雲見で2ダイブ 【2007年5月19日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩島裏→小牛の洞窟→-24mアーチ→Hの穴→水路下の洞窟→湾内
 2ダイブ目:牛着岩湾内
天気  曇りのち土砂降りの雨のち晴れ
風向  南西
流れ  下り少々
うねり 少し
気温  21℃
水温  18℃
透明度 6m〜8m
透視度 5m〜7m

f0053895_16484154.jpg


ご覧の通り、今朝の雲見はもやに覆われ、今にも雨が降りそうな感じ。実際に、午前中土砂降りの雨が降りましたが、すぐにやみ、昼前には日が差してくる、という慌ただしい天候の変化でした。

一本目。島裏でエントリー。
まずは小牛の洞窟へ。ここの壁には、黄色いハナタツがずっといます。きれいな色なのでばっちり写真を撮りたいのですが、なかなかカメラ目線してくれません。シャイなやつです。
f0053895_1654118.jpg

ここから、ゆっくりと-24mのアーチを目指します。相変わらず、24アーチ前の広場には、クロホシイシモチやネンブツダイがぐっちゃりと群れていました。
そう言えばそろそろペアを作って、雄が口内保育を始める時期でしょうか?

Hの穴では、今日こそクエをばっちり撮ってやろう、と勢い込んでいたのですが、留守。肩すかしを食らわされました。しかしHの穴の中の壁にはイロカエルアンコウが。こいつはいたりいなかったり、なかなか隠れん坊が上手なやつです。
f0053895_16565961.jpg

すぐ側にはニシキウミウシもいました。こいつの触覚はくるくるしてて、とても美しいのですが、なかなかきれいに撮れません。もう一枚マクロレンズを追加した方がいいだろうか・・・(独り言)。
f0053895_16584811.jpg


こちらはツグチガイと思われる貝です。外套膜に覆われていて殻は見えない状態だと、なんだかウミウシみたいです。ウミウシが貝殻のない貝、というのもうなずける気がします。
f0053895_1711612.jpg



2本目は牛着岩の湾内でのんびりフィッシュウオッチングです。
まず、ウミウサギガイの無事を確認。大丈夫。まだちゃーんといます。

それから、岩の上にちょこんと乗っていたヤマドリを発見。かなりねばったのですが、残念ながら第一背びれを派手に広げて見せてはくれませんでした。
f0053895_1731798.jpg


お次はベニカエルアンコウ。小牛の東側、棚のようになっている場所にいました。
体長はまだ4センチほど。かわいらしい感じです。
f0053895_178582.jpg


さらに、湾内のとある岩にハナタツが3匹くっついている、と聞いて探してみました。
するといました、いました。大きな岩に離れてくっついているのでちょっとわかりづらかったですが、確かに3匹いました。しかもどれも同じような赤っぽい色の個体。これは偶然?それとも必然??

浮上しようとブイへ戻りかけると、その側には60センチくらいはありそうな大きなアオリイカが数杯群れて浮いていました。あの大きさならお刺身にしたらいったい何人分・・・?
いやいやいや、そんな不埒なことを考えながら潜ってはいけません。もうすぐ産卵かな、とか、もっとダイバーらしいことを考えましょう・・・。f ^ ^ *)

でも、案外ダイバー(特に伊豆を潜る)は、マダイだのイシダイだのカンパチだのメジナだのカサゴだのヒラメだのメバルだの、食べたら美味しそうな魚に囲まれて潜ってますから、美味しそう、と思う方が自然だったりして・・・。

雲見の海中マップは、こちらをご参照下さい!
[PR]
by idive | 2007-05-19 15:20 | Diving Log
<< Finepix F31fd 了仙寺のアメリカンジャスミン >>