本格的な春濁りの雲見【2013年3月13日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩 24ブイ→湾内のブイ
 2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
天気  晴れ
風向  ほぼ無風
流れ  ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 18℃
水温 14℃
透明度:4m〜5m
透視度:4m〜5m

少しうねりのある雲見です。
f0053895_169127.jpg


お昼過ぎから風も強くなる予報だったので、午前中でさくっと2ダイブしてきました。
f0053895_1691811.gif


昨日はまだそれほどでもなかった春にごりの状態。今日はご覧の通り、本格的に始まったと言えます。この春にごりは毎年、今ぐらいに起きる自然現象です。透明度が悪くなるので、いい印象を持っている人は少ないと思いますが、これも自然の摂理。大切な営みの一部です。
f0053895_1692083.jpg


こんな時はじっくりと生物を探すのも面白いものです。
まずマンボウ待ちの根でボブサンウミウシを見つけました。以前、DDSの安東さんが見つけた個体が再発見されたんだと思います。以前よりひとまわり大きくなっていました。

それからこれは前からいるアカホシカクレエビ。かなり大きな個体です。
f0053895_1692491.jpg


この他オセロウミウシ(仮称)オトメウミウシムチカラマツエビなどを見ることが出来ました。

また水深24mのアーチの暗がりにはマツカサウオや大きなイシダイがひそんでいました。

2本目はのんびり潜りたい、とのことで大牛の洞窟に行ってきました。

定番のベニカエルアンコウカナメイロウミウシ、穴から顔を出すアライソコケギンポ、擬態のすごいモクズショイ。それからミヤコウミウシ(下記画像)や。
f0053895_1692823.jpg


セトミドリガイを見ることが出来ました。
f0053895_169326.jpg


この春にごりは、だいたい2週間から3週間で一段落します。幻想的な緑の海でゆっくり生き物を探したり写真を撮ったりするのに絶好のチャンスです。またあまりダイバーの数が多くない時期でもあります。ガイドとマンツーマンでじっくり潜りたいという方、ぜひ遊びに来て下さい!


【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内
[PR]
by idive | 2013-03-13 17:37 | Diving Log
<< 緑茶がスポドリに変わった雲見【... 春うららの雲見【2013年3月... >>