人気ブログランキング |

2010年 02月 26日 ( 1 )

真央ちゃん惜しくも銀@雲見【2010年2月26日】

ポイント名 雲見
 1ダイブ目:牛着岩島裏→スタンダードコース
 2ダイブ目:牛着岩-16mのアーチ
天気 雨
風向 南東の風
流れ なし
波・うねり 軽いうねり
気温 16℃
水温 15℃
透明度 15m〜20m
透視度 12m〜15m
f0053895_19445493.jpg


今日はいつもの定位置からではなく、船の上から撮った牛着岩です。ゲストはいなかったので、チェックダイブに来たのですが、昼から浅田真央選手のフリーの演技が行われる、とあって、僕自身どこか上の空でした。
f0053895_19462441.gif


先日見つけた24アーチ上のハナタツ
f0053895_19473816.jpg


ライバルのキム・ヨナ選手。パーフェクトな演技でした。下記の画像はスイートジェリーミドリガイ
f0053895_19482182.jpg


その直後という滑走順。運命のイタズラでしょうか。下記はコマチコシオリエビ。
f0053895_1950322.jpg


キム・ヨナ選手は世界最高得点をたたき出す、最高の出来映え。会場の盛り上がり方もハンパじゃなかったですね。ウミカラマツエビ。
f0053895_19523166.jpg


真央ちゃんのアイデンティティとも言える、トリプルアクセル。2回ともパーフェクトに決めました。今シーズンは得意だったはずのジャンプが決まらずに苦しんだ真央ちゃん。さすがです。
画像は-16mのアーチにあるヤリイカの卵。
f0053895_19544269.jpg


でも、後半のより難易度の低い2回のジャンプはまさかの失敗。滑り終わったあとも彼女の表情は硬く、直後のインタビューでは滂沱の涙で言葉になりませんでした。そのせいかビシャモンエビの画像も眼にピンが来ていません。
f0053895_19574425.jpg


夜、7時のニュースでもインタビューを受けていましたが、さすがに落ち着いて涙は見せませんでした。しかし表情は硬く、何度も後半2回のジャンプの失敗について「悔しい」ともらしていました。
f0053895_2014284.jpg


たぶん日本中で、仕事そっちのけで彼女の演技を見守った人は多かったんだろうと思います。そして彼女と悔しい思いを共有しました。でも真央ちゃんは素晴らしい演技をやってのけたと思います。今回はライバルのキム・ヨナ選手のほうが一枚上手でしたが、まだ19歳。これからです。この先もふたりの対決を見守っていきたいですね。

にわかフィギュアファンのおじさんでした。
by idive | 2010-02-26 20:02 | Diving Log