2007年 04月 30日 ( 1 )

今日も雲見でダイビング 【2007年4月30日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩スタンダードプラス
 2ダイブ目:牛着岩アウトサイドドリフト
天気  快晴!
風向  北東
流れ  ゆるい下り潮
うねり なし
気温  23℃
水温  17℃
透明度 8m〜10m
透視度 8m〜10m
f0053895_18404192.jpg

ご覧の通り、雲見は快晴べた凪。波止場には大勢のダイバーがいました。

今日の一本目は盛りだくさん。こんな感じでした。↓

島前でエントリー。潜航してすぐの小牛の壁にコモンウミウシ。浅い岩の上のギンポ団地には現在三世帯入居中。ここからクレバスを落ちてHの穴へ。入って右手の壁には、小さなピンク色のウミウチワに寄り添うようにベニキヌヅツミガイが。さらにその先の壁にはイロカエルアンコウも。

Hの穴を出て、いつもクエがいる穴をのぞくと、奥の方に揺らめく影。大急ぎでゲストを呼んであらためてライトを当てると、クエは正面顔からゆっくりと向きを変えて、我々に体の横を見せる体勢に。いやー大きい!まるまると太ったその体は重量感たっぷり。体長は軽く1.5m超。思わずゲストと二人、水中で叫んでしまいました。
「でけー!」

ここからスタンダードコースを外れて小牛の洞窟へ。まず入り口付近では黄色いハナタツをじっくりと観察。そのあと、洞窟の奥へと進みます。小牛の洞窟は細長い穴で行き止まりになっていますが、先端付近の天井に小さな穴が空いていて、ぼわぁっと光が差し込んでいます。
見上げると、自分の吐いた泡がきらきらと輝きながらその小さな穴に吸い込まれていく様子がとてもきれい!見飽きません。
くるりとUターンしたら、壁の亀裂の奥にいるイセエビを観察。冬の間にまるまると太ってものすごく大きくなっていました!

小牛の洞窟を出たら、24アーチ方面へ。いきなり、目の前を巨大なマダイ老成魚が横切ります。今日はクエといい、イセエビといい大きな個体を目にすることが多い日のようです。
さらに進むと今度は10匹ほどのアオリイカの編隊が中層をゆらゆらと漂っていました。普段ならすーっと逃げていってしまうのですが、今日はちょうど反対側から別のダイバーが来て挟まれたような格好になったせいか、逃げもせずじっくり観察できました。

この辺りからまたスタンダードコースに戻ります。
そしていよいよ24アーチ。ここが折り返し地点です。相変わらず穴の周りにはクロホシイシモチの大群がびっしり。穴の中には、テングダイはいましたが、例のクチグロはお留守のよう。ついに穴の主は交代でしょうか?

ここからたて穴を経由してL字の細い穴を通り、水路下の洞窟へ。
暗い洞窟の中では、これまた巨大なアメフラシを見つけました。
そのあと三角穴を抜けて水路へ。そして湾内のブイへ。

大充実の1ダイブ目が終了です。

雲見シーサイドハウスの熱いお風呂にドライやウエットスーツのまま入って体温を回復させたあと、今日の2本目。今度はがらりと趣向を変えて、ぷちドリフトすることに。

小牛の横でエントリーすると、ゆるゆると潮の流れを感じます。
そのまま潮に身を任せて、小牛の裏手のまっしろな広い広い砂地の上をのんびりと泳いでいきます。時折、砂地をアカエイが横切る姿は、まるで空漠とした宇宙空間を流星が横切っていくよう。

穴を一つもくぐることなく、24アーチ、26アーチ、トンガリと来てここで向きをさらに沖に変え、モロコ根へ。美しい砂地に大きな岩がぽつんぽつんと点在する様は、まるでよく出来た禅寺の庭のよう。

飛び根を経由して、今回の終点、グンカンへと泳ぎ着き、2本目も終了です。
1ダイブ目と2ダイブ目でまったく内容の異なるダイビングが出来るのも、雲見牛着岩ならではですね!
[PR]
by idive | 2007-04-30 19:11 | Diving Log