黄金崎ビーチで2ダイブ 【2007年5月3日】

ポイント名 黄金崎ビーチ
 1ダイブ目:黄金崎ビーチ
 2ダイブ目:黄金崎ビーチ
天気  快晴!
風向  北東のち西
流れ  午後ゆるい流れ
うねり なし
気温  22℃
水温  16℃
透明度 8m〜10m
透視度 8m〜10m

天気良く、またこの時期にしてはすごく気持ちのいい透明度。
砂地が広々と見渡せます。

ごろたと砂地の境にはキンメモドキの群れとクロホシイシモチの群れが混ざりそうで混ざらない、大きな集団で浮かんでいました。
ロープにはタツノイトコが、ケーソン近くの海草にはマトウダイがゆらゆらと揺れています。

ロープ側の砂にほとんど埋もれるようにしていたのは、大きなカスザメ。どーんと砂に隠れて寝そべっていました。
f0053895_23163053.jpg


またサンゴタツという小さなタツノオトシゴの仲間が、砂地の小さな海草のような物にしっぽを巻き付けてじーっとしていました。
f0053895_2323468.jpg



インターバルはドライスーツを着たままお風呂につかって体温を戻し、お弁当を食べて一休み。

2本目は先ほどとは違うコース取りを泳ぎます。
まずはケーソン近くの砂地に、海草に隠れるように小さな体長2センチほどのササウシノシタ。
海底に落ちた空き缶にはミジンベニハゼのペアがいて、交互に顔をのぞかせていました。
f0053895_23223659.jpg


ボウズコウイカが4匹も5匹も砂地に集まっていたり、シビレエイがぱたぱたと体をふるわせて、砂地に器用に潜っていく様を観察したり、岩の上にじっとしているヒラメの擬態の見事さに感心したり、とのんびりゆっくり、充実のダイビングに、ゲストも大満足の様子でした。

※ 写真提供は今日のゲストT子様
[PR]
by idive | 2007-05-03 23:28 | Diving Log
<< 中木塔島2ダイブ 【2007年... 【イチ押し!】愛用のコンパクト... >>