウシ属の一種1。産卵中のようです。
f0053895_17101928.jpg


そしてこちらもペアですね。イボヤギミノウミウシ
f0053895_17101724.jpg


長いこと同じ場所にいるシロタエイロウミウシ
f0053895_17101494.jpg


背中にY字模様があるセトイロウミウシ
f0053895_17101240.jpg


体全体に白い小斑点があるハナビラミノウミウシ。ラブリーです。
f0053895_17101086.jpg


2個体いるうちの片方。コールマンウミウシ
f0053895_17107100.jpg


こちらはキャラメルウミウシですね。
f0053895_1710578.jpg


はああ。何度見てもきれいです。カナメイロウミウシ
f0053895_1710222.jpg


和名のないウミウシ・ヒュプセロドーリス・クラカトアウスイロウミウシ、ずっと同じ場所にいます。気があるんでしょうか?
f0053895_1710030.jpg


最後、浅い場所で安全停止中に見つけました。肉眼では小さすぎて何だか分からず、とりあえず撮ってみたところ、よくいるニセハクセンミノウミウシでした。でもがっかりした、なんて言ったら失礼ですよね。
f0053895_1795839.jpg


明日はお客様と雲見を潜る予定です。

【アイダイブからのお知らせ】

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内
[PR]
by idive | 2013-01-11 17:29 | Diving Log
<< ベテランもビギナーも楽しめる雲... マンツーマン4日目の雲見【20... >>